ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


建物がしょぼいBEA


ヨミ: タテショボフランスコウクウジコチョウサキョク
掲示板をミル!
191カキコ!

[画像を見る]

建物がしょぼいBEAとは、フランス航空事故調査局(Bureau d'Enquêtes et d'Analyses pour la Sécurité de l'Aviation Civile / BEA)の本部建物を見た人の大変失礼極まりないコメントである。略して建ショボなどとも呼ばれる。


概要


航空事故調では、内線も際線も自を発着する便数が多く、それに加えてボーイングマクドネル・ダグラスの製造ということから、アメリカ国家運輸安全委員会National Transportation Safety Board / NTSB)がしばしば登場する。
しかし、エールフランスなどフランス航空事故ではBEAの担当となるケースが多い。

そして高層構造のNTSB本部ビルや、英国交通事故調局(Air Accidents Investigation Branch / AAIB)の低層ながら落ていて広大な本部建物に対し、BEAの本部建物は2・3階建てとまるで地方の役場か小学校の校舎を連想するような低層かつこじんまりとした建物であったため、このような辛辣なコメントがされるようになってしまった。
その玄関に掛かっている手書きの「BEA」の看が建物と合わさり、「芸術」とされるフランスらしからぬ情を醸し出していることも、辛辣な評価がされる一因と考えられる。

しかし、当然ながら建物の大きさと実際の事故調は一切関係なく、BEA2000年コンコルド墜落事故2009年エールフランス447便墜落事故などで素晴らしい調を発揮している。

そんなBEAはル・ブルジェ空港の一航空宇宙博物館の向かいに存在し、二度にわたって用地が拡されている。90年代べると用地面積は5倍になっている。

とはいえ、さすがにBEA中の人も「うわっ…私達の建物、ショボすぎ…?」と思っていたからなのかもしれないが2017年11月2018年3月にかけて本部建物の正面から見て右側に"hangar technique"(hangar=格納庫、technique=技術)という名称と思われる倉庫が建設された(参考)[外部]。倉庫の場所はかつて駐スペースとして用いられていた模様(参考[外部])。隣には倉庫一つ程度のき地があるためさらなる拡が可と思われる。

ツイートを取得できません
https://twitter.com/BEA_Aero/status/977533280424792064[外部]

工事期間中は上記ツイートのように、2018年1月9日に開設された公式twitterにて何度か嬉しそうに工事の進捗状況を報告していた。

ドーム倉庫」で検索すると同様のものが見つかり、農業用倉庫などに使用されていることが分かる。


ダンボール模型、フランスへ


2019年4月に、ダンボール建築の人が上記の2018年新築格納庫を含めた建物全体を"1/150BEA国際BEA原器基準)"再現完成したダンボール模型ニコニコ超会議2019で展示された。

ちなみに、新設格納庫部分はかつてBEA事故調を担当したエールフランス447便墜落事故(ボナン)の当該ブラックボックスと同じように、メーデー民大好きにしっかりと漬けられた後ダンボール表面を剥がされ、本家BEA格納庫凹凸を見事に再現している。


■sm35005167[ニコ動]

そして同年6月にはyoutube投稿された制作過程の動画どういう経緯かわからないが何故かBEA中の人が発掘。その出来栄えに感動したBEA中の人の要望もあり翌7月ダンボール模型日本からフランスへと航空事故に合わず輸され、なんと本家BEAで展示されることになった。決して、拠品として押収されたわけではない。

いままでの航空事故調実績だけではなく、今回の一件でも建物の出来と事故調には何ら相関性がないことを日本BEAファンに向けてまざまざと明してみせた。

■sm35425728[ニコ動]

ツイートを取得できません
https://twitter.com/BEA_Aero/status/1141279173182464002[外部]
ツイートを取得できません
https://twitter.com/BEA_Aero/status/1152170438514098178[外部]

ちなみに、本家BEAの人から「どうしてBEAを作ったのですか?」という一歩答えを間違えれば国際問題に発展しかねない質問をされ、ダンボール建築の人は以下のように見事に回答している。(上記関連動画より引用)

 フランスの皆様、初めまして。私はダンボール建築模型制作しているクリエイターです。なぜ日本人である私がフランス政府機関であるBEA制作したかといいますと、航空事故を調するドキュメンタリー番組に興味を持ち、BEAの活躍を見たからです。

 BEAの優秀さは日本航空ファンの間でも評判で、日々航空事故を調し、再発防止に努めるBEAの皆様にはとても感謝しています。世界を安心して飛べるのは、BEAのおかげです。本当にありがとうございます

 このダンボールBEAは、もともとは日本航空ファンに見せるために制作したものです。制作過程を紹介する動画youtube投稿しましたが、BEA公式twitterに紹介され、感謝と驚きでいっぱいです。BEAの調は、極東の日本にも及んでいます。もう少しこの作品を日本航空ファンに見せびらかしたい気持ちもありましたが、自分の作品が遠いして、尊敬する本家BEAまで行くという体験はなかなかいだろうと思い、僭越ながら贈呈させて頂きます。今後とも、世界を宜しくお願い致します。

うぷあざ棟梁


フランス国家憲兵隊


BEA事故調をする時の相棒であり、事故調にあっては右京さん(BEA)に対する亀山君のような立場にある。原の正式名称はGendarmerie nationale française。陸軍と共にフランス四軍を構成し、また国家警察と並ぶフランスの二大警察機関の一つでもある。組織管理においては防大臣の管轄下にあるが、時の監督は内務大臣や県知事から受ける。文民の国家警察都市を管轄にしているのに対し、憲兵隊の管轄はそれ以外全部となっており、担当面積も担当分野も広い。

航空事故に対応するのは、国家憲兵隊の一部門である航空保安憲兵隊(GTAGendarmerie des transportsriens)。GTA空港警備や航空テロ対策など航空安全の確保を任務としており、事故生時の人命救助やBEAの補佐もたる任務の一つであるジャーマンウィングス9525便墜落事件で、現場検証を行う航空保安憲兵隊の隊員[外部]憲兵隊が登場すると「なぜ航空事故調憲兵隊が出てくるんだ?」という疑問のも上がるが、上記のような理由があったわけだ。

ちなみに憲兵隊にはGendarmerie de l'airという部門もあるが、こちらは軍で憲兵業務を行うものであり、GTAとは任務が異なる。


関連動画


■sm32551923[ニコ動]
■sm35015117[ニコ動]
■sm35005167[ニコ動]
■sm35425728[ニコ動]

公式巡回済み


関連項目



外部リンク



最終更新日: 19/09/23 17:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ