ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


戦国BASARAX(関連)


ヨミ: センゴクバサラクロスカンレン
掲示板をミル!
33カキコ!

本項は格闘ゲーム戦国BASARAX」(センゴクバサラクロス)に関する項一覧および詳細である。

ゲーム全体に関しては「戦国BASARAX」、キャラクターに関しては「戦国BASARAX(キャラクター)」を参照。


援軍解説


援軍を使う前準備
試合開始時は援軍を使用できず、「援軍要請→援軍到着」というステップを踏んでから初めて使用可となる。
援軍要請するまでは、援軍ゲージと援軍レベルが時間に応じて上昇していく。
援軍ゲージ、連続使用回数、回復速度は要請した時点の性で固定されるため、要請タイミングは非常に重要。
操作ミスなどで低レベル要請してしまうと、1試合中ずっと低性な援軍でやりくりしなければならない。
援軍レベルの上昇速度は「毛利>忠勝>>>元親>謙信>お市>伊達>信長>秀吉>慶次>幸村」の順になる。
以上の性質から、「1ラウンドの重要性」「速に死ぬ駆け引き」などが生まれている。

援軍ゲージ
援軍の連続使用回数、回復速度に影する。
特殊な援軍のキャラを除き、援軍Lv17以上で要請すると2回、援軍Lv51以上で要請すると3回の連続使用が可
連続使用回数と回復速度は高い方が有利なため、Lv51以上の高レベル要請が基本となる。
援軍ゲージは長い程回復がく、援軍使用後の使用不能時間が減り、有利となる。
一部キャラ相性によっては

・「高レベルになるまで待ってると死ぬ」
・「低レベルで永パ行った方がい」

などの理由で低レベル要請する場合もある。
相手の援軍を殴る事で回復を遅らせる事ができるため、援軍のスカりを殴って立ち回りを有利にする事が重要。
これを逆手に取って、敢えて援軍を餌に本体の攻撃を当てる駆け引きも存在する。

援軍レベル
1~4950~99、100と3段階に援軍の攻撃が変化し、レベルに応じてダメージも向上する。
キャラによっては援軍レベルダウン起こしなどのヒット効果が変わってしまうため、
敢えて100にしないように維持する事も必要。
援軍レベルは要請後も緩やかに上昇し、援軍カウンターを使用すると30低下する。
レベル低下しても連続使用回数と回復速度は要請タイミングで固定されているため、
レベルごとの援軍性次第。

対地援軍
援軍が突進、飛び道具、レバー方向で攻撃が変化、ダウン起こし付き、引き寄せ付きなど、
攻撃方法の個人差が非常に大きく、コンボ強化に使われる。
援軍攻撃全般に言える事だが、コンボ中初回のみゲージを大幅に削る性質がある。

援軍・援軍エリアル
発生が速く、援軍に無敵があるためバックステップや上入れっぱ、コスりから出す援軍暴れが非常に強い。
ガード不能キャラも多く、対、本体のフォロー、本体では届かない位置への反撃としても重要となる。
例えば「昇→対援軍でフォロー→当たればコンボ」のように、フォローから大幅有利な状況も作り出せる。
援軍エリアルエリアル攻撃後のホーミングジャンプ中に対援軍の動作で追撃してくれるもので、
補正がきついエリアルダメージアップをしてくれる。

援軍ヒットキャンセル(援キャン)
上記の援軍行動はコマンド技を除いたあらゆる行動でキャンセル(ダッシュジャンプなどでもOK)で、
これを「援軍ヒットキャンセル」 = 「援キャン」と呼ぶ。
援キャンによってコンボが大幅に伸び、ゲージを大幅に削れるためダメージ面が大きく強化される。
技中に援軍を呼ぶタイミング、援キャンをかけるタイミングなどに慣れが要るため、多少とっつきにくい。
援キャンするとSP(後述)が上昇するため、永パ中に援キャンを組み込み、SPを稼ぐ事も重要視されている。

援軍カウンター
所謂サイクバースト的なシステムで、ゲージと援軍レベルを消費して食らい中に相手のコンボを中断できる。
食らい中以外に、一撃BASARA技に対しても発動可。つまり援軍使用可ならば一撃は確定しない。
使用するには最低1ゲージは必要で、使用すると援軍レベル30低下し長時間援軍が使用できなくなる。
更に使用回数に応じて発生が遅くなり、ゲージ消費量が増えていくため、計画的な使用がめられる。
(ただし、ゲージ消費量が増えても最低1ゲージあれば援軍カウンターは使用できる。)
成否を問わず長時間援軍が使えない状況になるため、使い所を間違えると逆に大幅不利になってしまう。

・相手も援軍が使えない状況にする
・援軍ブロックされないようにする

以上の理由から、相手本体と援軍の両方に当たる、コンボ中の援軍に合わせて発動するのが基本。
援軍カウンターへの対処は基本的に、BASARA技(対援軍アーマー)、援軍ブロック阻止の2つしかない。
例外的に忠勝のガードポイントで耐える事も一応可

援軍ブロック
援軍カウンターブロックするシステムで、成功すると援軍カウンターを防ぎ、
更に一定時間相手を防備な状態にする。この際コンボ補正は一度途切れる。
1ゲージと少量の援軍ゲージを消費するが、成功時に全回復するため、成功すれば一気に有利になる。
初回は見てから止めるのは理なレベルだが、2回以降は注意していれば反応できるレベルとなる。
ブロック後は状況次第で、コンボ補正が切れた状態で再度コンボ、永パへ移行できるためリターンは大きい。
プレイヤーのやり込み、人間が垣間見える間のため、動画を見る際に注しておくと良い。

援軍アシスト
特定BASARA技中に固有演出で援軍が追撃してくれる。
BASARA技で1ゲージアシストで更に1ゲージを消費し、援軍ゲージも全て消費してしまう。
回復可を大きく削り、ダメージも向上するが、コストの高さからあまり使われない。

・「ヤンデレはもういい、かすがと薔薇の香りに癒されたい」
・「二人きりの宇宙は寂しかったからそろそろお館様に会いたい
・「人が成層圏でもがいてるのに救助をめてくるKYを働かせたい」

そんな時には是非どうぞ。

元親の援軍
時間経過で援軍レベルと援軍ゲージが上昇するのは他キャラと同じだが、
元親の場合は更に「小判を消費して生産」と言うステップが必要となる。

援軍Lvに応じて生産できるロボが増え、生産時に自由に選択できる。
最初は仁王(2000両)のみ、50で木騎(5000両)、100で滅騎(9999両)が生産可となる。

生産に必要な小判は、特定の技と、肩のが運んでくる宝箱を破壊する事で獲得できる。
特定技による獲得は、技ごとの基本獲得量と、レートによって獲得量が上下する。
宝箱には宝箱レベルが存在し、連続で獲得し続ける事で獲得額が上がるが、
相手に破壊されると宝箱レベルは1に戻ってしまう。

全ての援軍にスーパーアーマーがついており、他キャラのように発生前に止められる事はない。
援軍擦りでほぼ確実に相手の攻めに割り込めるため、ロボ到着後の元親を崩す事は難しい。

ロボは専用のゲージで体が管理され、相手からダメージを受けて破壊されるか、
自爆要請(残り体に応じた額が払い戻される)で消滅してしまう。
その場合、再度小判を消費して生産しなければならず、援軍のいない時間が長時間発生する。
ここで永パや一撃に移行されると成す術がないため、相手側最大のチャンスとなる。

当然ながら、1ラウンドなど「援軍Lvは充分なのに、小判が足りなくて生産できない」事態もあり、
援軍の強な元親戦は、1ラウンドにいかに何もさせず殺すか非常に重要となる。

余談だが、同キャラでは相手の宝箱を破壊しても小判が入手できるため試合がハイペースになり、
お互いのロボ処理落ちしまくるためとんでもないクソゲーが展開される。

毛利の援軍
援軍が使用可になるまでに関しては基本的に標準的な援軍と差はない。
厳密な援軍アタックは対地援軍に当たる兵突進のみで、
キャラ援軍と同様に本体の動作中に呼んだり援キャンをかける事ができる。

兵突進は毛利の背後(画面端)から突進してくるため、当たる前に潰す事が難しく、
その上何故か発生後まで無敵があるため、元親並みに援軍擦りが強い。

兵突進以外の援軍はコマンドによって様々な行動を使い分ける必殺技形式となっており、
コマンド援軍は(制限はあるが)他のコマンド技でキャンセルが可
コマンド援軍は援軍アタック扱いではなく、使用不能時間(援軍ゲージに×印)が発生しない。

兵突進も使用不能時間はあるものの非常に短いため、連携後にはほぼ使用できる状態になる。
援軍は踏み台(多段ジャンプ)にしたり、援軍レベルが1下がるが殴って飛び道具にできる。
援軍カウンターや援軍ブロックの援軍まで殴る事ができ、この際BASARAゲージが増える。

殴って飛び道具になった援軍は最大5回まで「毛利が殴る→相手が殴る」を繰り返す事ができ、
相手が殴った援軍が毛利に当たる事はない(攻撃判定が出ない)。
殴ったとしても使用不能時間が増える訳でもなく、毛利に再度跳ね返されゲージ回収されてしまうので
対策しようがない圧倒的に強い援軍となっている。

つまり、「本体攻撃→援軍→本体攻撃+援軍殴り→追いかけて本体攻撃→援軍」のような流れで
毛利ターンが延々と続き、崩れてしまえばガー不か即死か永パである。
しかも連続で使おうが殴られようが使用不能時間は微々たる物で、援軍使用不能と言える状況は
援軍カウンター直後くらいしか実戦ではまずありえない。
キャラがどれだけ進化しようと毛利の強さが揺るがない理由は理解頂けるだろう。

忠勝の援軍
援軍が使用可になるまでに関しては基本的に標準的な援軍と差はない。
家康が到着後は各種援軍行動が使用可になる以外に、ブーストゲージの回復速度が向上し、
定時間ごとに家康を狙う忍者が出現するようになる。

家康忍者に担がれて「タスケテクレータダカーツ!」になると援軍が使用できなくなり、
更に画面外に出てしまうとブーストゲージを使った行動が使用できなくなる。

そのため、忠勝側は忍者が近づいてきたら援軍を使って拉致を防ぐ、
拉致られたら画面外に出る前に救助するなどして、家康を守りながら戦わねばならない。

家康拉致されてしまうと忠勝自慢のオフェンスは一切発揮できなくなり、
更に永パや一撃を阻止できなくなるため大幅なパワーダウンとなってしまう。

援軍行動自体は、対援軍は標準、対地援軍は援護形態(ファンネル装着)となっている。
援軍レベルが高い程、同時に発射されるレーザーの数が増える。
装着後は時間経過とレーザー発射で援軍ゲージ減少。ゼロになると解除される。
ファンネルは起き上がり中やガークラ中にも発射でき、強な防御手段にもなる。

アナザーモード
キャラ定時STARTボタンを押しながら決定する事でアナザーモードを使用できる。
通常、援軍カウンターは食らい中に援軍ボタンで相手本体をサーチするようになっている。
一方アナザーでは9援軍で本体サーチ、8援軍で攻撃者をサーチを選択できるようになる。
(例えば援軍攻撃を食らった時に8援軍を入すると、相手の援軍をサーチする)

デフォルトでは援軍を呼ぼうとした時に攻撃を食らうと援軍カウンターが暴発しやすく、
サーチ対を選べない(永パ移行阻止の面で重要)ためアナザーが推奨される。
恐らく格ゲー未経験の原作ファンを意識して、デフォルトでは所謂「初心者モード」になっていると思われる。

手出し用宣言
214214援で、自発的に援軍を使用禁止にする事ができる。
成立すると、ゲージ上に「BRAVE(意訳:上等だよ…アンタ上等だ…)」の文字が表示され、
その試合中は援軍が使えなくなり、SPに10%ボーナスが入る。
暴発してしまうと援軍が使えない以上、「コノシアイ\(^o^)/オワタ」になってしまう。
戦国BASARAX最大の舐めプレイ要素で、勝てる要素を全消費してまで傾く度胸が試される。

システム解説



次へ»
最終更新日: 14/10/14 04:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ