ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


悪魔艦長


ヨミ: ジェインウェイカンチョウ
掲示板をミル!
78カキコ!

悪魔艦長とは、惑星連邦所属U.S.S.ヴォイジャー艦長キャスリンジェイウェイ大佐である。
俳優ケイト・マルグルー。日本語吹替版での声優松岡洋子が演じている。


悪魔艦長の概要


スタートレックシリーズ第4作、スタートレックヴォイジャー主人公であり、シリーズ初の女性主人公
惑星連邦で初めてデルタ宇宙域横断に成功し、最も多くの種族とのファーストコンタクトを果たした艦長でもある。

宇宙艦隊でもっとも屈強な艦長として知られている一方、カークやピカードと言ったスタートレック歴代艦長が艦隊の誓いを厳守するのに対し、彼女はしばしば「規則は二の次」と言って気にも止めない事が多々見られる。また、部下に対しては時間規則(タイムパラドックス阻止)の厳守をめるが、自身は視することが多い。

もちろん単艦で補給や増援、増員が見込めないまま約七万光年を航する過程においては仕方い事ばかりであり、戦術、戦略眼は確かで科学知識も豊富、また色々な意味で個性豊かなクルー全に握している事から艦長としての実連邦でもトップクラスに入る。

これらの優れた実と後述する恐るべき所業により、ファンからは悪魔艦長と畏れられ、讃えられている。


悪魔艦長の由来


単艦でデルタ宇宙域を放浪し始めて三年、艦長は重大な決断を迫られていた。ヴォイジャー宇宙で最も危険な機械生命体ボーグと、それすらも滅ぼしかねないほど強な生命体8472との戦場に突入してしまったのだ。艦の取るべきは二つ。地球への帰還を諦めて他の惑星に移住するか、極めて危険なボーグの巣窟を強行突破するかであった。

一人思い悩む艦長はレオナルドダヴィンチ(のホログラム)に「に答えを問いなさい」と諭されるが、逆に「神様じゃなくて……悪魔に縋ったら?」との啓示を得た彼女は、追い詰められたボーグと同盟を結び、生命体8472を倒す技術を提供する代わりに見逃してもらうという、前代未聞の作戦を実行する。ここに悪魔艦長が誕生した。

人とは基本的に平和的な外交を好むが、話し合いの余地を持たない敵対的な異人には決して容赦しない。
また、非常に頑固な面があり、副官や部下の発言を視して突っ走ることも多い反面、犠牲的な精を併せ持っており、クルーや善良な異人のために命を投げ出すことも厭わない。

また、元ボーグセブンオブナインを救出(というか同化)。ヴォイジャーの装備がボーグテクノロジーでどんどん強化されていくにつれて言動が強気になっていき、ボーグ狩り始める等、どちらが悪魔なのか分からなくなってしまった。

後述のキリアン人の再現ホログラム内で披露した手袋姿が異様に似合っていたのも原因の一つである。


悪魔艦長の台詞のほんの片鱗


この際構わないわ……宇宙艦隊は、はるか銀河の彼方よ、ゴロツキに通せん坊されたくらいで15ヶ駄にできないわ」:回するには広すぎる、広大な領域を持つの異人に遭遇した際に、会議室で悪魔艦長が放った台詞ノリノリで領域侵犯を犯そうとしている悪魔艦長に対して、トゥヴォックが艦隊規約違反摘するものの、この台詞で一蹴される。すぐ後のカットであるトゥヴォックの(´・ω・`)顔に心を痛めたのは編者だけではないだろう。

機械なら破壊するまでよ、テレパシーなら手術で波のパターンを変えて……やるわ」:幻覚によってクルーを活動不能に陥らせたボーサ人に対し放った台詞。結局ボーサ人の捕獲には至らなかったが、入ったら二度と戻って来れないと言われるボーサ領域を堂々と通過する事には成功した。

決まってるでしょ。恐怖はやがて……消えていくの」:仮想現実において、人間の恐怖心を具現化したキャラクタークルー仮想現実内に監禁してしまった。恐怖心は仮想現実を存続させる為、人間仮想現実内に残すよう要。悪魔艦長は自身が人質に代わって仮想現実内に残ると宣言するが、それはホログラムを利用した偽装工作であった。崩壊する仮想現実の中で、恐怖心は悪魔艦長に恐怖しながら消滅する羽になった。

クロノワークスは終わりよ。私が潰して見せるわ」:29世紀の技術を悪用し、結果的に太陽系を滅亡させるIT企業クロノワークス社長スターリングに向けて放った台詞。警告を視したスターリング光子魚雷爆死したことは言うまでもない。なお、悪魔艦長も29世紀の技術を悪用して緊急用医療ホログラムの性を向上させている。

これが方達の実験の最高の成果よ。ここで最終データの収集を果たさせてあげるわ」:ある異人が悪魔艦長に過度のストレスを与え、攻撃的衝動を刺するという謀な実験を行った結果、言い放った台詞悪魔は異人の支配を脱するべく、ヴォイジャーバイナリパルサーへと特攻させた。パルサーに飲み込まれた異人の艦が爆沈したことは言うまでもない。

彼らのこの夢の世界を悪夢に変えるだけ」:夢の世界を操り、侵攻してくる異人との戦闘中に発した台詞。このエピソードでは、自らも夢を操り、反物質爆発やフェイザーの直撃にびくともしない悪夢艦長の姿を見ることも出来る。

出来る事なら気らしにボーグキューブでも呼んできてあげたい気分よ」:何もない暗黒星域突入二ヶにして飛び出た台詞悪魔にとっては、何も変化がい事よりも、ウルフ359の戦いで宇宙39艦を全滅させた相手との戦いのほうが好ましく感じるらしい。この後、異人の攻撃を受けると、生き生きとしながらフェイザー・ライフルを担いで部屋を飛び出していったのは言うまでもい。

ゴミを燃やす時間よ」:暗黒星域において、そこに住む住人が居るにもかかわらず反物質廃棄物を捨てにくるマロン輸送船に光子魚雷を撃ち込み爆沈させる前の台詞汚物は消毒だ、と同等の意。

これ以上、倫理の論争は続けたくないから」:未知の生命体に寄生された機関主任を救うべく、宇宙生物学の権威、モセットホログラムを作成したドクター。しかし、モセットの研究成果は数千人の民間人を人体実験して得られたものだった。艦内では倫理問題を巡って議論が紛糾、患者本人すらモセットデータ削除を望む中、延々と続く議論に苛立った艦長は正義倫理よりも機関主任生存を重視、モセットに手術させる悪魔的採決を強行した。

悪魔がまだこの辺をうろついてるようだわ。それ、効くと良いわね」:上記の経緯で命を救われた機関主任だったが、精的なダメージは大きく、鎮静効果と悪魔祓いのお香を焚いて静養していた。そこに現れた悪魔は自分の意向を手短に伝えるとすぐさま退散してしまった。こうかはばつぐんだ!

いいから黙って聞きなさい……あと一回しか言わないわ。コーヒーブラック」:亜空間層との接触によって艦がダメージを受け、レプリケーター(食料生成装置)も機を停止し始めた。食堂提供される料理も制限され、艦内の食生活は悲惨な状況に陥っていたのだが、病的なコーヒーである悪魔う様子もコーヒーを注文。一度は調理長のニーリックスに断られたが、即座にこの台詞で彼を脅迫した。ニーリックスが全てを諦めたような表情でコーヒーを生成した事は言うまでもない。

ガッカリさせて悪いけど、結婚は中止よ」:艦の機を復旧させる為、ホロデッキプログラムで『蜘蛛人間族の女王アラクニア』を演じた悪魔艦長。妖艶な衣装に身を包んだ悪魔宇宙最大のマッドサイエンティスト(という設定のキャラクター)、ケオティカを手玉に取り、彼から「二人なら全宇宙を征出来る。私のになれ」と評されるが、この台詞と共に容赦なく射殺した。直後のマイクコードの用に振り回すシーンは似合い過ぎと評判である。

私に言わせればこんなに……ラッキーな日はいわね」:偵察ボーグ艦を光子魚雷転送という手法で沈め、ボーグを皆殺しにした後に放った台詞。特に罪悪感を感じた様子もく、残骸からパーツや技術をり取る気満々な彼女の姿に、副長を始め、全員呆れていた(いは恐怖していた)のは言うまでもい。

鉱を掘り当てたわよ」:上と同じエピソードで、イオンストームにより損傷したボーグスフィアを見て笑いながら言った台詞。あのピカード艦長すら同化し、傀儡として操った機械生命体も、悪魔にとっては鉱と同じである。この後、ボーグスフィアに襲撃を仕掛けて、お当てのトランスワープコイルを奪取したのは言うまでもない。

規則は二の次よ、かかって」:ボーグに察知されないようワープ跡を消す技術があると提案する機関主任。しかし、それは艦隊では認められない方法であるという……悪魔は迷う気配も見せず、即座にこう応えた。

こっちから同化しに行ってもいい頃でしょ。ん?」:あらゆる種族に最も危険な敵と認識されているボーグを、逆に同化しに行くという悪魔台詞ボーグに手痛いに遭わされたピカード艦長やシスコが聞いたら絶ものである。

破る?……一度も。曲げたことはあったけど」:艦隊の誓いを破ったことがあるか?と問われた際の返答。あまりにも然とした口調と、柔軟な悪魔理論の前に、全視聴者が絶句した間である。

そうよ、私は怒ってる!凄く怒ってる!!」:地球へ帰るためとはいえ、平和的な知的生命体を虐殺していたU.S.S.イクワノックスの艦長とクルーに対し、全にブチ切れてしまった悪魔の宣言。こうなった彼女にも止める事が出来ず、捕虜は拷問同然の扱いを受け、巻き込まれた善良な異人はトラクタービームで強制的に拘束され、あまりの暴挙の連続に異議を申し立てた副長は解任される羽になった。

さんを削除」:悪魔艦長はホロデッキプログラム『フェアヘブン』の中で魅的な男性キャラクターマイケル・サリヴァンと出会った。悪魔はこのキャラクター魔改造、性格を変更し、容姿を作り変え、トドメに彼の妻のデータ削除して、恋愛関係を楽しんだ。しかも、「ホログラム相手の恋愛なんてどうかしてる」と賢者タイムに陥ってマイケルを放置。終いには(医療用ホログラムの)ドクター説教される羽に。

ソーナにボーグに、今度はロミュラン……易しい任務ばかりで羨ましい」:提督昇進後、上としてピカード艦長に接した際の言葉。どれも惑星連邦危機をもたらした種族の話であり、通常なら冗談と考えるべきだろうが、対ボーグ戦経験がピカードよりも豊富で、デルタ宇宙域からの帰還という高難度任務に成功した彼女の言葉であることを考えると、本音である可性は高い。


悪魔艦長の帰還


単独航約七年にして地球へと帰還。

地球への通信手段もある程度確立されてきたとはいえ、まだまだ先の長い航を終わらせたのは未来からやってきた悪魔本人……ジェイウェイ提督である。もちろん、時間規則が二の次にされたことは言うまでもない。

その帰還手段はヴォイジャーを強化改造し、ボーグトランスワープハブに突入するというもの。

未来技術によって魔改造を施されたヴォイジャーの前にはボーグキューブ艦隊と言えども敵ではなく、新装甲システムキューブの攻撃をほぼ化、逆にヴォイジャーから放たれたトランスフェイズ魚雷は「一撃」でキューブ血祭りに上げていった。生き残ったキューブも、ヴォイジャーに恐れをなして逃げ出す有様である。

ヴォイジャーは小の深宇宙調船であり、対ボーグ戦用に建造されたソヴェリンエンタープライズEやディファイアント護衛艦のように高い戦闘を有した艦ではなく、それらの艦でも単独ではボーグキューブ一隻にすらが立たないあたり、魔改造ヴォイジャーチート振りがえる。

トランスワープハブを利用する事で意見の食い違いがあったものの、最終的には悪魔二人が手を結び、トランスワープハブを利用して、さらに破壊をするという離れ業をやってのけた。

これだけでもボーグ涙目なのに置き土産ジェイウェイ提督を媒介にボーグクイーンウィルスを感染させる事に成功。トランスワープハブはぶっ壊されるわ、ボーグクイーンはやられるわ、ウィルスボーグ集合体全体に感染するわで、被害甚大というか壊滅寸前に追い込まれた。ヴォイジャー事に帰還するという事は、未来からやってきた提督は存在しない事になるのか、それともパラレルワールド的扱いになるのか分からないが、時間軸的にはヴォイジャーが最後にあたるので以後のボーグの活動は不明。壊滅したのか生き残ったのか……とにかくヴォイジャーの戦果はシリーズ最大の物であることは間違いい。

途中、船体が持たないと判断し、追ってきたボーグスフィアにわざと捕まり、アルファ宇宙域に到達したところで内部から「全破壊」。ボーグ迎撃に来たパリ提督含む全宇宙クルーが呆然としていたのは言うまでもい。

こうして多大な犠牲を払いながらも、ヴォイジャー事に故郷への帰還を果たした。


悪魔艦長のその後と犠牲



次へ»
最終更新日: 14/08/31 20:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ