ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


撮り鉄


ヨミ: トリテツ
掲示板をミル!
1502カキコ!

撮り鉄[とりてつ]とは、「鉄道ファン」の中でも、とりわけ列車写真撮影(画像・動画記録)行為を趣味とする層の総称である。


概要


乗り鉄」などと並び称される、鉄道ファンの大きなカテゴリーの一つ。鉄道ファンの多くをこの撮り鉄が占めると言っても過言ではないほど、そうカテゴリーされるであろう人口は多い。

文字通り、鉄道の思い出を写真・画像・動画などとして残しておこうとする層で、鉄道車両を中心に、構内や線路沿いの風景など、鉄道に関する風景を撮影するのがその活動内容構内でカメラ携帯端末などの画像記録機器を構えている人がいたら、たいていその属性保持者だと認識して差し支えない。
また撮り鉄の場合は、間の線路、人里離れた山辺や山から線路が見通せる場所など、一般人はまず行くことのないような場所にも赴いて、鉄道の勇姿を写真に留めようとしている者も多い。でも見られる構内からの眺め(≒「撮り」)と異なり、鉄道を他の地域の風景と絡めて捉えたこれらの画像は、鉄道ファンにとって後世の重な資料となりうるため、実際に足を運んだ人の撮影品は重宝される。
こうして鉄道の魅写真に捉え、他者が撮った写真と共にその趣や技巧を楽しむのが(本来の)撮り鉄である。

なお、撮影のみを的とするいわゆる「撮り専」はそれほど多くはなく、鉄道での優情を楽しみながらの記録であったり、通勤通学の行き帰りや用務先などで、その路線や車両頭などの顔ぶれ・色が少しずつ変わりゆく内容、「予習」や「予定調和」なしにたまたま見かけた列車などを、折々であったり、日々であったり、その差はあるかもしれないが撮影(記録)することを行う層がメインである。


悪質な撮り鉄


このように魅に溢れ、実際活動が盛んなのが撮り鉄だが、昨今ではそのマナーの悪さが批判されている。鉄道がまず人々の交通手段であるということを差し置いて、撮影行為に熱中する余り、一般客や他の鉄道ファン、そして鉄道関係者に迷惑を働くことが顕著になっているからである。

そもそも、構内や線路沿いをな活動場所とする撮り鉄の場合、その活動が鉄道の運行や一般客の利用に悪影を及ぼすことが多いため、ことさらマナーに気を遣い、周囲への迷惑を常に考えて行動する必要がある。
しかし、そういった気遣いが出来ないばかりか、自分達の撮影行為を最優先として、鉄道本来の顧客である一般客の利用を妨したり、あまつさえ罵を浴びせたりもするケースが近年増加している。
一例としては、ホームに殺到して駅員や客に「どけ!」「撮影の邪魔だ!」と集団で恫したりたまたま列車が通過する際に線路軽トラで乗りつけた農耕などに「オイオイオイオイ!」「フザケンナコンナロージジイ!」と罵を浴びせたりといったものである。これらは鉄道ファンの間ではに「大会」と呼ばれ、忌み嫌われている。

このように、悪質な撮り鉄の活動は広く批判されているばかりか、その様子を撮影した動画テレビニュース番組やワイドショーで取り上げられ、今やネットに触れない層にまでもその悪評が広まり、より鉄道ファンへの悪印を強くする始末なのであるが、残念ながら撮り鉄の態度は一向に善されることはなく、日々その傍若人な態度が話題になっている。

なぜ、マナー違反が起きるのか

鉄道は「公共交通機関」であり、自分達の迷惑行為が、ときに他の客にとって取り返しのつかない重大な事態を招きかねない、という当たり前の事実を、自覚できていないどころか、わざわざ教えられても理解できないタイプ人間が、残念ながら撮り鉄には多いと言わざるを得ない。そもそもこういった行為を迷惑行為かもと考える想像ないのである。

そして、後述するとおり、特に鉄道ファンには独特の言い訳があり、例えそれが世間とズレていても、それをズレと認識していないので、モラルハザードとその深刻化を招きやすい。

近年になってその迷惑ぶりが広く注されるようになったのは、インターネットの発達などにより、撮り鉄同士・仲間内での情報共有がより密になったことが一因となっている。かつてのようにフィルムカメラで撮影したものを現像して雑誌に投稿しなくとも、今や携帯カメラで撮影したものをネットアップするだけで容易に共有したり、オンライン鉄道趣味誌の速報系ページ投稿することが可になり、撮り鉄の「敷居」は下がった。その一方、しい車両の運行情報(例:「ドクターイエロー」など)や、優れた撮影ポイント情報リアルタイムで広まりやすくなったことで、構内やある線路の撮影場所に、従来以上の人数の撮り鉄が殺到するようにもなってしまった。つまり、マナーをわきまえない撮り鉄が増加し、それらが一箇所に集中しやすい状況が出来てしまったことが、近年の撮り鉄のマナー悪化を招いたと言える。

なお、これらのことにより「集団であることに任せて」迷惑行為や恫などに及ぶ撮り鉄の活動も顕著になってしまった。

そのうちのいくつかは、その規模と悪質さから不名誉な通称がつけられて評判になってしまっている。「大宮レイプ軍団」などがその例である。当該記事も参照。

そんな普段の素行の悪さや「関わるとむしろ危険」といった空気から、一般人からはもはや関わりたくないと思われてさえいる。しかしそれを「一般人からは別に文句なんて言われてない」と安易に捉えるたわけ者も、残念ながら撮り鉄には少なくない。


撮り鉄による信じられない行動の数々


鉄道イベントにおける未成年者略取

鉄道イベントにおいて、撮影を邪魔した幼児(≒事の善悪に関しての、自が芽生えていない)の保護者に対し、幼児を取りあげた上で恫に及んだ
後で警察が駆けつけたものの、加者の撮り鉄は「は手を出したわけじゃないしwwww」と反省の色なし。

カンパを無断で徴収

鉄道事業者の敷地内に断で集合し「自的」に刈りを行ったあげく「俺達刈りをしたから、ここで列車を撮りたいは、俺達カン300円を払え」と、カンパとは名ばかりの強制徴収を行った。
しかも後ろめたかったのか「ツイッターフェイスブック拡散しないでください」と、気弱な注釈付きの発言。

しかし、明らかに大義がないのはカンパを要する側であり、上述したソーシャルメディアネットニュース・まとめ系サイトなどで拡散され、悪行が白日の下にさらされた。

漫画家に暴行

漫画家松山せいじが、たまたま江差線湯ノ岱駅現在止)の列車の出入り口付近に立っていたところ、いきなり知らない撮り鉄に「邪魔だ!」として暴行を受け、所有していたiPhoneを線路上に落とされ、壊された事件。

この件は松山本人が警察に相談したため大ごととなり、ニュースでも取り上げられた模様。ツイッターでも200以上のRTを受けるなどして話題となった。

ちなみにこの際、松山ツイッター上で加者の顔をした(カメラでいくらか隠れているとはいえ)ことが問題視されており、加者側が肖像権の侵だとして訴えた場合、別の問題に発展する可性も出てきている。

キセル通報に腹を立て暴行

2015年2月キセル(不正乗)で新幹線に乗っていた少年らが、別の少年キセル通報されたことにを立て「10万円払え」などと言い暴行、及びゲーム機を奪った疑いで逮捕された。逮捕された少年らは「撮り鉄仲間を売り、撮り鉄業界のタブーを犯した」と犯罪意識の全くない供述をしている。


マナーを守って撮り鉄をするために


言うまでもないが、悪質な撮り鉄の行為は、一般客や鉄道関係者に多大な迷惑をかける事のみならず、他の鉄道ファン、ひいてはオタクマニアと呼ばれる人々への印悪化を起こす。

良識に基づいてさえいれば、撮り鉄の活動は何ら批判されるものではない。以下に、撮り鉄をする上で守っておくべきことをまとめる。およそ中学生ホームルームで言い聞かせるような、初歩的…もとい低レベルな内容なのだが、それすら守れない輩が撮り鉄には多いのが事実である。

以下を一読いただき「いや、そんなことかに言われなくても当然だろ」と感じたならば、あなたは正常である。


大前提



ありがちな「迷惑行為」


なお、印は東急電鉄小田急電鉄において2014年現在ウェブページなどにおいて「禁止」告知がなされています。また、各・場所などにおいて独自にルールが定められた箇所もあります。撮影前にそのような掲示がないか確認しておきましょう。


ありがちな「撮り鉄の言い分」



すでに一部事業者において撮影禁止駅が出現してしまった現状


次へ»
最終更新日: 21/04/07 20:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ