ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


忍魂


ヨミ: シノビダマシイ
掲示板をミル!
1カキコ!

忍魂とは、株式会社大都技研から2009年1月に発売された5号機のパチスロ機である。

式名は「シノビダマシイ3」。


概要


BIG BONUSREGULAR BONUS月光の刻(ART)で出玉を増やしていくタイプの機種である。

状態は低確・高確・高確の3種類。天井も搭載されているが、ほぼ1セットで終了。設定は1・3・5・6の4段階設定だが、設定3はこの機種では偶数設定扱いされる。

有効ラインは上下効の中段・斜め×2の3ライン。1Kあたりの回転数は全設定共通で31.5G前後。

BIGREGからはARTには当選せず、高確からのチャンスからARTに突入させるのがメイン。特に奇数設定は低確からのART突入はど期待が持てない。高確状態(夕方背景)へはボーナスからしか突入しない。レア小役で高確に上がる等はい。例え低確からART当選したとしても高確からの当選べてセット数の振分が非常に悪い。

当時としてはART中にレア小役でゲーム数が上乗せされていくシステムは新鮮で、多くのファンされた…のは暫く経ってからで、発売当初の予定では出荷台数限定だった事もあり、導入されているホールはあまりかった。後に増産されて沢山のホールで打てるようになったが、大都技研もそれ程の評価を受けるとは思ってかったと思われる。


ボーナス


BIGの獲得枚数は約220枚、REGの獲得枚数は約100枚。ART機としてはREGの獲得枚数が多い。

どちらのボーナス共に薄い確率ART抽選を行なっている。純ハズレ成立時(BIG中は1/1130、REG中は1/762で毎ゲーム抽選)、BIG中のチャンス入賞時(当選率約5.2%)など。

ただ、忍魂のボーナス後は必ず高確へ移行する(BIG後は最低50G、REG後は最低10G保障)。この高確が忍魂のキモであるために枚数の多い高確移行役として捉えられる事も多い。

チャンスボーナス当選した時にボーナス+ARTが確定する場合もある。この時は「最終義」演出に発展し、成功すればボーナス+ARTが確定する。最終義演出の出現確率自体が1/10000以下であり、その内の1/3で成功なのでそうそうおにかかれるものではい。

BIG終了時に出る事がある「よしぱす」の色や数字によってある程度設定を推測出来る。または確定する場合もある。


月光の刻(ART)


基本的には通常時にチャンスを引くことにより突入するART。本機種が高い評価を受けることになったのはこのARTシステムにある。

ART中は常にレア小役でゲーム数上乗せ抽選をしている。

通常時は3択1枚役と同じチャンス扱いの3択チャンス9枚役はART中は上乗せ抽選はされない。アタック演出を伴えばチェリーでの上乗せ期待度は50%に、スイカでの上乗せ期待度は33.3%アップする。また、背景い状態(の刻)はチェリースイカでも100%確率で上乗せをする。

ARTセット数は最大で6セット。突入時には既に振分は決められており、継続率ではい。ART中は通常は疾風が走っているが、残りセット数があり(残りセットが多い程良い)、なおかつ現時点の残りゲーム数が少ない状態の場合(大体50G以下)はド手な「ギーン!」の音と共にが登場する事がある。その時は専用の曲も流れて次回継続確定。忍魂をやっていて最も嬉しい間である。但し次回確定はが登場したセットのみで、次セットも引き続きでも次回確定ではい。

ART終了後は引き戻し抽選が行われ、当選した場合のセット数振分は高確テーブルが参照される。当選率は以下の通り。


周期RT


本作は通常時は通常32G+RTが繰り返される周期RTシステム

基本的にはチャンスART当選していても必ず通常32Gまで引っられ、何かしらの演出で成功(勝利)した後、次ゲームからARTが発動する。通常32Gの終了間際でチャンスを引いた場合で、かつART当選していた時は次周期まで持ち越される事がある。

RT中は昇格リプレイ(ボーナス図柄・リプレイリプレイ)を入賞させることにより、チャンスRTに突入させることが出来る。チャンスRT中は3択ベルこぼしをするまではリプレイor小役が基本的にはい続ける(内部的にはARTと同じ状態)。また、昇格リプレイの1/2で高確に移行するので、もしチャンスRT中にチャンスが来ればかなり期待できる。背景ならば高確なのでART確定、じゃくても高確の可性はある。

チャンスRT中に3択ベルをこぼすとRTに転落、昇格リプレイえばチャンスRTに再突入、昇格リプレイう前に転落リプレイ(リプレイリプレイ・ベル)成立で通常に転落する。

ボーナス終了後に関しては、ストックがある場合は最初のベルこぼしで必ずARTが発動する。もし最初のベルこぼしARTが発動しなかった場合は当選していなかったと言うことである。

ちなみにART中は最も嬉しい小役である共通レア9枚役(1/2979)は通常時に成立してもART抽選は行われないが、チャンスRT中に成立するとART中と同じくフリーズする。


状態


低確・高確・高確の3種類。背景・夕方・の3種類。状態によってチャンスを引いた時のART期待度は異なる。

状態と背景はほぼシンクロしており、低確=、高確=夕方である。少なくとも夕方の時は高確以上であり、の時は高確である。夕方背景ボーナス後限定なので、になった場合は次のボーナス終了後までは夕方になることはい。

RT中に昇格リプレイ高確に移行した時は1/2で背景になる。

この機種は例え設定6でも、ボーナス後の高確中にチャンスを引けなければ話にならない。もし高確or高確中にチャンスを引いた場合はボーナス重複していないことを祈るべし。


登場キャラクター


忍者の里
疾風 (CV野沢雅子)
(CV戸松遥)
鳳凰
ママ
オロチ
オタマン
ラウド
Dr.マッド
ラウドの部下
メカバレ
メカ
メカロゴ

関連動画



実機配信



■sm8996989[ニコ動]

■sm11221748[ニコ動]
■sm12544311[ニコ動]
■sm13826540[ニコ動]


PV


■sm5684834[ニコ動]


BGM


■sm6789733[ニコ動]
■sm13906418[ニコ動]


関連商品


■azB002S201Z2
■azB0041R41WG
■azB0046967V2
■azB001U7NPIG


関連項目



外部リンク



最終更新日: 12/05/05 06:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ