ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


抗がん剤


ヨミ: コウガンザイ
掲示板をミル!
5カキコ!
医学記事 【ニコニコ大百科 : 医学記事】
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

抗がん剤とは、悪性腫瘍(がん)の増殖を抑えるである。


概要


悪性化して増殖に際限がくなっているとはいえ、悪性腫瘍DNAを利用して細胞分裂し増殖する基本的なシステムは通常の細胞と共通している。多くの抗がん剤は、この増殖システムを阻することで抗がん作用を示す。ただ正常な細胞システムが共通しているがゆえ、がん細胞以外にも悪影を及ぼして数々の副作用を引き起こす。特に細胞増殖が速い髄や消化器、体毛に悪影が出やすい。

このようにリスクも多い従来の抗がん剤に代わり、がん細胞へ特異的に作用するよう設計された分子標的治療というも開発されている。副作用軽減が期待されたが、残念ながらこちらも重篤な副作用も少なくないのが現状である。また治療費が高額になる事が多い。

免疫を強化する「インターフェロン」「インターロイキン」などの物質を利用した免疫療法も模索されている。また、ホルモン依存して増殖するがんや前立腺がんなどの場合は、ホルモンと拮抗したりホルモン分泌を抑えたりすることで抗がん作用を示すホルモン療法も利用される。

抗がん剤は基本的に多剤併用で用い、その組み合わせによって様々な悪性腫瘍に使われる。


アルキル化剤



ナイトロジェンマスタード系


DNAアルキル基を導入してDNA内に架を形成することでDNA合成を阻する。

初めて作られた抗がん剤で、開発のきっかけは第一次大戦に遡る。ドイツで農開発中に発見されたガスマスタードガス」(ポケモンマタドガス元ネタ)が第一次大戦で猛威を振るい、各マスタードガス及びそれを良した新兵器の開発を行った。

1943年、イタリアドイツ軍爆を受けたアメリカ海軍は、輸送船から流出したマスタードガスに被爆し大勢の犠牲者を出した。死亡のピークは被爆直後と8~9日後の二峰性を示し、後者死因血球の大幅な減少による感染症だったことから、アメリカ陸軍はマスタードガス及び開発中ナイトロジェンマスタード突然変異を引き起こすがあると考えた。

これを基に開発されたのがシクロホスファミド(商品名:エンドキサン)という抗がん剤で、現在も多く用いられている。体内で代謝されて効果を示すのだが、同時に生じるアクロレインという代謝物が出血性膀胱炎の副作用を引き起こすため、メスナ(商品名:ウロミテキサン)という解毒薬を用いる。元がガス兵器なので気化しやすく、閉鎖系器具で調整する。

ちなみに終戦直後の日本でもナイトロジェンマスタード系の抗がん剤が開発されていたというからびっくりである。

他にもイホスファミド(商品名:イホマイド)や、ブスファン(商品名:ブスルフェクス)などがある。


ニトロソウレア系


尿素水素窒素に置き換わった「ニトロソウレア」構造を持つ。に移行するため脳腫瘍によく用いられる。ラニムスチン(商品名:サイリンニムスチン(商品名:ニドランなどがある。


代謝拮抗薬


DNAの原料になる基などの構造に類似しており、代わりに取り込まれることでDNA合成を阻する。細胞周期の中でもDNA合成を行うS期に作用を発揮する。


プリン拮抗薬


メルカプトプリン(商品名:ロイケリンがこれにあたる。プリン基にそっくりだが、構造内に硫黄(=メルカプト)が導入されている。高尿酸血症に用いられるキサンチンオキシダーゼ(プリン尿に代謝する酵素)阻剤は血中濃度が上昇するため併用禁忌。


ピリミジン拮抗薬


ピリミジン基であるウラシルの水素フッ素に置換(フッ化=fluoro-)されているフルオロウラシル(商品名:5-FU)が有名。チミジル合成酵素を不可逆的に阻する。体内でフルオロウラシルに代謝されるテガフールとウラシルの合剤(商品名:ユーエフティテガフールの代謝を抑制し作用を上げるギメラシル、副作用の消化器症状を善するオテラシルとテガフールの合剤(商品名:ティエスワンがよく用いられる。

葉酸[画像を見る]

口腔内の毛細血管に到達すると酷い口内炎を引き起こすので、予防のため氷を口に含んで血管を収縮させる「クライセラピー」が行われる事がある。

DNAの合成には活性化された葉酸が必要となるので、活性葉酸製剤のホリナート(商品名:ロイコボリン)を併用することで抗がん作用をより強めることができる。

DNAポリメラーゼを阻するタラビン(商品名:キロサイドという剤もある。

葉酸拮抗薬

メトレキサート[画像を見る]

前述の活性葉酸合成を阻することでDNA合成を阻するメトレキサート(商品名:リウマトレックス)がこれにあたる。こちらにホリナートを併用するとその作用・副作用が軽減される。性条件で結晶化しやすくなるので、フロセミド、チアジド系利尿薬など尿性化させるの併用は避けなければならない。

ウマトレックスという名の通り、メトレキサートは抗がん剤以外にも抗リウマとしても使う。

白金製剤

カルボプラチン[画像を見る]

構造内に白金(Pt)を含み、DNAと架を形成してDNA合成を阻する。シスプラチン(商品名:ブリプラチン)が有名。副作用として吐き気が多く、吐き気止めの5-HT3遮断などを併用して用いる。

また金属を含む製剤の宿命として腎臓を悪くすることがあるので、利尿薬や大量の輸液の投与を行う。生理に溶かさないと効果が減弱するという欠点もある。

カルボプラチン(商品名:パラプラチン)オキサリプラチン(商品名:エルラットなど、新しい白金製剤は副作用を軽くする、生理以外に溶かしても良いようにするなどシスプラチンの弱点を補うように開発されている。吐き気止めの開発も進んでおり、入院が原則だったシスプラチンなどの抗がん剤が外来で使用できるようになっている。


抗がん性抗生物質


生物が産生する抗生物質は通常抗菌薬として用いられるが、抗がん作用を示すものがある。

ドキソルシン(商品名:アドリアシンアントラサイクリン(商品名:ダウノマシンなどは基対の間に入り込んでくっつく事により転写を阻する。代謝されると活性酸素を生成して不整脈などの心筋障を示す。

レオマイシン(商品名:ブレオは逆に活性酸素を発生させ、DNA鎖を切断することで効果を示す。副作用として間質性肺炎(悪化すれば死ぬことも)がある。


分子標的治療薬


標のがん細胞に特異的な構造を認識して作用する抗がん剤。抗体を利用した物が多い。昔はマウス由来の抗体が使われていたがアレルギー反応が出やすいため、ヒト由来の抗体に近づけるよう開発が進んだ。現在ヒトの抗体を産生する遺伝子を導入することで、マウスからヒト抗体の製剤が作れるようになった。

ゲフィチニブ[画像を見る]

分子標的治療副作用がない夢のかのように報道されることもあったが、実際はそうではなかった。ゲフィチニブ(商品名:イレッサ)は日本世界で初めて承認したが、発売から三ヶ後に死亡例を含む副作用報告が上がり、その後大きな裁判に発展した(個別記事を参照のこと)。

リツキシマブ(商品名:リツキサン)ヒトBリンパ球のCD20リンタンパクを標的にしており、B細胞性非ホジキンリンパ腫に用いられる。抗がん剤でトップの売上高を誇る大ベストセラーであり、全医薬品の中でも5本のに入る。

関連商品

■az4796523561
■az4260027794


関連項目



最終更新日: 19/09/13 22:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ