ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


愛・地球博


ヨミ: アイチキュウハク
掲示板をミル!
10カキコ!

愛・地球博とは、2005年3月25日9月25日185日間に、愛知少年公園上ので開催された際博覧会である。正式名称は「2005年日本国際博覧会」、略称は「愛知万博」。


概要


地球上の総ての「いのち」の持続可な共生を、全地球的視野で追求することが、21世紀における地球社会の構成員総ての課題となった。 

この課題を解決するために、私たちは愛・地球博のテーマである“自然智”を縦糸に、豊かな交流を横糸にして、地球社会を包む、柔らかく、豊かさと美しさにあふれる織物を織り上げようと思う。それは地球社会の新しく、美しい装いになるだろう。
自然のもつすばらしい仕組みと、いのちの」に感動し、世界各地での自然とのさまざまなつき合い方、知恵に学びながら、多な文化・文明の共存する地球社会を創ろうではないか。 

公式サイト「愛・地球博とは」[外部]より抜

1990年の博覧会(の万博)以来15年ぶり、総合的な博覧会としては1970年日本国際博覧会(大阪万博)以来35年ぶりに日本で開催された際博覧会(万博)であった。

151と4つの国際機関が出展したほか、30のNPO・NGO、多くの市民団体が参加した。

メインテーマは「自然智」、サブテーマは「宇宙、生命と情報」「人生の“わざ”と智恵」「循環社会」であり、環境保護のための技術や自然からの知恵を生かしたものが数多く展示されていた。

マスコットキャラクター「モリゾー」と「キッコロ」


会場



長久手会場


名古屋市の東に隣接する長久手町(現:長久手市)にある愛知少年公園装し、メイン会場となった。北・東・西の3つのゲートがある。会場内は「グロバルループ」という環状遊歩でつながれている。会場内ではグロバルループ上をグロバルトラム電気自動車)と自転車タクシーが運行されており、ほかにもキッコロゴンドラロープウェイ)とIMTS(自動走行するトヨタバス)が運行されていた。万博終了後再び装され「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)[外部]」となった。


瀬戸会場


瀬戸市に広がる広大上(かいしょ)の内に位置するサブ会場。もともとはこちらをメイン会場とする予定であったが、絶滅危惧種であるオオタカの生息地であったことから反対運動が起き、サブ会場となった。ゲート瀬戸ゲートのみで、長久手会場とは燃料電池バストヨタFCHV-BUS)とモリゾーゴンドラで結ばれた。


ささしまサテライト会場「デ・ラ・ファンタジア」


名古屋駅の南に広がる、旧場跡地「ささしまライブ24地区」に位置する、入場無料サテライト会場。名古屋市体となって建設された。


入場者数


以下に別の入場者数を示す。

入場者数(人) 備考
3月 426,089 5日間
1日あたりの最低入場者数・43,023人(3/25
4月 2,293,765 30日間
5月 3,302,533 31日間
ゴールデンウイークの入場者数合計:979,892人(4/29~5/8)
500万人達成(5/23) 
6月 3,577,008 30日間
7月 3,287,635 31日間
1,000万人達成(7/4) 
8月 4,035,794 31日間
1,500万人達成(8/18) 
9月 5,126,720 25日間
2,000万人達成(9/16)
1日あたりの最多入場者数・281,441人(9/18)
総計 22,049,544 標総計:1,500万人

開幕直後は予想を大きく下回る来場者数であったが、夏休み頃から閉幕が近づくにつれて多くの人が押し寄せるようになり、最終的には開幕前の予想を700万人以上上回る2204万人が来場した。


次へ»
最終更新日: 13/08/27 19:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ