ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


快速エアポート


ヨミ: カイソクエアポート
掲示板をミル!
11カキコ!
加筆依頼 この項は、編集者の考えがまとまらないために内容が少ないです。
調べものなどの参考にはならないでしょうし、絶対的に内容が不足しています。
加筆、訂正などをして下さる協者をめています。

快速エアポートとは、JR北海道が運行する快速列車である。


概要


1992年平成4年)の新千歳空港駅の開業に合わせ運行が開始された。新千歳空港駅札幌駅間を千歳線経由で結び、一部列車小樽駅まで乗り入れる。所要時間は最短33分であり、日中の時間帯は概ね12分間隔で運行されている。

運行開始以前からも小樽駅札幌駅から千歳空港駅(現:南千歳駅)までの間には「空港ライナー」や「マリンライナー」という形で快速列車が運行されていたが、それらを一本化し、発展させたものである。

余談だが、JR北海道空港連絡列車の運行の歴史は前身の国鉄時代から始まっており、1980年10月国鉄ダイヤ正(L特急ライラックの新設)からその歴史は始まっている。これは、日本空港アクセス鉄道歴史としては2番に古いものである。

また、千歳空港駅は当初の予定ではではなく、千歳線から分岐する石勝線信号所として設置が予定されていた。(石勝線自体は千歳空港駅開業の翌年、1981年に全通している。)
これを変更し、として設置を決定した国鉄の判断は英断と言ってもいいだろう。

2020年3月ダイヤ正から札幌駅新千歳空港駅間で特別快速の運行が開始された。所要時間は最短33分であり、快速より4分い。

全ての列車定席「uシート連結している。uシート定券は530円。


運行概況



現状


列車の名前は「快速エアポート」なのだが、沿線住民の通勤通学利用がかなりの割合を占め、空港連絡快速と同時に沿線住民の足という側面もこの列車は有しており、いつも混雑している。
このため、ラッシュ時間帯では上記の理由でおおよそ5分程度の遅れが常態化している。
季間にいてはこの遅れが終日にり発生する。

2014年7月19日以降、概要に書かれたとおり、733系3000番台が快速エアポート用に投入されている。733系を使用した編成の普通車自由席ロングシートとなるため、ラッシュ時の混雑感が緩和される…かもしれない。

また、札幌駅からエル特急スーパーカムイとなる快速エアポートは、乗車券だけで特急車両に乗れるメリットはあったが、夕ラッシュ時にも運用に入るため沿線住民から不評であったことや(あまり乗客を乗せることができないため)、積雪量の多い深を通ることによる大での遅延千歳線に影する問題があったこと、そもそも通しの乗客が旭川空港への航空便増加によって減少していたこともあって、2016年3月ダイヤ正で直通運転は止されることになった。

このような利用の多さであっても、JR北海道の財政状況や車両・路線の待避設備の状況からして増発は困難と見込まれていた。しかし流石に利用が増えすぎたこともあってか、2020年3月14日ダイヤ正から、日中1時間に4本から5本へ増発され、また新千歳空港行きと札幌行きの2本ずつに限り、特急とほぼ同じ停札幌駅 - 新千歳空港駅間では新札幌駅南千歳駅のみ停)の特別快速も新設された。


関連動画



■sm1848538[ニコ動]

■sm19940033[ニコ動]
■sm15697241[ニコ動]
■sm15757414[ニコ動]
■sm442081[ニコ動]


関連商品


■azB00005GDNM
■azB001JE6RCG
■azB002T7GNU8
■azB074P2VJX2


関連コミュニティ


■community


関連項目



関連リンク



最終更新日: 20/04/17 19:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ