ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


斎藤千和


ヨミ: サイトウチワ
掲示板をミル!
692カキコ!

斎藤千和(さいとう ちわ)とは、日本女性声優である。アイムエンタープライズ所属。


概要


1981年3月12日生まれ。埼玉県出身。日本ナレーション演技研究所卒業

声優になったきっかけが非常にしく、母親ファッション雑誌と間違って声優雑誌を買ってきたことである。

1999年に『魔術士オーフェン Revenge』で声優デビュー2001年に『ココロ図書館』のこころ役で初演。

タイアップラジオパーソナリティを務めることも多い。可らしい質と切れのいいフランクな物言いで人気である。また、キャラソンを中心に、歌のリリースも多い。

(顔が)丸いとか、高橋名人とか言ったやつは屋上。千和かわいいよ千和。

歳の離れた(義理の)として神谷浩史、歳の(逆方向に)離れたとして沢城みゆきがいる。

アイム公式プロフィールに記載されている特技「のしつけ」はである。これは、2012年7月19日に放送された『電波研究社』で斎藤本人がっている。

2013年7月29日、一般男性と入籍したことがアイムエンタープライズ公式サイトにて発表された(リンク[外部])。
そして2015年10月1日には女児出産した事も発表、晴れて一児のとなった(リンク[外部])。


声優活動


の演技の幅がとても広く、萌えキャラから勝気なキャラまで様々な役を演じる。演作品も多い。彼女一人で作品に登場する女性役をすべて回せると言われることもある。

月詠』の葉月、『ARIA』の藍華などに代表されるようなツンデレ系の役、また『ぱにぽにだっしゅ!』のベッキー、『R.O.D』のアニタ、『吉永さん家のガーゴイル』の双葉といった元気のいい小さな女の子の役がはまり役となっている。そうかと思えば、『化物語』の戦場ヶ原ひたぎ、『魔法少女まどか☆マギカ』の暁美ほむらのようなクールな役もできる。本人は、『化物語』の場合、別キャラをやるつもりだったらしいが。

泣きの演技に定評があり「泣きの千和」とも評される。特に『魔法少女まどか☆マギカ』の終盤である10・11・12話において、演じる暁美ほむらは終始泣きっぱなしであった。虚淵玄はこの回のために千和をキャスティングしたとっている。

新房昭之監督アニメ作品に起用される事が多く、舛成孝二監督アニメ作品には『ココロ図書館』以降のテレビアニメにほとんど出演している。

どうでもいいが、『サモンナイト4』と『シャイニング・ハーツ』の2種類のゲーム作品で「シャオメイ」という名の中華を着た少女(+店)の役を務めるという奇妙な縁もあったりする。


主な出演作品



アニメ



ゲーム



ドラマCD



ラジオ



Webテレビ



楽曲



パチスロ



関連動画



■sm5141530[ニコ動]

■sm5142436[ニコ動]
■sm9967080[ニコ動]
■sm23344041[ニコ動]
■sm2563345[ニコ動]




次へ»
最終更新日: 19/06/23 11:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ