ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


指名打者


ヨミ: シメイダシャ
掲示板をミル!
53カキコ!

指名打者Designated Hitter、略称DH)とは、野球の試合において投手に代わり打席に立つ、打撃専門の選手のこと。


概要


野球は1チーム9人で行われるスポーツであり、攻撃の際には9人が打順表に書かれた順番通りに打席に立ち、守備の際には9人各々が打順表に書かれた守備位置に立つ。そのうち他の8つとべて負担が大きく特殊な守備位置といえるのが投手であり、打撃に関しては期待されないことが多いばかりか、負担軽減のためにわざと打撃の気を見せない戦略すら当然のようにみられる。

このように、投手が打席に立つとアウトになることが多い状態であったことから、1928年に「投手を打席に立たせず、その代わりに10人の選手を打席に立たせる」というDH制のルールが提唱された。当時は却下されたものの、その45年後、極端に投高打低状態だったアメリカンリーグ1973年から採用。これを参考に、日本では1975年からパ・リーグが採用し、その他日本大学野球社会人野球、各野球リーグ際大会でもDH制が採用されるケースが増えている。

DH制を導入していないプロ野球リーグとしては、MLBナショナルリーグ日本セ・リーグなどが存在する。日本では少年野球高校野球もDH制を採用していない。


特徴


DHは一切守備につくことがないという特性から、守備が拙いが打に秀でた選手に起用される。例えば、打撃のみの助っ人外国人や、加齢や故障によって守備が衰えたベテラン選手の起用が多いほか、普段は守備についている選手が軽度の負傷により負担軽減としてDHで起用されるケースもある。

このように、DH制がなければ出場することが出来なかった選手が、その恩恵を受けて負担を抑えて出場することができるのはDH制の利点であると言える。その一方、「守備に就かないとリズムが作れない」とDH起用を嫌がる選手もいる。

なお、DH制は野球にあまり興味がない人から見ると戸惑いやすいルールと言われている。これには、以下のような理由があると思われる。

  1. テレビ放送の多いセ・リーグ高校野球がDH制を採用していない。
  2. 野球を題材とした漫画アニメはだいたいDH制のないルールが描かれているため。
  3. DH制が、9人で打って守るという本来の野球の原則から外れた特殊なルールであること。

つまるにDH制のメディア露出が少ないことや、打つだけや投げるだけの選手の存在に染めないことなどが、指名打者に対する戸惑いを生んでいるのだろう。


DH制の有無によるスタイルの違い


DHの有りしでの最大の違いは投手の打席があるかないかである。プロレベルの場合、通常投手の打撃は野手にべ格段に落ちるもので、打率は1割台で普通、2割も行けば文句なしというレベルである。それにかわってDHとして出る打者は前述のように打撃に秀でた選手が出ることが多いので、打率にして3割前後、また長打に関しては投手とはべ物にならないだろう。

そのためDHのあるパ・リーグ投手(特に先発投手)の投球成績は、セ・リーグの投球成績にべて幾分プラスして考えると言うのは野球ファンにとって暗黙の了解となっている。……のだが、近年は球界を代表するエース格の投手パ・リーグに集まっているため、投手タイトルパ・リーグの方がハイレベルな争いになることが多い(リーグ全体を均するとやはりパ・リーグの方が防御率が悪いのだが)。

投手の投球内容にもDH制がかかわってくると言われている。DHい場合は、投手が好投していたとしても試合の内容によっては代打を使わなければいけないのは良くあることである。しかしDHがあれば投手の代え時は、その投手の投球内容だけで判断することが出来る。

このことからセ・リーグでは中継ぎ投手がより育ちやすく、パ・リーグでは先発投手が育ちやすい土壌であると俗に言われている。

つまりDHしであれば、どこで投手代打を出すのか、さらにそれに絡んでくる投手の継投のタイミングが最大の悩みどころであり、監督の采配の見せ所である。一方DH制での野球はより分業が成された形から、より個々の選手の優れた部分のパフォーマンスを見ることが出来るスタイルであると言える。


DHの交代


先発出場した指名打者は原則として、最低でも1打席を了しなければならない(ただし、相手投手が指名打者の第1打席より先に降した場合、および怪プレーの続行が不可能になった場合を除く)。

このルールが設けられた1982年阪急ブレーブス上田利治監督が、5番DHに偵察メンバーとして投手山沖を入れてしまい、代打を出せず山沖が打席に立つ羽になる、という事があった(結果は三振)。

またオリックス・ブルーウェーブに所属していたトロイ・ニールは、1998年5月15日ダイエー戦で4番DHとして出場したが、試合開始前からひどい下痢に見舞われ、交替を申し出たものの上記のルールで交替できず、腹痛をこらえながら打席に立ってホームランを打ち、全速ベースを一周してそのままトイレに駆け込んだ。

最近では2011年5月20日交流戦広島東洋カープ野村謙二郎監督が7番DH投手今村猛を入れてしまうという事件が起きた(関連動画参照。結果は犠打)。

2014年11月24日に行われたオリックス・バファローズファン感謝イベントにおいて、選手が本来のポジション以外で守備をする「リアル野球対抗戦」が行われた。先発ピッチャー安達了一T-岡田であった。もちろん、互いのチームDH投手である。2回裏(イベントの都合上2イニングまでとなった)、安達了一から齋藤俊雄ピッチャー交代となった。犠牲フライサヨナラの場面、監督岸田護DHに入っていた投手に代わり、先発ピッチャーであるT-岡田代打起用した。結果としてT-岡田犠牲フライを放ち、チームに勝ちをもたらした。負けたチーム監督である平野佳寿はこの選手交代が成立するのか審判に確認したが、審判は上記のように先発投手がすでに交代了している場合はDHに1打席義務はないことから、代打T-岡田は成立するとした。


1打席完了後の交代


なお、1打席を了したあとはDH自由に交代することができる。ただし、DH打順が固定されており、多様な交代によってDH打順を変更することはできない

つまり、DHと野手の守備位置を交換することはできない。また、DHの選手に出した代打や代走は、そのままDHに入ることになり、守備に就くことはできない(下記のようにDHを解除した場合を除く)。


DHの放棄


DH制で行われている試合でも、DHを使うか使わないかは各チーム自由である。ただし、一度DHを放棄した試合で試合途中からDHを使用することはできない。そのため、使わなければ自チーム一方的に不利になるだけであり、通常は両チームともDHを使用する。

プロ野球2軍社会人野球などの場合、怪人が続出した場合に選手が足りなくなり、やむを得ずDHを最初から使用しなかったり、途中で放棄するということもある。


試合開始時からDHを放棄する場合


日本プロ野球公式戦において、例外的にDHを最初から放棄したケースは以下の2つが挙げられる。

また、オープン戦においてセ・リーグDHなし)とパ・リーグDHあり)の球団が試合をする場合、シーズンに備えてセ・リーグの球団がDHを使わずに投手を打席に立たせることがある。


試合途中でDHを解除する場合


DHは試合途中で解除することもできる。このとき、選手がひとりベンチに退き、以降は9人で試合を戦うことになる。

これはそれほどしいものではなく、延長が進みDHを解除してももう投手まで打順がめぐって来ないときなどにDH解除の措置がとられることがある。また、交流戦が近かったりシーズン終盤だったりしたときに大差がついた場合、交流戦日本シリーズに備えてDHを解除して守備につかせてみることもある。

試合途中でDH解除となるのは以下の4つのケースである。上述の通り一度DHが解除されると、再びDHを使用することはできない。

  1. DHが守備に就く場合
    • 任意の打順投手が入り、その打順にいた野手がベンチに退く。
      • DH投手になる場合は、その選手の打順はそのまま、登板中だった投手ベンチに退く。
      • なお、上述の通りDH打順は固定されているため、代わりに別の選手をDHにすることはできない。
  2. DHに代えて、登板中の投手代打・代走に出す場合
  3. 登板中の投手が他の守備位置に移動する場合
    • 登板中の投手が任意の打順に入り、その打順にいた選手がベンチに退く。
    • 次の投手も任意の打順に入り、その打順にいた選手がベンチに退く。
      • または、出場中の野手が次の投手になることもできる。
    • このとき、退く選手はDHでなくてもよい。その場合は、DHだった選手は守備に就く。
  4. 出場中の野手が投手になった場合

野球ゲームにおける扱い


ただし、野球ゲームなどではDH放棄・解除のルールが採用されていないものもある。

実況パワフルプロ野球シリーズでは、2016年度版の途中まではDH放棄が不可能だったが、リアルイベントゲストとして呼ばれた大谷翔平から摘され、後日のアップデートによりDH放棄が可となった。2018年度版以降もDH放棄は可な様子である。


ソフトボールでは


ソフトボールでもかつてDHが存在したが、野球と違い投手に限らず任意の野手の代わりとして打席に立つことができた。また、全に打撃専門で、リエントリー(スタメンは一度交代でベンチに退いても再出場できるというソフトボールルール)が不可能であった。

2002年ルール正され、これによく似た名選手(DP制に変更となった。打撃専門の選手をDPDesignated Player)、守備専門の選手をFP(Flex Player)と呼ぶ。

FPがDPの代わりに打席に立つことができる、DPが守備につくことができるという点ではDHとよく似ているのだが、最大の違いはDPがFP以外のプレイヤーの守備位置につくことができるという点である。具体例で説明すると、DP二塁手の守備につくことができ、もともとの二塁手は打撃専門として引き続き出場することとなる。なお、こうなった場合でもDPが他の選手に交代したというわけではなく、代わりに打撃専門となった選手は打撃専門選手(OPO: Offensive Player Only)と呼ばれる。また、DPはリエントリーが可である。

また、DPはFPの守備を兼任することができる。この場合FPは試合から退き、9人で試合を続行することになる。同様にFPがDPの打撃を兼任することもできる。この場合DPは試合から退き、DPのいた打順を引き継いてFPが打撃を行うことになる。OPOの打順を引き継ぐことは認められない。

FPは他の野手と守備位置を交代することもできる。この場合DH制と異なり、DP/FPを解除する義務はない。


DHでベストナイン経験のある選手


2018年終了時点)

ア行 カ行 サ行
タ行 ナ行 ハ行
マ行 ヤ行 ラ行
ワ行

関連動画



■sm14506752[ニコ動]


関連商品


■az4167309017
■azB0017LIL9S


関連項目



次へ»
最終更新日: 19/03/20 23:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ