ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


張栩


ヨミ: チョウウ
掲示板をミル!
23カキコ!

張栩(ちょう う)とは、日本棋院に所属する囲碁棋士1980年1月20日生まれ。台湾出身。林海峰名誉天元門下。イケメンである。 平成四天王の1人。


概要


 囲碁の塾を経営するの影で、6歳で囲碁を覚える。

林海峰の影もあり、プロになる為に10歳で来日。1994年14歳プロ入りする。

周囲の期待を裏切らずメキメキと成績を上げ、23歳時に初タイトル本因坊獲得。その後もタイトルを撮り続け、ついには2008年名人天元碁聖王座を保持。そして2009年4月十段位を獲得し、史上初の五冠達成ついには趙治勲以来、日本囲碁史上2人グランドラム達成。要7つの棋戦タイトル全てに獲得経験のある事。)

棋戦でも優勝経験のあるすごい人。

通算7大タイトル獲得数23回の大棋士なのだが、天元位を山下敬吾に、碁聖位を坂井秀至名人位・棋聖位・十段位・王座位を井山裕太に奪われ、五冠達成からわずか3年後に冠となってしまった。

2014年10月現在リーグ戦や本戦では上位の成績を残すものの井山裕太が六冠と快進撃を繰り広げてることもあり今だ冠である。

は女流囲碁棋士小林美(婿入り)で、 小林光一9段は義理のに当たる。結婚当時は小林が女流本因坊を持っていたので「本因坊カップル」と言われた。

棋戦では台湾代表として出場した事もある。

プロ意識の高い棋士であり、近年の成績不振と教育も踏まえ、
生活の基盤を台湾に移し、対局時には日本へ向かうという生活を始めた(2015年
 
 


棋風


スピードのある」とされる。
これには2つの理由がある。

一つは単純に考慮時間をあまり使わない事。
これは布石の研究をしっかり行い、確実な答えの出せるヨセや死活、難解な中盤に時間を割く為
また、詰マニアらしく読みが非常にく正確。細かい部分での決断もある。
五冠の時にNHKトップランナーに出演した時、 「棋士の序盤における消費時間の均が117分。張栩は63分」とあり、
特に序盤は打つのがい。
そしてNHK杯初出場・初優勝という実績が物語るようにが得意。
序盤で時間を使う旧来の棋士の美徳よりも、
限られた時間の中で結果を出す現代棋士としてのプライドがそれを後押ししている。

二つの理由は、序盤に足に稼ぎ逃げ切る棋からである。
師・林海峰のように・・・とは違うかもしれないが、
しい戦いよりもヨセ勝つ冷静な棋
上記したように、前半戦で残した考慮時間は
中盤戦をまずまずのワカレにして、後半のヨセに持っていく為に用いられる。

布石に関しては、彼が4段~6段格の時に「張栩流」「張栩スペシャル」と呼ばれる布石をよく使っていた。
自身がその布石を用いて名人位を失った事、「致命的な欠陥が見つかった」事を理由に、最近は封印しているようだ。
海外ではよく研究されているとかなんとか。基本布石辞典にもが載っている。

そんな彼の最大の武器は、後述する多数の詰めに裏づけされた読みの深さにある。
特に局地戦でその成果は現れ、勝負手で形成をひっくり返す。

趙治勲く、「張栩さんは井山にぶっ壊された」らしく、
近年では防衛のプレッシャーから開放されたせいか、かなり意欲的な手を研究している。 
一例として2014年に用いられた5-7。
や小へのカカリの他、番で4連打して変形ブラックホールのような手もNHK杯で披露した。 


年表


 ※色付きがタイトル獲得。最=最優秀棋士賞、優=優秀棋士勝、勝=最多勝利、対=最多対局、連=連勝、哉=秀哉賞 単位は万円。

棋聖 十段 本因坊 碁聖 名人 王座 天元 対局料
2001 王銘エン 2698
2002 優 率 勝 対 哉 3034
2003 加藤正夫 王銘エン  率 対 7789
2004 王立誠 依田紀基 依田紀基 山下敬吾  哉 10495
2005 高尾紳路 小林覚 山下敬吾 12343
2006 依田紀基 高尾紳路 山下敬吾 優 勝 連 5781
2007 横田茂昭 高尾紳路  対 連 7969
2008 山下敬吾 井山裕太 山下敬吾 河野臨 11337
2009 高尾紳路 結城 井山裕太 山田規三生 山下敬吾 7969
2010 山下敬吾 山下敬吾 坂井秀至 山田規三生  哉 9049
2011 井山裕太 井山裕太 羽根直樹 8645
2012 高尾紳路 井山裕太 7604
2013 井山裕太 井山裕太 3524

名前・発音に関して


 ちなみに張栩の字の読み方であるが、本来は日本読み中国読み共に「ちょうく」が正しい。
何故「ウ」と発音されているかと言うと、来日時にとリンちゃん林海峰先生
チョークとからかわれるぞ」と言われた事が原因だとか。
故に日本では「ちょうう」と名乗っている。
更に更に細かく追求するならば、発音はZhang Xu(チャンスー)。東洋囲碁での表記はJang Hsu。どちらが正しいかは不明だがとりあえず日本棋院ではChang Hsu(チャン・シュー)となっているので、これがまず正しい、とみていいだろう。
 周りからは「うっくん」と呼ばれるらしい。


プライベート・人柄


若干釣り目気味だが、笑顔カッコイイ
キリっとした顔立ちで、の場ではよく系のスーツで身を固めている。
元々スタイルがいいので、めちゃくちゃ決まってる。カッコイイ

2008年8月30日時事通信によると、理知的で礼儀正しく、が細いとある。でもひとたび盤面に向かうと大胆な勝負手を打つ事もしばしば。相手を同様させ、逆転勝ちを決める様がまたまたカッコイイ
筆者のベスト対局は(ry少女漫画の彼氏補みたいな男である。タバコが大嫌いという萌え要素欠点を持つ。

趣味は詰め創作
前述した局地的な読みの鋭さは詰めの賜物だろう。
カメラ付きケータイを買ったのは、写真で詰めのやり取りをする為だとか。
小林さんとはデート後に自作の詰めを山ほど渡して「次までに解いてこい」と言っていたらしい。やりすぎだろjk
現在結婚し、が二人いる。ええい男の子はまだか!というのは余計なお世話だろうか・・・

最近はよんろのご(4路の)という児童向け・初心者けにしてはなかなか難しいという噂の詰め本および玩具を出版、販売している。幼児にも詰めをさせる気マンマンである。
iphone版「黒猫のヨンロ」も配信中。ヨンロという黒猫かわいい
キャッチコピーは「チョー)!! おもしろい!! 4×4線の『囲碁パズル』だよ」。
 子供が出来たらこれやらせて、藤沢センセのとこみたいな強になるかもね。

 


トリビア



対局


ファン歴の浅い私の中のベスト対局がこれ↓ http://cgi2.nhk.or.jp/goshogi/kifu/igs.cgi?d=20120205[外部] 下辺から左辺にかけてえげつない進入を許し、趙治勲先生の勝ちパターンに入る。 劣勢の中で試行錯誤する中、131手、133手で消しにまわる。 しかしこれは139手の為の味付けだった。 勝負手の左下進入に、解説役・淡路修三 九段が「理だ理だ」という中でり、 最終的に中央を犠牲にしコウに勝つ。 結果、番張栩の7半勝ち。趙治勲が消えて欲しいと願うのも納得の一局だった。


関連動画


■sm10738603[ニコ動]
 ■sm17263975[ニコ動]


関連商品


■az4023304794
■azB002S7FNPU

4路シリーズ

■az4344976045
■azB005419YSE

 


関連コミュニティ


張栩に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 15/10/26 01:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ