ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


慈照寺


ヨミ: ジショウジ
掲示板をミル!
9カキコ!
[画像][外部]
慈照寺・観音殿

慈照寺とは、京都市区にある寺院である。通称銀閣寺


概要


京都東山は大文字山の麓にある臨済宗相寺院。正式には「東山慈照寺」という。「古都京都の文化財」として世界文化遺産に登録されている。

代表的建物である観音殿は通称「閣」として知られ、慈照寺の通称である「銀閣寺」もここからとられている。鹿苑寺閣と対に扱われることが多いが、閣には箔が貼ってあるのに対して、閣には箔が貼られているわけではない。恐らく幼少時に勘違いしていた人多数だと思われる。
箔を貼る予定だったが資不足により断念した」「箔を貼る前に義政が死去した」などの通説があるが、当時の宗やわびさびを基調にした文化などを鑑みて、もともと貼る予定がなかった可性が高いともいわれる。

閣以外にも池回遊式の庭園も見所のひとつで、本堂(方丈)の前庭には砂の砂盛り向台や、波紋を表現したが見られる。ただし現在の庭園は江戸時代修されたもので、創建当時の姿とは異なる。

2008年2月から2010年3月まで、総事業費約1億4000万円をかけて観音殿閣)の屋根葺き替え、内部の漆塗り、耐震補強などの工事が行われた。


歴史


応仁の乱が終わった直後の1482(文明14/延徳元)年、先代将軍であった足利義政が山荘・東山殿建築を開始。翌1483年に義政は完成を待たずにここに移り住み、茶の湯や書画、などを楽しんだ。山荘の工事は義政が没した1490年まで継続された。なお観音殿閣が完成したのは義政の死後だった。

義政の没後、その遺言により東山殿院・慈照院となり、翌1491年に慈照寺と名された。

その後室町末期の戦乱によって閣と東堂を残し消失室町幕府の衰退とともに慈照寺も荒れ果てたが、江戸時代に入った1615(慶長20)年、丹波守であった宮城豊盛によって大修が行われ、ほぼ現在の姿になった。


ギャラリー


[画像を見る]
観音殿閣と庭
[画像を見る]
銀閣寺の紅葉

関連動画



■sm2365345[ニコ動]

■sm4520988[ニコ動]


関連商品


■azB0002YMXJK
■az4085980033
■az4473033619
■az4122050693


関連項目



関連リンク



最終更新日: 15/11/25 21:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ