ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


持将棋


ヨミ: ジショウギ
掲示板をミル!
21カキコ!

持将棋とは、将棋ルール(引き分け)である。


概要


将棋は駒の特性上(前進できない駒はないが、後退ができない駒(歩兵,香車,桂馬)や前進とべるとが落ちる駒(将,将,成金)が多い)、王将(玉将)が相手に入ると詰ますのが難しく、その結果両方の王将が入玉するケースがある。その際の決着をつける為に24点法、27点法、トライルールがある。24点法で双方が24点以上となった場合に持将棋となり引き分けとなる。

入玉の例(第2回電王戦第4局 塚田泰明九段(後手) 対 Puella α(先手)の139(9三玉))
先手玉が入玉(相手(自から見て3段以内)に到達)

▲成桂
[画像を見る]
[画像を見る]
[画像を見る] [画像を見る]
[画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る]
[画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る]
[画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る]
[画像を見る] [画像を見る] [画像を見る]
[画像を見る] [画像を見る]

持ち駒
先手将2,桂馬1,歩兵8
後手:将1,桂馬2

点数
先手:38点
玉将(0点),龍王1(5点),2(10点),将4(4点),将1(1点),成1(1点),桂馬1(1点),成1(1点),香車1(1点),歩兵14(14点)
後手:16点
王将(0点),龍王1(5点),将2(2点),桂馬2(2点),成香3(3点),歩兵2(2点),と2(2点)

なお、プロ公式戦では24点法(電王戦含む)が、引き分けが発生すると困るようなケース(アマチュア棋戦など)では27点法が、またその分かりやすさから最近はトライルールを採用することもある。


24点法(27点法)


盤上と持ち駒で24点(王将0点,飛(龍王)と行()5点,その他の駒1点)として数えて24点に到達していない方が負け、双方が24点に到達で引き分けとなる。27点法では先手番が28点到達で勝ち、後手番は27点到達で勝ちとなる(駒の合計点数が54点の為、必ず勝ち負けがつく)。
身近な所では81-Dojoが27点宣言法をアプリケーションに組み込んでおり、条件を満たした時に勝ち宣言ボタンを押すことで勝利となる(世界中からアクセスがあり、言葉が通じない事もある81-Dojoに向いていると言える)。

持将棋の例(塚田泰明九段 対 Puella α)双方が24点以上の状態で塚田泰明九段から持将棋の提案が行われ、Puella α(厳密にはPuella αに持将棋を受ける機がなかった為、規定に基き開発者の伊藤英紀さんが提案を受け入れた)も同意し持将棋となった。

[画像を見る] [画像を見る] [画像を見る]
[画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る]
[画像を見る] [画像を見る]
[画像を見る] [画像を見る] [画像を見る]
[画像を見る] [画像を見る] [画像を見る]
[画像を見る] [画像を見る]
[画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る] [画像を見る]
[画像を見る] [画像を見る]

持ち駒
先手将3,将1,歩兵1
後手:行1,将1,桂馬2,香車1,歩兵3

点数
先手30
玉将(0点),龍王1(5点),1(5点),将3(3点),将2(2点),成1(1点),成2(2点),成香1(1点),歩兵5(5点),と6(6点)
後手:24点
王将(0点),龍王1(5点),行1(5点),将1(1点),将1(1点),桂馬2(2点),香車1(1点),成香2(2点),歩兵3(3点),と4(4点)


トライルール


王将先手は5一(後手は5九)に相手の駒が効いていない状態で到達すれば勝ちとなるルール
身近な所では将棋ウォーズが採用している(10分(3分)切れ負けルール将棋ウォーズに向いていると言える)。

トライルールの例(先手は次に5一に飛び込めば勝ちとなるが、後手は5九に駒が効いているのでトライはできない)


次へ»
最終更新日: 13/04/16 01:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ