ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


征竜


ヨミ: セイリュウ
掲示板をミル!
861カキコ!

征竜とは、遊戯王OCGカード群である。


概要


2013年2月16日発売のパック「LORD OF THE TACHYON GALAXY」から登場した、古からった達。
全部で8種類。そのうちレベル7である4種類は以下の効果を持つ。

自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族または(同じ)属性モンスターを合計2体除外して発動できる。このカードを手札・墓地から特殊召喚する。特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に持ちの手札に戻る。
また、このカードと(同じ)属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、~~。
このカードが除外された場合、 デッキからドラゴン族・(同じ)属性モンスター1体を手札に加える事ができる。
(このモンスター)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

属性の四種類に分かれ、全てドラゴン族である。

ドラゴン族か同属性モンスターを手札か墓地から合計2体除外することで、このカードを手札または墓地から特殊召喚する効果。
②特殊召喚した場合、相手のエンドフェイズに手札に戻る効果。
③このカード及び同属性モンスター墓地に捨てる事で発動する、それぞれ別の効果。
④このカードが除外されたときに、同属性ドラゴン族をサーチする効果。
以上四つの共通効果を持つ。

なお四つの効果のうちどれか一つを発動すると、同ターン中にはその効果だけでなく他の三つの効果も発動できなくなるので注意が必要。
(例:ある征竜をその征竜の同名カードを除外して①の効果で特殊召喚し、除外した同名カードの④の効果でデッキから別のカードをサーチする、といったプレイ不可能。)

その効果から属性統一デッキもしくはドラゴンデッキ、その両方に使用できる。
もちろん征竜は全てドラゴン族なので、征竜を全搭載したデッキも構築可
同パックにて収録された強なドローソースの《七星の宝》との相性も抜群だが、全てスーパーレアなので集めるには相当の苦労を要する。

上記のレベル7の征竜の登場に前後してそれぞれの子ともいうべき四属性レベル4の征竜が登場した。以下の共通効果を持つ。

ドラゴン族または(同)属性モンスター1体と このカードを手札から捨てて発動できる。デッキから(同じ属性7征竜)1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。
(このモンスター)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

これらの登場により、さらに安定した戦略が可になった。

発売して間もなく多くのプレイヤーに使用され、同時期に登場した魔導書とともにトップデッキとして君臨した。


カード解説


遊戯王カードwikiより。


2013年2月16日発売”LORD OF THE TACHYON GALAXY”


征竜(がんせいりゅう)-レドックス
効果モンスター/7/地属性/ドラゴン族/攻1600/守3000
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族 または地属性モンスターを合計2体除外して発動できる。このカードを手札・墓地から特殊召喚する。 特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に持ちの手札に戻る。
また、このカードと地属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、 自分の墓地モンスター1体を選択して特殊召喚する。
このカードが除外された場合、 デッキからドラゴン族・地属性モンスター1体を手札に加える事ができる。
征竜-レドックス」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

征竜の共通効果と、このカードと地属性墓地に捨てる事で、このカード以外のモンスター生する効果を持つ。
攻撃は高くないが、守備はかなりのものである。

瀑征竜(ばくせいりゅう)-タイダル
効果モンスター/7/属性/ドラゴン族/攻2600/守2000
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族 または属性モンスターを合計2体除外して発動できる。このカードを手札・墓地から特殊召喚する。 特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に持ちの手札に戻る。
また、このカード属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、 デッキからモンスター1体を墓地へ送る。 このカードが除外された場合、 デッキからドラゴン族・属性モンスター1体を手札に加える事ができる。
「瀑征竜-タイダル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

征竜の共通効果と、このカード属性墓地に捨てる事で、デッキからモンスター墓地に送る効果を持つ。
墓地に落とす効果は皇に使うとよい。

焔征竜(えんせいりゅう)-ブラスター
効果モンスター/7/炎属性/ドラゴン族/攻2800/守1800
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族 または炎属性モンスターを合計2体除外して発動できる。このカードを手札・墓地から特殊召喚する。 特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に持ちの手札に戻る。
また、このカードと炎属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、 フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。
このカードが除外された場合、 デッキからドラゴン族・炎属性モンスター1体を手札に加える事ができる。
「焔征竜-ブラスター」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

征竜の共通効果と、このカードと炎属性墓地に捨てる事で、カード一枚を破壊する効果を持つ。
征竜の中では攻撃が高い。

征竜(らんせいりゅう)-テンペスト
効果モンスター/7/属性/ドラゴン族/攻2400/守2200
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族 または属性モンスターを合計2体除外して発動できる。このカードを手札・墓地から特殊召喚する。 特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に持ちの手札に戻る。
また、このカード属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、 デッキからドラゴンモンスター1体を手札に加える。
このカードが除外された場合、 デッキからドラゴン族・属性モンスター1体を手札に加える事ができる。
征竜-テンペスト」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

征竜の共通効果と、このカード属性墓地に捨てる事で、ドラゴン族をサーチする効果を持つ。
サーチ効果を二つも持っている。


2013年2月15日より実施”スペシャルカードプレゼントキャンペーン”


地征竜(ちせりゅう)-リアクタン
効果モンスター/4/地属性/ドラゴン族/攻1800/守1200
ドラゴン族または地属性モンスター1体と このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「征竜-レドックス」1体を特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。
「地征竜-リアクタン」の効果は1ターンに1度しか発動できない。

レドックスを特殊召喚できる下級。攻撃も高めである。

征竜(すいせいりゅう)-ストリーム
効果モンスター/4/属性/ドラゴン族/攻1600/守2000
ドラゴン族または属性モンスター1体と このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「瀑征竜-タイダル」1体を特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。
征竜-ストリーム」の効果は1ターンに1度しか発動できない。

タイダルを特殊召喚できる下級。守備も高めである。


2013年3月15日より実施”スペシャルカードプレゼントキャンペーン”


炎征竜(えんせいりゅう)-バーナー
効果モンスター/3/炎属性/ドラゴン族/攻1000/守200
ドラゴン族または炎属性モンスター1体と このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「焔征竜-ブラスター」1体を特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。
「炎征竜-バーナー」の効果は1ターンに1度しか発動できない。

ブラスターを特殊召喚できる下級。ステータスは低いが、守備200の炎属性なので《炎の爆発》に対応している。

征竜(ふうせいりゅう)-ライトニング
効果モンスター/3/属性/ドラゴン族/攻 500/守1800
ドラゴン族または属性モンスター1体と このカードを手札から捨てて発動できる。 デッキから「征竜-テンペスト」1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。
征竜-ライトニング」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

テンペストを特殊召喚できる下級。そのステータスによりデブリ・ドラゴンに対応している。シンクロ召喚を狙える。


そして、伝説へ・・・


上記四種類は通称「子征竜」と呼ばれ、同じ属性レベル7の征竜をデッキから特殊召喚する効果を持つ。ちなみにレベル7の征竜は「親征竜」と呼ばれる。
子征竜により手軽にデッキから最上モンスターを特殊召喚することが可になり、それにより環境がほぼ【征竜】と【魔導】で二分された。その結果、子征竜は2013年9月1日リミットレギュレーション全て禁止カードとなった
これにより同時に禁止された「魔導書の神判」とともに、当時「ダーク・ダイブ・ボンバー」が持っていた最速禁止記録を更新した。特に「炎征竜-バーナー」と「征竜-ライトニング」は過去最速の169日での禁止となった。5種類という数も、同時に禁止された数としては最大である。

それでも勢いは止まらず、親征竜も2014年2月1日に準制限となり、4月1日には制限カード定された。

そのような経緯もあってか2014年1月11日発売の「GOLD SERIES2014」に親征竜4種類が収録された。

そしてついに2015年4月1日リミットレギュレーションで、親征竜は全て禁止カードとなった。
登場して2年あまりでその生涯を閉じることとなったのである。
ちなみに子征竜は全て制限解除されたが、親征竜が禁止になったため効果が発動できなくなった。

なお、子征竜は禁止からいきなり制限解除されるという、エラッタしのカードとしては初の快挙を達成した。またシリーズカードの所属カード全てが禁止を経験するのはカオスに次いで2例である。この事実は征竜というカード群がどれだけ環境に影を及ぼしたかを物語っている。(尚、親征竜のうち、征竜は2018年10月に制限化。)


リミットレギュレーションについて


【征竜】以外にも、【征竜】とシナジーの強いカードが禁止、制限に定された。

2013年9月1日
制限:再生No.11 ビッグ・アイ
ドラゴン族専用のドローソースである再生と、親征竜が特殊召喚しやすいレベル7であったためにエクシーズ召喚しやすくなったNo.11 ビッグ・アイが制限カードになった。

2014年2月1日
禁止:異次元からの帰還
制限:七星の宝封印の黄金櫃
親征竜が準制限カードになった。
親征竜の特殊召喚のコストとして除外したモンスターを一斉に特殊召喚できる異次元からの帰還が禁止になった。更に、征竜を除外して2枚ドローできる(結果、手札が1枚増える)七星の宝と、特定の征竜をデッキから除外できる封印の黄金櫃が制限カードになった。

2014年4月1日
準制限:七星の宝
親征竜が制限カードになった。
それに伴い、七星の宝が準制限カードになった。

2014年7月1日
制限:渓谷の霊
制限解除:七星の宝
手札1枚と引き換えに、デッキドラゴン族を墓地に送れる渓谷と、ドラゴン族専用の2枚以降のおろかな埋葬として機するの霊が制限カードになった。これにより【ドラグニティ】はとばっちりで弱体化した。
七星の宝は制限解除。

2015年1月1日
準制限:No.11 ビッグ・アイ
征竜とともに使用率が低下したのを受けて、準制限に緩和された。
かしこ訂前に登場したNo.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴンを使うタイプの征竜デッキが登場した。

2015年4月1日
制限解除:No.11 ビッグ・アイ
親征竜が全て禁止となったためランク7を簡単に出せるデッキくなったと判断され、ビッグアイは制限解除された。
なお、渓谷の霊は帰ってこなかった。

他のカードを巻き添えにしていくその姿に下のAAが作られたりしたが、親征竜全てが禁止になった今では、それも過去の物となるであろう。


次へ»
最終更新日: 19/01/27 00:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ