ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


文屋康秀


ヨミ: フンヤノヤスヒデ

文屋康秀(ふんやの やすひで、?~885?)とは、平安時代前期の歌人である。


概要


百人一首22番の作者で、六歌仙の一人。文屋康の

六歌仙メンバーに挙げられているが、その生涯・人物像はよくわかっていない。と言うのも、在原業平僧正遍昭は身分が高く当時の歌壇の中心人物だったのに対して、康秀はずっと身分の低い下級官吏であり、記録がほとんど残されていないからである。勅撰和歌集に入った和歌も5首と少ない(しかも、そのうち2首は子の康作という説もある)。

紀貫之は「詞はたくみにて、そのさま身におはず(言葉遣いに技巧を凝らしているが、中身がい)」と評しているが、彼の代表作である「吹くからに 木の しをるれば むべ山風を といふらむ」も、簡潔に解釈すれば「山+」という言わばダジャレである。しかし、こうしたナンセンス言葉遊び31文字の句に凝縮する歌の巧みさが高く評価され、百人一首の中でも印に残りやすい歌のひとつである。

なお、この歌は上の句の最初の1文字で札が取れる「むすめさほせ」のひとつなので、百人一首の中でもめに覚えておきたい歌である。また、落語「強情灸」では、この歌がネタに登場することがある。

同じ六歌仙小野小町とは親交があったらしく、三河に赴任する時に小町を誘ったところ、「わびぬれば 身をうきの 根を絶えて 誘ふあらば いなむとぞ思ふ」と同意を匂わせる返歌が届いた逸話が残る。但し、本当に小町が康秀と同行したかは不明である。

漫画うた恋い。」では、六歌仙エピソード原作2巻、アニメ4~5話)の中心人物として登場する。元々の逸話が少ないため、在原業平との腐れ縁や、喜撰法師らとの交友は、杉田圭オリジナルストーリーである。うた恋い。にしてはしく恋愛を題材としておらず、貧乏サラリーマンのような哀愁と人間臭さが共感を得たのか、公式人気投票では第3位にランクイン2位僧正遍昭とはわずか4票差という接戦だった。


関連動画



■1343619732[ニコ動]

■sm10637683[ニコ動]


関連商品


■az4840138788
■azB008LOB7SQ
■azB000B52CLY
■azB000DZJLB6


関連項目



最終更新日: 12/10/01 22:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ