ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


斉藤一美


ヨミ: サイトウカズミ
掲示板をミル!
31カキコ!

もしかして → コラコラコラコラ〜ッ!(`o´)


斉藤一美』とは、文化放送男性アナウンサーである。


概要


早稲田実業高校から早稲田大学を経て1990年文化放送に入社。

昨今はスポーツアナウンサーイメージが強いが、かつては中高生向けのワイド「斉藤一美のとんカツワイド」を担当していた。頭頂部にだけを残して周り一切を剃り上げた素頓狂なヘアスタイルハイテンションな喋りと企画で番組は人気を博し、4年間続く人気番組となった。

読売ジャイアンツおよび千葉ロッテマリーンズファンであるが、それ以上に埼玉西武ライオンズの大ファンであることを中継内で言している。

文化放送ライオンズナイター』の実況者でおなじみだが、『NACK5』で実況をやった日もある。中継の特性上、解説がいないので「にっしぐち!にっしぐち!(西口文也への応援実況)」と一人でコールするなど独特の実況で盛り上げた。

滑舌良く、熱い実況が特徴。とんでもない展開には、実況中に号泣するほど感情のこもった実況をする。戸谷人アナが前線を退いた今では『ライオンズナイター』の中でももっともライオンズびいき色の濃い実況アナウンサーと言っても過言ではないだろう。

ライオンズの選手や解説者に、「”ナンバーワン栗山巧!」のようにオリジナルキャッチフレーズをつけて実況するのも特色の一つ。キャッチフレーズは膨大な数があるためここでは割愛するが、Wikipediaの項目[外部]にまとまっているので気になる方はぜひ見にいって頂きたい。

最近では2012年4月26日埼玉西武vs福岡ソフトバンクホークス戦において、米野智人ブライアン・ファルケンボーグから満塁ホームランを放った場面での実況話題となった。感情が爆発してむせび泣きながら行ったこの実況の模様は、YouTubeニコニコ動画アップロードされた動画の再生回数が合わせて50万回を突破(2012年9月現在)。賛否両論巻き起こしつつ野球ファン以外からも注を浴びた。

2014年台湾開された映画KANO 1931の向こうの甲子園」に実況アナウンサー役で出演。上記のむせび泣いた実況動画を見た当作品の監督が、「このような感情むき出しの熱い実況ができるアナウンサーが欲しかったんだ!」とオファーを決断したという経緯があったことを、斎藤アナが映画開記念のトークショーっていた。


■sm17658206[ニコ動]


関連動画


■sm5378495[ニコ動]
■sm5351567[ニコ動]
■sm8400917[ニコ動]
■sm13627423[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 17/04/09 02:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ