ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


投手


ヨミ: トウシュ
掲示板をミル!
30カキコ!

投手ピッチャー)とは、野球ソフトボールにおいて打者に対してボールを投げる役割の選手である。守備番号は1。
英語ではPitcherと書く(略称はP)。


概要


他の野手とは用いる技術が大きく違う独立した存在であり、日本野球における形的存在である。それを裏付けるように日本野球漫画アニメ作品における役の大半は投手が務めており、また役以外でもメインキャラクター・敵キャラクターの多くに投手がクローズアップされている。

投手は一打者と直接対戦する選手であり、打者をる楽しさや快感は投手にしか味わうことができない。またプロ野球には最多勝や最優秀防御率など投手にしかない表タイトルが数多く有る。


投手の役割


大きく分けて投手のになう役割は投球・守備・打撃の三種類である。

ただしDH制のもとでは投手は打席に入らないため打撃はほぼ考慮されない。


投球


投球の目的

投手の行う最大の仕事である。ピッチャーマウンドから捕手に向かってボールを投げ、チーム勝利のために、打者に安打を打たせないこと、相手チームに点を与えないことを標とする。

打者を抑えるとはその打者からアウトを取ることであり、それには三振、ゴロ、フライなどの方法がある。投手は捕手と連携をとりながら試合状況に応じて打者をどのように抑えるのかを考え、時には三振を狙い、時にはゴロを打たせてアウトを取ろうとする。

投球スタイル

投手のを測る要素としてっ先にあがるのが球速である。これには日本ではキロメートル毎時(km/h)、アメリカではマイル毎時(mph) が使われる。

日本においては速いストレートを投げることが出来、それを軸に投球を組み立てる投手のことを速球と称することがある。こういった投手は打者を抑えこむために球にが要されるため、較的若い投手が多い。現役投手では藤川球児マーク・クルーンが速球として有名である。

また、優れた速球と変化球を併せ持つ万投手のことを本格投手とも呼ぶ。エースクラスの、奪三振の高い先発投手に対して使われる呼称だが、定義は割と曖昧である。

一方で多な球種や、キレや変化の鋭い変化球を多に操る投手のことを変化球投手、軟投と呼ぶ。速球が球のでねじ伏せるのに対し、軟投は球種の多さと制球で打者の狙いをはずすことにより抑えると言える。

また制球や投球術を駆使して、三振を奪うよりもゴロやフライを打たせることで打者を抑える投手のこと技巧と呼ぶ。軟投同様、直球の威が高くないのを頭的な投球でカバーするタイプである。

年齢と共に球速は落ち、球のくなっていくので、自然と本格・速球投手は技巧・軟投投手へと変化していく。またその変化に上手く対応できた投手が長く活躍することが出来ている。

コントロール

球を狙い通りの場所に投げる制球コントロール)と言うが、プロであっても自由自在に狙ったところへ投げ込めるわけではなく、特に球の速い投手ほどコントロールは乱れやすい傾向にある。球を速く投げるためには腕をそれだけ素く振らなければならないが、そうすると決まった位置へ投げ込むためのポイントを通る時間は、ゆったりとした腕の振りのときよりも短くなるためである。

コントロールが定まらず球があっちへこっちへいくことを「荒れ球」と言い、そういった投手のことを「荒れ球投手」と呼んでいる。似たような言葉に「ノーコン投手」があるが、微妙ニュアンスは異なる。ノーコンの場合はまったくストライクが入らず四球を連発する状況に陥るが、荒れ球は球が乱れはするものの必要なストライクをとることが出来るイメージである。荒れ球は投手自身にもどこにボールがいくか分からないため、打者が次に来る球の狙いを絞りにくいと言う利点もあり、特にストライクが来ることを読んで行われるエンドランなどは荒れ球投手相手には仕掛けにくいと言われている(荒れ球を武器として使っていた投手として有名なのが、ヤクルトスワローズ時代の石井一久である)。

逆に優れた制球のことを、狙い通りの場所に投げることができると言う意で「針のを通すコントロール」と呼ぶが、これは元プロ野球選手殿堂入りもはたした小山正明氏が元祖であると言われている。その他にも制球に優れた投手へよく使われる異名が「精密機械」であり、北別府学小宮山悟グレッグ・マダックスなどがその持ちとしてよく知られている。

打者のか手前でワンバウンドしたり、捕手が腕を伸ばしても届かなかったり、通常捕手が抑えられる範囲の外へ投手が投球することを暴投ワイルドピッチ)と言うが、やはりコントロールに難がある投手に多く見られる。現役投手ではシーズン25暴投、1試合5暴投のプロ野球記録を持つ新垣渚があまりにも有名であり、一部では彼の代名詞ともなっている(ARAKAKIを参照)。それ以前はシーズン20暴投のセリーグ記録(新垣更新するまではプロ野球記録)を持つヤクルト時代の石井一久も有名であった。

投手交代に関するルール

先発投手は打者一人をアウトにするか、塁に出すかしなければ交代することは出来ない。そのため一回の表の攻撃で先発投手に打席が回ってきたとしても代打を出すことは不可能である。 救援投手は前の投手から交代した時点の打者、またはその代打アウトにするか、その打者を塁に出すか、またはスリーアウトをとってチェンジにするまでは交代することは出来ない。

ただし怪など不測の事態が起こった場合はその限りではない。

また同じ投手の下へ監督コーチがいけるのは1イニングに1回のみであり、2回その投手のもとへ言ったときには投手を交代しなければならない。

投手が別の守備位置に変更になった場合、同一イニング内では投手に戻る以外の守備位置変更はできない(高校野球に限り一度だけ可)。また、この方法で再度投手に戻った場合、さらに別の守備位置に変更はできない。つまり、「投手→一塁手→投手」は可だが、「投手→一塁手右翼手」や「投手→一塁手→投手→一塁手」は不可能となる。高校野球では「投手→一塁手右翼手」が可となる。
ちなみにプロ野球史上一度だけ、1964年8月22日秋山登(元大洋)が「投手→左翼手一塁手→(次の回)投手」という複数守備位置変更を経験している。(だがイニングをまたいでいないので本来は上のルールにひっかかるはずである。審判が失念していたのか、今となっては不明)


守備


フィールディング

投手は投球を終えると同時に他の野手と同様に打球を処理する必要を持ち、このことから投手のことを「九人の野手」とも呼ぶ。ピッチャー前のゴロやマウンド付近への小フライは投手の守備範囲であり、特にバントの素い処理は投手にめられる重要な要素である。

一方で他の野手がカバーできる範囲の打球の多くは彼らが処理することが多い。これは投手の打球処理にかかる負担の軽減と、打球処理が本職の野手に任せたほうが安心できるという意味合いがある。特にフライの場合は、マウンド付近の飛球でも野手が捕ることが多い。

また投手に向かって飛んでくる強いライナー性の打球を「ピッチャー返し」というが、これは投手にとっては怪の原因となりやすい危険な打球である。投球後身体のバランスが崩れていると反応できないため、投手には投球後できる限り速く守備の体勢に入ることがめられる。

ベースカバー

一塁手が打球を追って一塁ベースを離れた際に、そのベースカバーに入るのも投手の役である。この時打者走者と一塁ベースまで競争になるので、ベースカバーが遅いと出塁を許してしまうことになる。投手は打球を判断し、速やかにベースカバーに向かわなければならない。右方向にゴロが飛んだ場合は(たとえカバーが必要でなくても)カバーへ向かうのが基本である。

他にも外野から三塁への送球が行われるときには、ファールグラウンドで送球がそれた際のバックアップを行わなければならないし、ランナー三塁のときに暴投・捕逸によって走者が本塁突入を試みてきたときにはホームカバーに入り、捕手からの返球を待ってランナーへのタッチを試みなければならない。

牽制球

塁に出たランナーを塁上に釘付けにするため、もしくはそのランナーをアウトにすることを的として行われる。投手の行う牽制は厳格なルールが定められており、そのルールに従わず牽制球が行われた場合はボーク(反則行為)がとられ、全てのランナーにテイク・ワンベース(1個の安全進塁権)が与えられる。ただしアメリカ日本ではボークの基準が多少違うらしく、メジャーマイナーからやってきた投手が来日後まもなくの間そのギャップからボークを頻発することなどが良く見られる。

牽制ではそうそうアウトを取れるものではないが、打者に打たれる危険性を冒さずにランナーを殺すことが出来るため上手く牽制死させた時の効はかなり大きい。しかしながら送球の可性もあるため、駄に牽制を多用することも危険をはらんでいる。

また打者の打ち気を外したり、マウンドで間を取るために牽制を行うことも多い。そのあたりもバッテリーと打者、あるいは走者との間の駆け引きのひとつである。

クイックモーション

上記の牽制球同様、盗塁阻止するために行われる。投球のモーションを小さくすることにより、捕手のミットにボールが届くまでの時間を短縮する。これにより走者が盗塁企画したとしてもアウトになる確率が高くなり、スタートが切りにくくなる。

一方で通常の投球と異なるメカニズムで投げるため、いつも投げているボールよりスピードや制球が落ちることが多い。クイックモーションが上手い選手は久保康友(現DeNA)などが挙げられる。

他ポジションの守備に就く投手

学生野球などではマウンドを降りた投手が他の守備位置に就くことが良くあるが、これは一度試合から退いた選手はその試合に戻ることが出来ないためである。特にエース投手とそれ以外の投手にレベルの差がある時などにとられる措置であるが、その他にも別のポジションで疲労回復に努めさせたり、左打者へのワンポイントなど有利な打者に対して投げさせるためなどの理由がある。

一方、現代のプロ野球ではレベルの高い選手がっていることや投手分業制が確立していることから、守備に不安を残したり、その投手に怪の危険性を生じさせてしまうような措置はあまりとらないようである。
かつて先発投や連投が当たり前だった時代には、左のワンポイントと一時交代する例なども見られたが、その場合は一塁手であったり、左のプルヒッター相手ならまず打球の飛んでこない三塁手左翼手を守っていた。なおDH制の試合で一時退避を使用するとDHは解除されてしまう。

しいところでは野村阪神時代に「遠山葛西遠山葛西」という方程式があり、左右の横手投げ投手を活用するために、片方が登板するときにもう片方が一塁手をするという継投がとられることがあった。これはチームリリーフ層が薄いという事情もあっての苦の策であった。

なお、プロ野球の選手登録上が投手であろうとも野手であろうとも、特に守備位置に対する制限はない。例えば嘉勢敏(元オリックス)は外野手登録のまま投手として出場していた。外国人が投手と野手とで別々に設けられていた時代には、内野手登録のフェリックス・ペルドモ(当時広島)が投手出場して物議を醸したこともある。

また、ベンチ入りの野手を使い切った状況で退場者が出てしまった場合、他に選手がいないので投手が野手のポジションを守らざるを得ないという事もある。最近の例では2010年9月9日西村憲(当時阪神)が外野を守る羽になった。しい例では、1991年オールスターゲームにおいて、全パの野手を使い切ったところで負傷者が出てしまい、工藤公康(当時西武)が左翼手を守っている。


打撃


投手の打撃

学生野球ではいわゆる「エースで4番」と呼ばれるような存在が居り、そこまでいかずともクリーンアップを打つような投手はしいものではない。甲子園に出てくるような高校エース投手は身体が高く、バッティングでも非な才を持っていることが多いためである。そのため高校時代は投手として活躍しながらも、プロ入り後に野手に転向し成績を残した選手は数多い(イチロー松井稼頭央なども学生時代は投手である)。

しかしながらプロ世界において投手の打撃と言うのは通常期待されるものではなく、ほとんどの場合一番打席が回ってきにくい9番に打順を置かれる。これは全体的なレベルが高くなってくるため投手は打撃練習に時間を取るよりも、投球技術を磨くことに時間をかけた方が良いとされているためである。そのため投手は作戦バントをする機会が多く、打撃よりも如何に上手くバントを決めることが出来るかの方が重要であるという意見もある。

このように投手はアウトが計算できるものとされているが、それゆえに投手に打たれることのダメージは大きい。中には野手顔負けのバッティングセンスを発揮する投手も居り、そういった投手には野手に対するかのような攻め方がされることもある。二刀流大谷翔平が代表例だろう。さらに打撃を見込まれ坂(2000年西武時代)や川上2009年アトランタ・ブレーブス)が代打として起用された稀有な例もある(ちなみに坂はセンター前の2点適時打、川上は2回の代打機会で共に三振である)。

打撃が良いと言われる投手

現役・OB交えて列記する。打撃という観点から見るためセ・リーグ出身の選手が多い。大谷翔平に関しては、入団当初から投手と野手の二刀流で出場している。

投手の通算本塁打歴代1位金田正一の38本。通算打点1位は別所毅232打点


走塁


打撃の項でも書いたが投手の最大の仕事は投球であり、打撃ないし走塁は付随的な要素であるため走塁練習に時間を取ることも少なく、また怪の不安もあることからあまり理な走塁はさせないようである。

投手が塁に出た時にウインドブレーカーを着るときがあるが、これはによって肩を冷やすのを防ぐため、また擦り傷による腕の負傷を防ぐために、投手のみ着用が認められているのである。

またしい例としては、2009年6月2日千葉ロッテマリーンズ小林宏之が投手でありながら代走として起用されることがあった。これは野手を全て使い切ったために投手の中で最も足の速い小林が抜されたのである。他にも須永山本省吾などが試合中に代走で起用されたことがある。


投手の分類



利き腕


右投げ/左投げ(サウスポー)


次へ»
最終更新日: 19/05/12 12:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ