ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


忠臣蔵


ヨミ: チュウシングラ
掲示板をミル!
198カキコ!

忠臣蔵(ちゅうしんぐら)とは、穂事件を元にした歌舞伎人形浄瑠璃映画ドラマの作品群。
時には穂事件そのものをす。


概要


14年(1701年)3月から元16年(1703年)2月までに起きた

までの一連の出来事の総称。

この「穂事件」と後世の作品群との混同を嫌うWikipediaでは厳密な区別がなされているが、本稿では「忠臣蔵」と言う名称が歴史的にも人口に膾していることや、検索上の理由からあえて忠臣蔵を記事名にしている。


赤穂事件について



事件の起こり


14年1701年)3月14日江戸城での事件である。

この日、朝廷への年賀の返礼として3日前から江戸に下向していた院使(上皇の使者)・勅使(天皇の使者)への返事を奏上する「奉答の儀」が、江戸城本丸書院にて執り行われる予定になっていた。

この儀礼の南役に充てられていたのが高家(こうけ)旗本・吉良義央である。高家とは幕府と朝廷とのやり取りを取り仕切る役職・柄であり、当時の吉良高家筆頭の立場にあった。
一方、事件を起こした浅野長矩は同年、吉良の補佐役に任命されていた。この日は院使・勅使を接待する「饗応役」に任ぜられていた。


江戸城内での刃傷沙汰


の下刻(午前11時半過ぎ)、江戸城内・の廊下で留守居番・頼照居合わせ挨拶していた吉良に対し、突然浅野長矩りつけた。
吉良背中と額に傷を受けて卒倒、浅野はその場で梶に取り押さえられた。

その理由について浅野

上野介、間中、意趣これあり故、殿中と申し、今日の事かたがた恐れ入りへども、是非におよび申さず討ち果たし
吉良には以前から遺恨があった為、殿中であり、また今日は大切な儀式があると知っていたが、止むを得ずに討ち果たした)

ったが、「遺恨」の具体的な内容は不明だった。

この騒動に五代将軍・徳川綱吉激怒浅野長矩の即日切腹浅野易を命じた。
この時、幕閣や取り調べを担当した役人たちの間では「今少し時間をかけて取り調べるべきでは」という慎重な意見も出たが、勤皇意識が強く、また生の従一位叙任を急ぎたい綱吉は事件の期収拾を図り、これらの意見に対し聞くを持たなかった。
その一方で被害者の吉良は「抵抗しなかったことが殊勝」とされ、何の咎めも受けることはなかった。


浅野長矩の切腹と赤穂藩改易


陸奥一関田村建顕の屋敷に預けられた浅野は、の下刻(午後7時半過ぎ)に切腹。死ぬまで動機については先に述べた通り遺恨があったことしか話さず、その遺恨の内容も明かすことはなかった。
また切腹までの待遇はかなり悪く、大名クラス切腹は屋敷の中で行われるのに対し、庭先での切腹という扱いであった。これには怒りの治まらない綱吉の強い意向があったという説がある。

遺体は江戸邸に詰めていた士たちが引き取り、浅野の菩提寺であった岳寺に葬られた。正室・亜久里は即日落飾し、名を瑤院とめて麻布の屋敷へと移った。

元の穂に第一報が届いたのは、事件から一週間後の3月20日であったとされる。これには傷に及んだことのみが記されていた。
ただ、その後の情報がなくても以後の切腹易は容易に想像でき、札の回収やの整理が始められた。士たちはのちに四十七士のリーダーとなる家老大石良雄岡島を中心に、政の混乱防止に努めている。

3月25日には江戸邸の召し上げを知らせる使者が到着。これでいよいよ易は決定的となり、27日には今後の対応についての話し合いが持たれた。
この席で籠して異議を唱えるべきだとする強硬と、潔く開しておを図るべきだとする穏健が対立。前者は足軽頭・原元岡島)、後者家老大野知房である。両の対立は翌28日の接収の決定で、さらにエスカレートした。


赤穂城開城から円山会議まで


一方その頃、には連座を恐れる浅野氏縁戚から開める使者や手紙が殺到していた。この事態を憂慮した大石良雄は両者の仲介と、幕府の使者への対応に奔走する。
まず、使者には「したいが、を慕う者ばかりなので」と煙にまいて時間稼ぎをし、籠と開には「みなで切腹して殉死しよう」と、あえての本命ではない第三のを提示して衝突を防いだ。

4月に入ると吉良生存明らかになり、江戸詰め士(中心は部武庸。彼らは切腹事件の当事者であるため、吉良への憎しみが強かった。俗に江戸急進とも)も帰して詳細を報告し始めたため「して下野し、しかる後に討ちをしよう」と言う方向に論を誘導した。

こうした一連の大石の尽は成功し、論は開に定まった。
さらにに残っていた財産の分配も下級士たちに厚くし、自身は取り分を放棄したことから人望も集める。ついには文または義盟と称して運動への参加・暴走阻止の誓約を、同志たちから取り付けた。
一方、開であった大野は上級士優先の分配をして支持を失い、さらには解雇された足軽たちの強盗騒ぎもあったため4月12日穂から逃亡。最初の脱落者となった。

こうしては開、幕府に引き渡された。しかし大石はその後も残務処理の傍ら、まずはおのために請願活動を開始。接収役に任じられていた大名たちに接近し、一人から支持を取り付けている。
7月には京都に拠点を構え、縁戚である大垣を通じた工作に全を挙げる。しかし、これらの活動は部たちには変節に映ったらしく、しきりに討ちを要し、ついにはお浅野長矩の養子で後継者の浅野長広をも軽視するような言動を取り始める。

慌てた大石10月部が在住していた江戸へ向かい会談を持った。
この席で一周忌に当たる翌年3月討ち決行を約束し、それまではお活動を続けることに理解を得る。幸か不幸かこの頃になると脱落者も増え始め、部の周辺人物からも幾人かが脱落したためにその権威は失墜。リーダー大石に異を唱える者は少なくなっていった。

そうしていよいよ約束3月に入ったが、この時点ではまだお行方が分からないため、大石は延期を決定した。しかし部は激怒し、大石の殺までを視野に独自の討ち路線を模索する。しかし、これも不幸中の幸い(?)か、7月浅野長広の広島お預かりが決定したためにお絶望的となり、浪士たちの間で大石含め方針が敵討ちに一本化する

28日、京都円山で同志が参集(俗に言う円山会議)。正式に吉良への討ちが決定され、一連の運動はここに大きな転換期を迎える。


討ち入りまで


この時点まではまだおのみを考え、討ちは本心ではない士も多かった。
このため、大石はまず運動への参加を誓ったを一旦参加者に返還した上で、討ちに賛同する者のみ再度提出するように迫った。文返しと呼ばれるこの行為により、130人いた同志60人ほどになったらしい。

11月大石一行は江戸に潜伏。討ち入りのための武器の手配や吉良の屋敷の絵図の入手に全を尽くす。しかしこの期間中にも脱落者は発生し、12月14日の段階で最終的に残った人物は47人となった。
2日には最終会議が持たれ、討ち入りの際の手順や手柄を独占しないことを約束させた。


討ち入り


12月14日深夜、47人の浪士たちは江戸本所にあった吉良屋敷を襲撃。

は山鹿流兵法を採用しており、これが推奨する袖先に山形模様のそろいの羽織を着込み、太鼓を叩きながらの突撃とされる。
ただし実際は全員衣で模様は統一されておらず、鎖帷子を着込んでいたらしい。また太鼓は所持していなかったことも明らかになっている。

一方で吉良でも穂浪士の襲撃を警しており、当日は人近い足軽が詰めていた。
しかし、浪士たちが「五十人組は東へ回れ」「三十人組は西へ回れ」とあたかも数人規模で押し寄せているかのような偽装の掛けを出していたため身動きが取れず、さらには武器庫を抑えられての弦を切られるなどの策略もあり較的簡単に制圧されて行った。また上記のように浪士方が鎖帷子を着込んでいたため、切り合いに及んでも勝負にはならなかったとされる。

乱戦の中、である吉良義央の身柄はなかなか確保できなかった。浪士の間でも逃亡された懸念が広がり始めたが、台所横の炭小屋からが聞こえたため、捜索を開始。
すると食器や炭を投げつけられ、次いで吉良臣と思われる人物が切りかかって来た。素くこれらを切り捨て、さらにで動くものがあったためでついた。たまらず飛び出たのは老人であり、脇差で抵抗したために浪士の間が首を切った。これを検分すれば額に傷があったため、吉良義央と確認。ここに討ち入りは成功した。


討ち入り後


浪士たちは火の始末をした後、吉良の首を掲げて回向院に向かった。しかし受け入れを拒否されたため、岳寺へ移動。そこで浅野長矩の墓前に首をげ、討ちの成功を報告した。
また、数人の浪士に討ち入りの口上書の写しを持たせた上で、大付・仙石久尚の屋敷に出頭させた。これを受けて仙石は直ちに江戸城に登して幕閣に報告、幕閣は一旦浪士たちを岳寺から引き揚げさせた上で仙石の屋敷に移動させた。

なお、この過程で足軽寺坂信行は離脱。浪士は46人となっていた。


幕府の評議と切腹


仙石の屋敷からさらに46人の浪士は、細川綱利定直毛利綱元水野忠之の4大名に預けられた。事件の噂は少なくとも江戸武士たちには当日から広まっていたらしく、特に同じ遇を持つ浪人たちからは穂浪士の行動を義挙として熱に支持する者も多かった。
一方、上級の大名や幕閣の間でも判断が分かれており、当事者となった仙石久尚と身柄を預かった細川水野は彼らを厚遇、助命まで嘆願しているが、毛利では罪人として冷遇している。

学者の間でも盛んに議論が行われ、信篤は義挙として助命を。しかし逆に荻生徂は「46士の行為は義ではあるが、私の論である。長矩が殿中もはばからないで罪に処されたのを、吉良として、儀の許しもないのに騒動をおこしたことは、法をまぬがれることはできない」とした。

徳川綱吉は一年前の浅野の暴挙に対する怒りもやや薄れていたのか、本人が儒教の忠孝をすすめていたこともあったのか、穂浪士の討ち入りそのものには美を感じていたとされる。
しかし、助命することは一度自身が下した裁定の誤りも認めてしまう結果になりかねなかった。また輪王寺門弁法親王の「46人を生かしたとて一人でも堕落すれば今回の義挙に傷がついてしまう。だが、今の内に殺せば美としてり継がれるだろう」と言う意見もあり、最終的に名誉を尊重した上での切腹に決定した。
その上で吉良易処分とし、子息の吉良義周を流刑とした。


その後


切腹は預けられた先で順次行われた。大石など身分の高いものを除いては扇子切腹斬首の中間に相当)だったとされる。
この時細川では最高の格式を用意し、庭の玉砂利に流れた血を洗い流す事なく、彼らの「義」にあやかろうとしたと伝えられている。

ドラマなどでは四十六士が一堂に会して沙汰を受けるシーンがあるが、これは事実ではない。
また四十六士の内、出していなかった子息たちも連座して遠などの処分が下された。しかし時間が経つにつれて同情論が噴出。宝永6年(1707年)に綱吉が死去すると直ちに恩赦が下されている。

広島に預けられていた浅野長広も同年に赦免。浅野の「旗本としての」再が許されている。


後世の創作


この事件は当時の幕政には何らの影も与えなかったが、文学的な影は大きかった。
事件の翌年にはくも歌舞伎において「佐間曽我(けいせいあさまそが)」という、曽我兄弟の討ち入りにこの事件を仮託した作品が発表され話題を呼んだ。ただし幕政を挟む出来事であるため幕府の厳しい監視は存在し、以後明治までは他の歴史事件に仮託すると言う手法が取られた。

これら作品群の集大成は言うまでもなく寛延元年(1748年)に発表された「忠臣蔵」こと「仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)」である。当初は人形浄瑠璃で演じられていたが、歌舞伎においてもほどなく演じられるようになり、現在に至るまでの虚虚実実の忠臣蔵像を確立した。
実に穂事件から47年後のことであった。


忠臣蔵の謎



刃傷について


おそらく穂浪士事件の中では一番論じられてきた論点ではないだろうか。
現代に到るまでも諸説あり、有名なものとして

  1. 浅野吉良への賄賂を断った為に不を買い、饗応役南を行わなかった(歌舞伎ではこの説が採用)
  2. 男色のもつれ(吉良がウホったが長矩がノンケだった)
  3. 塩田の技術を吉良がしつこく狙った(尾崎士郎屋太一の小説
  4. 単に吉良が性悪で長矩がガキだっただけ(江戸時代較的冷静な説)

次へ»
最終更新日: 19/02/12 07:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ