ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


戦艦ドリフト


ヨミ: センカンドリフト
掲示板をミル!
65カキコ!

戦艦ドリフトとは、「宇宙戦艦ヤマト完結編」において都市衛星ウルクヤマトが着陸する際の様子である。


概要


 

 沖田艦長「よぉし、反転180度波動砲口よりエネルギーをリークさせ、
 敵衛星中心部へ強行着陸!

古代「敵の上に降りるんですか!?

沖田艦長「そうだ。急げ、急がんか!!」

古代「はい!――!!」

反転180度

宇宙戦艦ヤマト完結編より

 

これにより、第三艦橋メンバー全会一致で見捨てられたのである。


「宇宙戦艦ヤマト2199」にて


※第二章のネタバレを含みます。

ワープの後、いつものように言うことを聞かなくなった波動エンジン。このあとやむを得ず木星浮遊大陸に不時着することになるのだが、全に上記の完結編のシーンオマージュであるCGでも見事なドリフトを見せてくれる。


その他


ピーターバー監督映画バトルシップ」では、戦艦ミズーリが取一杯中に突然、左の錨を下ろす事で急に方向転換し、交戦中の宇宙人の意表を突くという戦法が行われた。

この映画は、敵対する宇宙人科学によって最新の軍艦ではが立たず、途中から旧世代の戦艦を使うなど、宇宙戦艦ヤマトを彷彿とさせるものがあった。そのせいか当該シーンを「戦艦ドリフト」と呼ぶことがある。

※正確には船舶の進路変更は全てドリフトである。

なお、宇宙戦艦ヤマト2199でのドリフト描写や、バトルシップでの描写による戦艦ドリフトの大元は

第2次世界大戦中かつての日本海軍水上機母艦秋津洲】が停泊時、襲を回避するため、連日の爆撃から航士が重爆の爆撃のクセを見抜き行った独自の回避行動。これは停泊中に襲を受けた場合に、両舷の錨を右舷側に偏らせ150mの所まで錨鎖を伸ばしておき、敵機が仰38度になった時に前進一杯を号すると艦が急速に右舷側に動いて回避できるという方法であった。

というものが元ネタであると思われる。#1(どちらも投錨効果による艦の急速転を行っているため。(秋津洲の場合は、停泊中からの退避行動であるが。)

#1旧ヤマトにおいては、強襲着陸を行った際は錨を使用せず惰性で曲がっているような描写であるが、艦が急速にその艦首方向を変える行為そのものがオマージュであるように思える。

 


関連動画



■sm5198939[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 16/11/11 02:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ