ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


振り駒


ヨミ: フリゴマ

振り駒とは、将棋における作法の一つである。

将棋手の際、先後を決定するために歩兵を振り、盤上に落としてその表・裏の枚数を数えること。


概要



歴史


振り駒のはじまりは、初代伊藤宗看と檜垣是安の対局とされている。この頃は、余った1枚の歩兵の駒を振って先後を決めていたと思われるが、第一回名人戦の頃には振り駒に使われる歩兵の駒は5枚になっていた。但し、第2回名人戦の時に、立会人であった関根次郎が3枚で振り駒を行おうとした逸話もあり、これ以前は、奇数枚の歩兵であればよいという考えだったようである。


手順


上手、下手、いは立会人が盤上に並べられたうちの5枚の歩兵を振り盤上に落とす。落とした際、表の数と裏の数をべ表の数の多い方が、先手となる。


関連項目



最終更新日: 19/08/21 00:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ