ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


教育勅語


ヨミ: キョウイクチョクゴ
掲示板をミル!
105カキコ!

 教育勅語とは、1890年~1948年まで使われていた(今も一部の私立学校で使われている)明治天皇の勅であり、正式名称「教育ニ関スル勅」のこと。


概要


 勅とは天皇陛下的な意思表示のこと。1890年に明治天皇が発した、民の道徳規範、教育方針のこと。(実際は井上毅、元田永らが作成した。)民の規範、道徳として学校儀式の際は奉読され、普段は奉安殿天皇皇后陛下の御とこの教育勅語を収めた祠ないしは建物)に収められていた。

 戦後教育基本法が制定されたため、軍人勅諭などとともに失効に関する決議が行われ、失効したが、復活させるべきであるという意見や一部の私立学校で使われていたりする。

 本文を見ればわかるように、書いてあることはようするに「親子兄弟夫婦は仲良くしなさい。よく勉強し勤勉に働きなさい」ってことである。より具体的には十二の徳に記載。

 当然、教育勅語を復活さえさせれば道徳が向上するかは疑問であるが(だって教育勅語があった戦前だって不良も勉強しないバカもいたし。っていうかどんな教育をしても一定数不良バカも出てくるのである。もしそれらが発生しない教育法があるなら暴力団も三流大学全滅である。)道徳教育に取り入れるべきであるとかその精は間違っていなかったという方も存在する。以下に原文があるので読んで考えてみてほしい。


十二の徳目



原文・訳


朕󠄁惟フニカ皇祖皇宗ヲ肇󠄁ムルコ遠󠄁ニ德ヲルコト深厚ナリ臣民ク忠ニク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲセルノ精ニシ育ノ淵ニ存ス

臣民ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦󠄁相和シ友相信シ恭己レヲ持シ博󠄁衆ニ及󠄁ホシヲ修メ業ヲ習󠄁ヒ以テ智ヲ啓󠄁シ德器󠄁ヲ成就シ進󠄁テ󠄁益󠄁ヲメ世務ヲ開キ常ニヲ重シ法ニ遵󠄁ヒ一旦緩󠄁急󠄁アレハ義勇󠄁󠄁ニ奉シ以テ窮󠄁ノ皇運󠄁ヲ扶󠄂スヘシ是ノ如キハリ朕󠄁カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖󠄁先ノ遺󠄁スルニ足ラン

斯ノ󠄁ハカ皇祖皇宗ノ遺󠄁訓ニシテ子孫臣民ニ遵󠄁守スヘキ所󠄁之ヲ古今ニ通󠄁シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテラス朕󠄁爾臣民ニ拳󠄁々󠄁膺シテ咸其德ヲ一ニセンコトヲ庶󠄂幾󠄁フ

明治十三十月三十日
御名御璽

訳はいくつかあるが、まずは文部省が昭和15年に出したいわゆる公式版を(現代仮名遣いに変えて)紹介

(文部省訳;
 朕が思うに、が御祖先の方々がをお肇めになったことは極めて広遠であり、徳をお立てになったことは極めて深く厚くあらせられ、又、臣民はよく忠にはげみよく孝をつくし中のすべての者が皆心を一にして代々美をつくりあげて来た。これは柄の精髄であって、教育の基づくところもまた実にここにある。

 臣民は、に孝行をつくし兄弟姉妹仲よくし、夫婦互にび合い、友互に信義を以って交わり、へりくだって気随気儘の振舞いをせず、人々に対して慈を及すようにし、学問を修め業務を習って知識才を養い、善良有為の人物となり、進んで共の利益を広め世のためになる仕事おこし、常に皇室典範並びに憲法を始め諸々の法令を尊重遵守し、万一危急の大事が起ったならば、大義に基づいて勇気ふるい一身をげて皇室国家の為につくせ。かくして勅のまにまに地と共に窮りなき宝祚(あまつひつぎ)の御栄をたすけ奉れ。かようにすることは、ただに朕に対して忠良な臣民であるばかりでなく、それがとりもなおさず、らの祖先ののこした美をはっきりあらわすことになる。

 ここに示したは、実にが御祖先のおのこしになった御訓であって、皇祖皇宗の子孫たる者及び臣民たる者が共々にしたがい守るべきところである。このは古今を貫ぬいて永久に間違いがなく、又はもとより外でとり用いても正しいである。朕は臣民と一緒にこのを大切に守って、皆このを体得実践することを切に望む。

「朕」がであり当時の「権在君」の様子が伺える。こちらは要するに全ては天皇のためにというところに帰結する。次は戦後現代社会に合致させ「権在民」を意識させた独自解釈版。

(現代訳;
 私が思うに、私の先祖である昔のや昔の天皇が建したことは偉大な事であり、さらに心から深く徳を行った。私の臣民は忠もあり孝もあり、心を一つにして世を良くしてきたことは、の在り方の優れた点であり、教育である。

 また、実にあなたたち臣民お父さんお母さんを大切にし、兄弟、友人、夫婦仲良く、友人は信頼し合い、慎み深く謙虚であり、分け隔てなく博愛し、よく勉強して知識知を向上させ才と徳とを磨き、益のため働き世をよくし常に法律を守り、ひとたび国難があれば勇敢に戦い、永遠に続く皇室に仕えなさい。このことは私一人の忠義ある臣民であるというだけでなく、先祖が残してくれた良い潮を広く知らしめるだろう。

 この道徳は実に私の先祖の遺訓であり、子孫臣民守るべきものであり、今も昔も変わらず、また外でも同じことであり普遍的な事である。私とあなたたち臣民がこれを守り、心を一つにすることを強く願う。 
明治2310月30日 署名と判子)


関連商品


■az4892959855
■az4817404574

■az4905410169
■az4817406550


関連項目



最終更新日: 19/04/03 13:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ