ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


広島シティネットワーク


ヨミ: ヒロシマシティネットワーク
掲示板をミル!
13カキコ!

広島シティネットワークとは、アーバンネットワーク広島圏(JR西日本広島支社)版である。


概要


100万都市広島にふさわしい都市鉄道」を構築する為に國鐵廣島2002年10月5日ダイヤ正から開始したものである。広島駅を中心としたダイヤを組んでおり、広島駅からだいたい3040分のエリアネットワークに設定されている。

けれどこの名称が実際に浸透しているかというと・・・

ICOCAは使える。けど、地元民がどのくらい使ってるかと言うと・・・

アーバンネットワークとの違い

アーバンネットワークとは異なり広島シティネットワークは放射線状に設定されている為、大都市近郊区間の設定はされていない。てか大都市ではな(ry
また土休日ダイヤの設定もく、運休や編成変更などでの対応となっている。

他、快速系等の少なさも挙げられる。アーバンネットワークでは有名な「新快速」の他にも、「みやこ快速」「丹波路快速」「大和路快速」「紀州路快速」「関空快速」のような独自の名称を持つ速達列車を投入しており、並行する私鉄線との競合対策も兼ねて所要時間の短縮を図る施策が続けられている。
一方、広島シティネットワークでは2010年1991年より山陽本線に設定されていた「シティライナー」が止されて「通勤ライナー」のみとなったり、2007年には芸備線2012年には可部線の「通勤ライナー」が止されるなど、快速系統が近年になって縮小される動きが立っている。現在では日中に設定される快速芸備線の「みよしライナー」と呉線の「安芸路ライナー」くらいのものとなっている。

またこのエリア2015年3月227系が投入されるまで、JR西日本発足後の製造車両キハ120系のみという状況になっており、国鉄時代から使われてきた103系105系115系キハ40系など3050年にもなろうという車両が延命工事を受けて使い続けられていた地域でもある。
JR西日本の資本の弱さと地元からの支援の薄さの相乗がこの事態を産んだといえ、長らく「國鐵廣島」と揶揄され続けていた。

そんな旧態依然の側面を残す広島シティネットワークであったが、2015年3月227系投入に合わせ、アーバンネットワークに倣ったのか5色のラインカラー制度を導入している。今後は近代化が進められることとなろう。


路線



ついでの知識


今後の方向性として「輸送善」「向上」「アクセス善」の3つがあり、「輸送善」の中には「定時性の確保」「スピードアップ」というものもある。これは、2015年以降の車両置き換えも念頭に入れて進められると考えるべきだろう。

ちなみに、広島支社とJR西日本他支社との界となるのは山陽本線糸崎駅(構内は岡山支社管轄)、芸備線備後落合駅(構内は岡山支社管轄)、芸備線三次駅三江線米子支社管轄)、山陰本線益田駅(構内は米子支社管轄)となっている。


関連項目



最終更新日: 15/03/23 19:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ