ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


廃線


ヨミ: ハイセン
掲示板をミル!
21カキコ!

廃線とは止又は休止中にある鉄道路線や関連施設、および鉄道などの路線が止されることをいう。


概要


廃線タグの付けられた動画は、大きく2つに分けられる。


廃線の原因


廃線の生じる原因にはさまざま存在するが、最も多い理由が赤字であることは鉄道に詳しくなくとも想像がつくはずである。
国鉄末期日本各地に多くのローカル線が存在したが、その中にはある利益を得るのにその数倍~数十倍の費用を要する赤字路線が多数存在した。そのような路線は「特定地方交通線」として並行する道路が未整備だったり積で通れなくなるいくつかの路線を除いてすべて止されるか第3セクター(ごく一部が民鉄)に移管された。
また、赤字経営が慢性化していたうえ、補助が打ち切られたことでとどめを刺された路線もいくつか存在する。
次の「不要不急線」も、その言葉の意味するとおり間接的には不採算が休止理由である。

第二次世界大戦中、レールを兵器材料にしたり、他の重要路線の建設に充てるためにローカル線観光路線は「不要不急線」として休止され、レールが撤去された。戦後国鉄線はその多くが復活したが、私鉄では再開するための費用が捻出できず、そのまま止となった路線も多い。

また、長野新幹線以降、新規開業した新幹線に並行する在来線は原則として第3セクターに移管されることになっているが、信越本線横川軽井沢間は第3セクターに引き継がれることなく新幹線開業と同時に止された。

そのほかの理由としては、路線のルート変更や線形良による古い区間の止、自然災害による線路の損壊(と厳しい経営状態)による放棄、ダム建設による没(路線の途中ならばルート変更を伴うことが多い)、稀なケースでは事故による運行停止処分もある。


廃線のその後


廃線跡の設備の多くは止後撤去されるが、舎は廃線後も取り壊されずに長きに渡って利用されることがある。広い敷地を持つであればバスターミナルに転用された例が多く、他にも公民館などの共施設や地元企業舎を利用したところも多い。北海道などには「鉄道記念館」等と称する博物館鉄道路線から遠く離れたところに複数あるが、多くは舎など鉄道施設の跡を転用したものである。(移築再現されたものも含め)モニュメントとして保存されている舎もある。

路盤は後にサイクリングロードとして整備されることが多く、梁など特徴的な施設は舎同様保存されることもある。一方で地の再開発や農地の区画整備によって廃線跡が跡形もなく消されてしまうことも少なくない。

ただ、それ以外の用途に使うには幅が狭くて使い勝手が悪いため、新たな用途が定まらないまま荒し、自然に還りつつある廃線跡も多い(特に70年代頃までに姿を消した地方私鉄の路線は、単線であるうえレール幅が通常より狭い路線も多かったので尚更である)。

赤字止された路線は撤去費用の問題から線路や信号機などを含めた設備が長期間放置されて廃墟と化すことも多い。このような廃線の沿線では、地元の有者が再び汽車電車を走らせてくれるといったことがまことしやかに囁かれることもあったという。しかしながら、実際に廃線から復活するケース可部線可部駅あき亀山駅間のような特殊事例を除けば他に事例がなく、需要予測や費用対効果の面から見ても非現実的なものと言わざるを得ない。


関連動画


前面展望

■sm2202236[ニコ動]

■sm3964067[ニコ動]

鉄道歴史シリーズ
■sm1015021[ニコ動]
■sm980626[ニコ動]

鉄道PV
■sm2831564[ニコ動]
■sm3215493[ニコ動]

歩いてみた
■sm1706909[ニコ動]
■sm3484730[ニコ動]
■sm3696577[ニコ動]
■sm3610584[ニコ動]


関連商品


■azB00005ODJK
■azB00005ODJL
■azB0007727YS
■az4533065570


関連項目



最終更新日: 18/06/24 19:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ