ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


擲弾


ヨミ: テキダン
掲示板をミル!
13カキコ!

曖昧さ回避


擲弾とは、歩兵兵器の一種である。英語ではGrenade(グレネード)。


概要


 爆発によって敵を殺傷する榴弾や煙幕、催涙ガス等を発生させる大の弾を投擲、または専用の発射機や小銃に装着して発射し、標に到達させる兵器である。
 その歴史は古く、歴史の教科書にも「てつはう」として紹介されているように、11世紀以降には既に実用兵器として戦場で使用されていたようである。
17世紀頃には、デフォルメされた爆弾イメージとしてお染みの、丸いの容器に導火線の付いた較的持ち運びに優れた本格的な手榴弾が発明され、専門の兵科である「擲弾兵」も登場し、戦場形とも言える存在となっていった。
しかし、マスケットの量産が始まり、戦列歩兵の時代が到来すると、投擲という極めて攻撃可距離の短い武器故にその効果は薄れ、一度戦場から姿を消すこととなる。
が、更に時は流れ第一次世界大戦戦場は自動機関銃)と塹壕、込み合った地の時代になると、「放り込める」事から着した状況を打破する為の引き金の一つとして再び脚を浴びることとなり、待ち伏せへの対処やグレネードランチャーを使用しての簡易な火力支援等様々な用法が生み出され、歩兵の必需品となった。


主な擲弾


 様々な形態として使用されており、以外の何かを飛ばして使用する歩兵兵器は大概擲弾として分類する事もできる。


手榴弾


 投擲して使用する物、最も原始的な火を用いた武器でもある。手榴弾の項を参照。


小銃擲弾/ライフルグレネード


 小銃口に装着し、発射する物。
弾薬パワーで擲弾をより遠くまで到達させ、簡易な火力支援を行う的で開発されたもので、初期には手榴弾身に挿入する為の棒を刺したり、擲弾を入れるカップ口に装着したりしていたが、第二次世界大戦以降は口(フラッシュハイダー)に被せるように装着するものが流となった。
また、かつてはを使用してそのガス圧で発射していたが、現在では実弾を使用し、弾丸を受け止めてその勢いで発射する構造となっている。
その発射の為には小銃に取り付けなければならず、取り付けっぱなしだと小銃が塞がるしかさばるというデメリットの為、多くの軍隊で既に後述のグレネードランチャーに置き換えられているが、照準器はともかく発射自体は各兵士の持つ小銃さえあれば可な為、コストパフォーマンスが良く、分隊内での役割の融通が利きやすく、敵に擲弾手がいると判断されづらいというメリットもあり、自衛隊等で現在も運用されている。
また、弾頭はむき出しで装填する為、大の特殊用途用の擲弾を使用するということも可であり、ドア破壊用の擲弾等も開発されている。


擲弾発射機/グレネードランチャー 


 専用の弾薬と発射機を用いる物。その構造はほぼ通常のと変わらない。
 火により遠距離まで擲弾を到達させる事が可な点は小銃擲弾と同じだが、通常の銃器に近い取り扱い感覚で使用できるため、その使い勝手は格段に高い。
 単発リボルバー式の連発、通常の機関銃のように自動装填機構やベルトリンク給弾機構を持ったグレネードマシンガン身下に装着し、小銃での戦闘火力支援を両立したアンダーバレルグレネード等、多くの形態で利用されている。
 また、上述の通りほぼ「大口径の」であるため、暴徒鎮圧用の馬鹿でかいスポンジを撃ち出す非殺傷弾の運用も可であり、警察で採用されている物もある。
 なお余談だが、物にも因るがアメリカあたりだと州の許可が下りればとしての登録が可で、民間人も持てるらしい。


その他の擲弾


 Ручной Противотанковый Гранатомёт(携帯戦車擲弾)や、Rocket Propelled Grenade(ロケット推進式擲弾)といったがあり、陸上自衛隊ではパンツァーファウスト3の射手を擲弾手と呼んでいる等、携行無反動砲ロケットランチャーも擲弾と呼ばれる事が多い。
 また、旧日本軍では十年式擲弾筒、八九式重擲弾筒と呼ばれる実質軽迫撃に当たる兵器も擲弾と呼称していた。


関連動画



■sm11003603[ニコ動]

■sm7671451[ニコ動]

■sm14103501[ニコ動]
■sm3367335[ニコ動]


関連コミュニティ


■co1088
■co1109


関連項目



最終更新日: 13/01/20 19:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ