ニコニコ大百科モバイル

フィーチャーフォン向けニコニコ大百科は11月30日で終了します。長きにわたりご利用ありがとうございました!


悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架


ヨミ: アクマジョウドラキュラソウゲツノジュウジカ
掲示板をミル!
44カキコ!

「こないだ、牛丼食いにいったんだがよ。そしたら…」

悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架とは、2005年に発売されたニンテンドーDSゲームソフト


概要


キャッスルヴァニア 暁月の円舞曲』の一年後の続編で、悪魔城ドラキュラシリーズ初のDSソフトである。

ゲーム内容は「暁月の円舞曲」と同じく、様々な武器や敵から入手できる特殊を利用して戦うアクションRPG
前作の内容を純進化させた作品で、ハードの向上でグラフィック音質もそのまま強化。また2画面になったことにより、マップステータスを常時表示できるようになった。これは次回作以降にも受け継がれている。

一方「従来とは打って変わったアニメ調のキャラクターデザイン」「タッチ操作を強いられる魔封システム(後述)」など、 賛否両論となる要素もある。

また、他の悪魔城シリーズと変わらずニコニコでは変態挙動を行うTAS動画人気である。


 前作との変化


前作からさまざまな内容が強化、洗練されており、シリーズ入門作として特におすすめの作品となった。
ただし、ストーリー面では前作のグッドエンドまでのネタバレ全てが序盤で叩き込まれることに注意。
前作『暁月の円舞曲』も入門作として申し分ないので、WiiUを持っているならそちらから挑戦するのもいい。


タクティカルソウル


前作「暁月の円舞曲」とほぼ同じ。 本作では敵を倒すとたまに入手できる「ソウル」を使って、特殊攻撃をしたり使い魔を呼び出したりすることが出来る。
ソウルラインナップは刷新。今回は同じソウルを集めるとパワーアップしたり、武器を強化にソウルを使ったりと、前作より収集要素が増えている。


武器強化


内では前作ほど強い武器が拾えない。
代わりに下位の武器ベースに、ヨーコに強化してもらうことで強い武器を手に入れることができる。
強化には武器ごとに素材となるソウルが必要。最上位の武器は数の限られたソウルを使うものもある。


魔封陣


本作のボスは召喚者によって特殊な強化がされており、HPを0にするだけでは倒せず、撃破後に出現する「魔封」というものをタッチペンで書かないと倒すことが出来ない(一部除く)。
ボス撃破後、タッチペンにより一筆書きで行う。形を間違えたり制限時間内に書き切れないと失敗となり、ボスHP0から少し回復した状態で復活してしまう。
後半のボスほど難しい魔封が必要になる。「まふうじん」自体もキーアイテムであり、ゲームを進めるには内で探す必要がある(対応する魔封を持っていないと、ボス部屋に入ることすらできない)。 

操作はそんなにシビアではないのだが、2DアクションともRPGとも全く関係ない要素であり、本作の強いボスと何度も戦わされたりして、はっきり言って不評。
だが練習メニューからいつでもできるし、書き始めるまでは制限時間はカウントされない仕様になっている。とにかく、シビアな要素ではない。 

(ところが、この練習こそが重大なバグの発生になっており…)


強化されたグラフィック


画面サイズが大きくなった恩恵で、月下の夜想曲から直接ドットを流用できるようになった。
新規グラフィックもかなり多いのだが、過去作のハイレベルドットを使うことでクオリティも同時に上げることに成功している。
そして本作から『ギャラリーオブラビリンス』以降への流用も多い。
この手法がシリーズ最終形態『悪魔城ドラキュラHD』への伏線となる。


難易度


簡単と言われがちな探索悪魔城だが、本作あたりから難易度がどんどん高くなっている
本作は前作ほど良い武器が拾えないのもあるし、特にボス行動パターンが複雑、単純にパラメータが高い、と、かなり厳しくなってきている。
救済策となる強ソウルも多いが、それを探すのもなかなか簡単ではない。
しかし、クリアできないということはない。本作は丁寧に調整され、絶妙のバランスを保っている。だから入門作として薦めやすいのである。


アニメ絵


ハードDSになったことでの客層の変化などを見込んだものらしいのだが、結局客層が全く変わらなかったとのことで、のちに『奪われた刻印』でやめている。
小島文美の仕事量の問題(前年あたりから悪魔城を立て続けに担当している)もあると思われる。


ストーリー


前作から一年後、平和に暮らしていただったが、また別の宗教団体に絡まれる。
本拠地の悪魔城っぽいに乗り込んだところ、知ってる顔がどんどん集まってきた。


クリア後


おなじみとなっているクリア後のサブキャラモード、本作は他シリーズと違いグッドエンドを見なくても追加される。
主人公ユリウス。性が大きく異なるヨーコアルカードが途中で加入し、3人パーティで進行するモード。この『悪魔城伝説』を意識した人選から予想できる通り、スタート地点のBGMは当然のBeginning。ついでにBloodyTearsも聴ける。

アイテムはないが、歴代サブキャラで初めて経験値制を採用している。それなりにレベルを上げないとクリア困難。
というか、かなり難しい。攻撃範囲に優れ属性が得意なユリウス、魔法タイプで回復攻撃のできるヨーコ属性で攻撃スピードに優れるアルカードと、それぞれ得意分野があるので、3人を活用して突破したい。
気になるのはストーリーだが…このモードは何と専用のラスボスが登場する。
難しいモードだがクリアする価値も従来のサブキャラより大きく、頑って結末を見届けてほしい。

弱体化したユリウスはハイジャンプができなくなったため、進行にはアルカードの加入が必須。途中での移動範囲の拡大はサブキャラとしては初となる。
ヨーコスルーできる。
ところでグラントは…


関連動画


通常プレイ動画


■sm19289726[ニコ動]

BGM
■sm1791697[ニコ動]

TAS
■sm20867435[ニコ動]
■sm19501550[ニコ動]
■sm18389805[ニコ動]
■sm21860501[ニコ動]

人力
■sm31798294[ニコ動]

その他
■sm21383396[ニコ動]


関連商品


やたら再販が多い。

■azB0009V272Y
■azB000F83RK2

■azB002OB4WPM
■azB004BX92VA

■az486155070X
■azB003KZVLBE

値上がりしていることで有名なDS悪魔城だが、本作は何度も出荷されているおかげか、まだ多少入手しやすい。それも本作を勧めやすい理由である。


関連項目



最終更新日: 21/03/21 22:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ