ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


恐竜


ヨミ: キョウリュウ
掲示板をミル!
334カキコ!
この項は個人の趣味で得られた範囲の知識に基づいて書かれたものです。本格的・学術的な調べ物にはちゃんとした資料を参照しましょう。

恐竜(きょうりゅう)とは、実在したロマンである。

爬虫類の一グループとして分類され、三畳紀中期(2億3500万年以上前)から亜紀末(6600万年前)まで繁栄した生物ハトほどの大きさから全長30m以上まで様々な大きさ・形態のものが現れ、鳥類を残して絶滅した。


定義と特徴


ティラノサウルス頭骨
ティラノサウルス

日常的な会話では、分類学上の恐竜に限らず翼竜・首長、場合によってはマンモスやイクチオステガまで、絶滅して現在似たものがいない爬虫類または四肢動物のこと全般が「恐竜」と呼ばれがちである。
しかし生物学上ではより狭い範囲に限定されており、定義の表現し方は二通りある。

解剖学的な定義の方が先にあったものだが、解剖学的な定義は分岐学的な定義を具体的にどんな動物すのか言い換えたものといえる。分岐学的な定義では鳥類はすでに恐竜に含まれている。単に恐竜と言った場合、「非鳥類恐竜」をすことが多い。
また恐竜といえば巨大なものと思いがちだが、実際は大きさは関係ない。鳥類を含めて恐竜と言った場合、最小の恐竜はマメハチドリ(5cm、2g)である。鳥類を除くと、数十cmほどのものが何種類か見つかっている(動物全体から見るとそれなりに大きいとは言える)。

現在爬虫類の中ではワニが近縁で、翼竜などいくつかの他の絶滅したものと合わせて類というグループを成す。
元々爬虫類は後肢がほぼ左右に向かって伸び、這いつくばった姿勢であった。しかし類は後肢が地面に垂直になる(直立歩行という)傾向があった。類の中から二足歩行する小のものが現れ、さらに全に直立歩行になることで恐竜に進化した。
四足歩行の恐竜も二足歩行の名残りで重心が後肢に寄っており、前肢が短いものが多かった。また哺乳類べると胴体の柔軟性が低く、筋肉より腱や格で胴体を支える傾向があった。
二足歩行だった、または四足歩行でも重心がに寄っていたのは、直立歩行になったことで後肢を後ろに蹴ったときに胴体を起こすような反動が発生することに対応したためと考えられる。後肢を蹴る反動により前肢が浮きやすくなったため、曲がりにくい胴体をに保ちながら後肢だけで歩くようになったようだ。哺乳類の場合は逆に前肢が浮かないように重量を分配していて、チーターのようにしなやかな胴体の動きが四肢と連動しているものまでいる。
直立歩行により体重を支えやすく、また長時間移動しやすくなったことは他の這いつくばった姿勢の爬虫類に対するアドバンテージとなった。しかし三畳紀後期の環境変化を乗り切って繁栄することができたのは、排に要する分の節約、高い呼吸など、他の爬虫類にない当時の環境に適合した特徴のためであると言われる。


歴史


三畳紀中期~後期(2億5200万年前~)

全ての大陸が地続きになって「大陸パンゲア」を形成、陸上生物は分布を広げやすかった。植物はシダ植物や裸子植物(針葉イチョウ等の仲間)が中心だった。現代のような原はずっと後まで現れない。
類や、類などの様々な爬虫類が繁栄しており、単類からは哺乳類類からはワニ翼竜、そして恐竜が進化した。
特に原始的な恐竜はブラジルで見つかっており、恐竜の起は南にあったと考えられている。しかし足跡化石によると、三畳紀前期に他の地域で誕生していた可性もある。最初の恐竜は小で二足歩行だったと考えられる。
捕食者としてライバルの多い脚類はおおむね4m以下と小だったが、一部は6mほどに達した。脚形類に属する一部の植物食恐竜はすでに10mほどまで大化していた。

ジュラ紀前期~中期(2億100万年前~)

三畳紀末の大絶滅により、他の陸生爬虫類は減少。ケラトサウルス類や原始的なテタヌラ類に属する食恐竜が、本格的に大化を始めた。この頃にはすでにコエルサウルス類に属する鳥類に近縁な恐竜がいたという間接的な拠がある。
ラテサウルス類などの脚形類の植物食恐竜が繁栄したが、その中で原始的な脚類も多様化しつつあった。

ジュラ紀後期(1億6350万年前~)

大陸パンゲアが、南のゴンドワナと北のローラシアに分離しつつあった。高二酸化炭素濃度・低湿度という環境下で針葉は大きく生長したが栄養価は低くなった。

マメンチサウルスやアパトサウルスなど、ジュラ紀後期特有の脚類が本格的に繁栄・大化し、一部は全長30mをえた。また類や脚類も繁栄し、一部は大化。それに合わせるように、ケラトサウルス類・メガロサウルス類・アロサウルス類に属する、典的な大食恐竜も繁栄した。
また、小の恐竜の多様性も増し、原始的なティラノサウルス類や鳥類を含んだ羽毛恐竜(コエルサウルス類)に代表される、後の亜紀に繁栄することになる恐竜も現れ始めていた。

白亜紀前期(1億4500万年前~)

大陸の分裂が進み、これ以降陸生動物の分布は、その進化歴史上で大陸のつながりがどうなっていたかに大きく左右されることになった。温暖な気の元面がかなり上昇し、浅いが広がった。またアルカフルクトゥスのような被子植物立つの咲く植物)も見られるようになった。

ジュラ紀的な脚類や類はほとんど姿を消し、マクロナリアに属する亜紀的な脚類や脚類が繁栄した。また、鎧竜類や原始的な角竜類も多様化しつつあった。アロサウルス類の食恐竜は引き続き繁栄していた。ケラトサウルス類と、メガロサウルス類から進化したスピノサウルス類は、南のゴンドワナ由来の大陸で特殊化し独自の地位に着いた。
鳥類やコエルサウルス類はさらに多様性を増した。その中には、すでに高度な飛行を得た食を捨て植物食に適応したものまでいた。

白亜紀後期(1億50万年前~)

インド亜大陸が未だアジアと分離していたりする以外は、ほぼ現在大陸分割確立した。引き続き温暖な気で被子植物が繁栄し、これは植物食恐竜の進化にも影を与えたと考えられる。

アジア・北では、脚類・鎧竜類・堅頭類・角竜類が大繁栄した。アロサウルス類は姿を消し、ティラノサウルス類が大化して要な捕食者の位置についた。コエルサウルス類は繁栄を極め、現在と変わらない鳥類も現れた。
アフリカや南では、北半球的な恐竜の一部が進入していたが、引き続きマクロナリアの脚類と、ケラトサウルス類・スピノサウルス類・アロサウルス類の脚類が繁栄し、一部はかなり大化した。マクロナリアはアジアや北にも若干見られた。

新生代(6600万年前~)

一部の鳥類を除く全ての恐竜が絶滅(「絶滅について」を参照)。鳥類だけはその後も繁栄を続けた。


各分類群の特徴


盤の特徴によって盤類と盤類に大別され、さらに以下のように分かれる。この系統に例示した個別の恐竜には個別の記事があり、それぞれの分類群について詳述している。

恐竜┬盤類┬脚類:アロサウルスティラノサウルスヴェロキラプトル始祖鳥など
   │     └脚形類:アパトサウルスなど
   │
   └盤類┬装類┬類:ステゴサウルスなど
          │     └鎧竜類:アンキロサウルスなど
          │
          └脚類┬周飾頭類┬堅頭類:パキケファロサウルスなど
                │      └角竜類:トリケラトプスなど
                │
                └脚類:パラサウロロフスなど

盤類は全てクチバシを持ち盤のシルエットのものに似ていたが、鳥類を輩出したのは盤類に含まれる脚類である。
「代表的な種類」には、それぞれの分類群のさらに細かい分類とその中でも重要な種類(有名なもの、内産のもの、なるべく各グループ進化を辿れるもの、重要な情報をもたらしたもの、お絵カキコのあるもの)、その分類群の特徴を挙げた。分類は研究者の意見によって異なることもあり、またここで使っている分類は必ずしも正確ではなく、細かいグループを全て網羅しているものでもない。
名前の後の■は記事に直接使っていないお絵カキコへのリンク(◆は種類を特定していないお絵カキコ)。


次へ»
最終更新日: 15/08/08 00:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ