ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


把瑠都


ヨミ: バルト
掲示板をミル!
33カキコ!

把瑠都とは、エストニア共和国出身の元大相撲力士である。


概要


本名はカイド・ホーヴェルソン。大相撲初のエストニア出身の力士である。正式な四股名は「把瑠都凱斗」(ばると かいと)であるが、これは本名の「カイド」と、故郷であるエストニアに面している海洋バルト」を由来としている。入門したときは三保ヶ関部屋に所属していたが、現在尾上部屋に所属している。身長198cmという大きな体を活かした快な取り組みを得意としている。

初土俵は2004年5月場所であるが、そこからわずが12場所しか経ていない2006年3月場所に新入幕を決める。これは、大相撲史上2位タイというスピード出世である。この場所は北の富士以来43年ぶりの十両全勝優勝という快挙を達成した。その後、怪に悩まされたりもしたが、2008年11月場所には関脇昇進、2010年場所には大関に昇進した。ヨーロッパ出身の大関琴欧洲ブルガリア出身)に続いて2人大関昇進後は終盤にを落とすことが多く10勝前後の場所が続いていたが、2012年初場所は初日から14連勝、全勝は逃すも幕内での初優勝となった。翌場所は綱取りとなったが終盤を落とし10勝止まり。

場所では足の折して途中休場。初のカド番となった九州場所では2日に左足をケガしてしまいまたも途中休場、大関陥落となってしまった。大関復帰を懸けた2013年初場所も故障が癒えず8勝止まり。場所は再度膝を痛め途中休場、4年振りの幕陥落となった名古屋場所も全休し、場所の番付では十両にまで下がっていた。

そして2013年場所が始まる4日前の9月11日日本相撲協会引退届を提出した。

エストニア怪物」とされ、欧州出身初の横綱なるかと大いに期待された有望であったが、相撲からは粗さが抜けず怪にも泣かされ、未完の大器のまま土俵を去ることになった。


引退後


引退から2年が経過した2015年10月21日、年末に開催予定の格闘技イベントRIZIN」にて総合格闘としてデビューすることが発表された。

12月31日に行われたRIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 IZA(いざ)の舞にて、ピーター・アーツとのデビュー戦を行い、デビュー初戦を(判定勝ち)で飾った(当初はジェロム・レ・バンナと対戦が予定されていたが直前にキャンセルとなり、オファーを受けアーツが受諾した)

技術面の不安や巨体ゆえのスタミナ面など課題は多いが、巨体に似合わぬ俊敏な面も見せており、多くの力士り上げ、投げ飛ばしてきた界でも随一と言われた怪力武器に、今後の活躍が注されるところである。


政界へ


2018年に故郷エストニア国会議員すと宣言して帰し、2019年3月に行われた総選挙で初当選を果たした。


関連動画



■sm10242529[ニコ動]

■sm12577411[ニコ動]


関連商品


■dw567970
■dw66810
■dw66815


関連項目



最終更新日: 19/04/06 23:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ