ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


怒首領蜂大復活ブラックレーベル


ヨミ: ドドンパチダイフッカツブラックレーベル
掲示板をミル!
324カキコ!

怒首領蜂大復活ブラックレーベルとは、人間やめましたSTGの最新作である。


概要


前作「怒首領蜂大復活」のマイナーチェンジバージョンである。

前作のシステムは←の該当大百科記事を参照の程。

前作は「パワーアップ」・「アイテムありきのスコアアタック」という要素を“駄”とし、

というシンプルな出来となったことから、CAVESTGの中では敷居が低い、初心者歓迎作品としての評価が高い。

と同時に、上級者様は「マゾプレイを敢えて行うこと」を条件に、裏二週]-[|/34<#!様が精一杯のサービス提供してくれるという、「やっぱり相変わらず」な部分も兼ね備えた逸品STGであった。

が、「このSTGを作ったのは誰だぁ!」と分かりきったことを抜かすベテラン勢や、
プレイ当初は初心者~中級者だったプレーヤーが今やもう「飽きた」と愚痴れるレベルの上級者にまで成長されたことを受け、

楽死い要素をプレゼント!!

という大盤振る舞いの下、開発が進められたのが本作、「怒首領蜂大復活ブラックレーベル」なのです。

トッププレイヤーに「自機が強すぎてノーミスノーボム楽勝すぎ(笑)www」なんて言われてしまって、
プログラマーとしては黙っていられなかったのだろう…

そうだ、YGW呼んでランクゲーにしよう(笑)


IKDYGWと手を組み、かつてなく楽死い要素を用意した。

その出来栄えは、
普通にプレイすれば従来と同じ」
「下記追加システム活用しだすと刺増量」
というもの。

要するに、“上級者が満足するための「大盛り激辛」を注文できるシステム”と考えれば概ね正しい。
上記にもあった、初心者歓迎のスタイルを崩していないのは流石……だと思う。
(論、初心者の方はいきなり“大盛り”を注文して食べきれなかったとかいう間抜けたことのいよう、
ちゃんと下記システムを確認して望むのが紳士の嗜みである。自己責任自己責任)

絶賛稼働中!

2010年11月26日CAVE開発日誌にて怒首領蜂大復活1.5移植に続いて移植されることが発表された。
2011年2月3日発売予定。パッケージ版は4800円(税別)、1.5DLC版は1200MSPで配信される予定。

なお、パッケージ版にはDLC版にはないアレンジモードが搭載される模様。ケツイ大復活のようだが…?
■sm12862620[ニコ動]


非道い新システム-改



烈怒(レッド)システム


本作最大の重要事項。
1Pプレイ時に右上に(2Pプレイ時に左上、二人プレイ時にん中)に専用ゲージ(通称:ゲージ)が登場。

本作はC+A(ショット連+通常ショット)で本体がレーザーオプションショットを発射(いわゆる「同時攻撃」)が可になった。
レーザーショットの両方を敵に当てる事により、火力を上昇させる事が可

烈怒システム解説

同時攻撃中はレーザー時よりも移動速度が低下する。
ゲージは同時攻撃時に敵を倒すと増加していき、ゲージが一定以上増加すると、敵の発射してくる弾数が増加する。このゲージの量が多ければ多いほど攻撃は化するシステムハイパーレベル制により、本作はYGWゲーらしいランクゲーへと竄された進化した。

ゲージは3分の2(ストスタのみ4分の3)程で線が引かれており、そこを越えるとゲージくなる。
くなってくるとゲージ左側に「怒」という文字が現れる状態(通称:走行)となる。
この走行時は、

という性質がある。
またゲージは下記の条件で減少する。

走行状態と通常状態を上手く使い分けることがこのゲーム攻略するポイント


蜂アイテム


アイテムの配置は従来の大復活と同じである。
ただ、従来の大復活では出現すると「…」と変化していたが、
今回は「…」に変更されている。

また今回のアイテム)を取得すると、

という効果がついた。
つまり、走行中では「虫姫さまふたり」のウルトラでは極)5面のような状況になる。
また、アイテム)のハイパーゲージ回復量がゲージ走行中か否かで違っており、
走行中の方がより多く回復するようになっている。


中型機の弾消し


ちょっと硬い敵(クロゥバーハイロゥなど)を同時攻撃中or走行中時に撃破すると、
その敵の出した弾が消えて中得点アイテム(小)に変化し、自動回収される。
(簡単にいうと「常にエスプガルーダシリーズで覚中に敵を撃破した時の状態」になっている)

このシステムによって攻撃範囲の狭いType.Aでも辛くなくなったが、大機の弾消しも同様のシステムになったため、ドガク、ジェネレーター等でもソガクやフラフィの出した弾が消えないので注意。
後者は「弾が消えるから」と、いつもの調子1upを取りにいこうとしてボフる可性が見える。

上記の項にも関係するが、ザコ敵(フラフィやギガク、ソガクなど)の弾はハイパーの弾消し、ボム無敵時間の体当たり、アイテム)取得効果以外では決して消えないので注意。


オートボムON/OFF


本作ではボム、パワ、スト全てのスタイルオートボムON/OFFが選択できる。


ボム上限更新方法の変化


従来の大復活では死ぬ度にボムストックの最大値が1つずつ増えたが、
今作ではボムアイテムを「MAXIMUM状態」(=ボムストックMAX時)に取得時のみ増加する。

よって、ボムストックの最大値を増加させるには、

という必要がある。
また、MAXIMUM状態でボムアイテムを取得すると、上記の通り最大ボムストックが増加するのに加え、「MAXIMUM x 2」のように表示され、MAXIMUMボーナスボムストックMAXの間、自動的にスコアに加算されるボーナス点)に倍率がかかるようになっている。
この状態でさらにボムを取得すると、x3、x4…と倍率が増加していく。


ハイパーシステムの変化



機体性能の変化


ボムスタとパワスタには、復活で存在した「ハイパーショットでの弾消しによる撃ち返し」「ジクウコウの出現が存在しない」ので安心して弾消しができる。

しかし、ストスタのみ最初から撃ち返しとジクウコウが出現し、ハイパーランクが高レベルになると復活のパワスタのようなジクウコウ地獄(通称デンジャー地獄)になる。

裏ステージ

ちなみに裏ステージ解除条件に変更はないため、中ボス戦でミスをすると強制的に次のステージから表に。

Exボス

次へ»
最終更新日: 17/06/07 09:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ