ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


新本格


ヨミ: シンホンカク
掲示板をミル!
38カキコ!

新本格とは、綾辻行人デビュー1987年)以降ブームとなった本格ミステリ作品および作家のこと。


概要


大正時代江戸川乱歩デビューから本格的に始まった日本探偵小説は、論理的謎解きを中心にした「本格もの」と、怪奇幻想味がメインの「変格もの」とに分類されたが、戦前はどちらかと言えば変格ものが中心であった。その後、戦時中は当局の検閲のため、探偵小説事実上執筆を禁じられてしまうが、戦後になると、横溝正史の活躍や高木彬光鮎川哲也などの新人の登場で探偵小説は復戦前はあまり多くなかった本格ミステリの長編が数多く書かれるようになった。

しかし1958年松本清張の『点と線』がベストセラーとなったことをきっかけに、リアリズムを重視した社会推理小説が台頭し、「の山荘」「絶の孤」「の屋敷と胡散臭い住人」「暗躍する殺人犯」「名探偵」のような人工的な舞台モチーフを用いた古典的な本格ミステリは古臭いものとして退けられるようになっていった(いわゆる「本格ミステリの時代」)。
ところが社会推理小説も、推理味の希薄な作品の濫発により、60年代半ばには勢いを失う。70年代に入ると、角川映画の仕掛けた横溝正史ブームが巻き起こり、短命に終わったが探偵小説専門誌「幻影城」が登場して泡坂妻夫連城三紀彦竹本健治らがデビューするなど、推理小説にかつてのロマンの復権をめる動きが生じていた。

そんな中、1981年島田荘司が『占星術殺人事件』でデビューし、数少ない本格ミステリの書き手として名を得る。その島田の肝いりで、1987年綾辻行人が『十角館の殺人』で講談社ノベルスからデビューする。また同時期に東京創元社ミステリの新刊の刊行に乗り出して新人発掘を開始。その結果、講談社ノベルスからは歌野晶午法月綸太郎我孫子武丸など、東京創元社からは折原一有栖川有栖北村薫山口也などの作家の後を追うように続々とデビューを果たし、上の世代から顔をしかめられながらも、若い読者の熱狂的な支持を得て、本格ミステリ人気が復した。

そのような状況の中、デビューを仕掛けた講談社ノベルスが発明した、これらの本格ミステリを総称するレッテルが「新本格」である。初出はの第2作『館の殺人講談社ノベルス版のオビに書かれたミステリー醍醐味!『十角館の殺人』に続く香気あふれる新本格推理第2弾!」という宣伝文句。

大雑把に言えば、綾辻行人以降にデビューした本格ミステリ向の作家、およびそれらの作品が新本格。ただし、それ以前から活動していて新本格作家との交流も深く、ムーヴメントに大きな貢献を果たしている島田荘司笠井潔、竹本健治も新本格に含まれる場合がある。

第一世代(、法有栖川など)の頃は「古典的な本格ミステリルネッサンス」的な意味合いに近かったが、麻耶雄嵩の登場とその後の京極夏彦を経てのメフィスト賞系への流れから、「本格ミステリお約束を意識しつつそれを外していく」ような作品へ徐々にイメージが変遷していった(そういう意味合いでの「新本格」という言葉の使い方の典例が、西尾維新の『新本格魔法少女りすか』だろう)。
そのせいか、以前の「本格」と以降の「新本格」を別のジャンルのように思っている人も多いようだが、新本格にはある程度固有の特徴(後述)があるものの、基本的には「新本格」とは「新世代の作家によるそれまでの本格ミステリ歴史を踏まえた本格ミステリ」ぐらいの意味である。今じゃ新本格初期の作品が古典になっちゃったけど。

現在では発祥から30年以上が経ち、新本格以降の本格ミステリというジャンル拡散・多様化、総本山であった講談社ノベルスの(というかノベルスという媒体そのものの)衰退などにより、現在の本格というジャンルをひとつの潮流と見なすこと自体が難しく、「新本格」という言葉自体、ほぼ歴史と化した感がある。じゃあいつ頃までが「新本格」なのか、というのはまた難しい問題で(有栖川有栖によれば京極夏彦デビューまで、笠井潔によれば東野圭吾容疑者Xの献身』までということになるが)、そのへんは後世の評価を待つべきかもしれない。少なくとも、平成生まれ以降の世代にとっては「新本格」は生まれる前から存在したものなので、新しくもなんともないというのは確かである。

評論界では(「新本格」は講談社の宣伝文句であるということから、東京創元社など他社の作品も含めた総称として)笠井潔の命名した「第三の波」という表現を使うことが多い。90年代には「ニューウェイヴ・ミステリ」とか呼ばれていたこともあるが既に死語

前述の通り、代表的な新本格作家はほとんどが講談社講談社ノベルス)か東京創元社からデビューしている。仕掛け人である講談社ノベルスが新本格の総本山であり、東京創元社デビュー作家も大抵の場合は講談社ノベルスで作品を発表したことがある。21世紀のはじめには光文社が「Kappa-One登竜門」というメフィスト賞の後追い的な賞を創設し、石持浅海東川篤哉などを送り出した。

ちなみに「新本格」という言葉自体は、以前にも1960年代半ばに読売新聞社の刊行した書《新本格推理小説全集》などで使われていたことがある。社会推理小説の代表格として本格の敵のように扱われがちな松本清張はこの書の序文で、社会推理小説の推理要素の形骸化を嘆いて「本格は本格に還れ」と述べている。また、沢左保はデビュー当初、自身を「新本格」と称したりしていた。

そういえば新伝綺って何だったんだろう?


新本格バッシング


現在ではなかなか信じられないが、新本格ムーブメントの初期においては、当時のミステリ評論・ファンダムでは新本格に対して批判的な評論家古参ミステリマニアが多く、新本格作品は(それを推薦した島田荘司も含めて)かなりバッシングを受けていた。

新本格批判としての人間が描けていない」という言葉は、その批判の是非はともかくとして新本格に関心がある人なら(そういう批判そのものよりも、むしろ「当時そういうことがよく言われていた」という文脈で)一度はにしたことがあるだろう。

現在較的確認しやすい新本格バッシングテキストとしては、当時の『このミステリーがすごい!』における「覆面座談会」での新本格批判がある。この覆面座談会1997年に出た『このミステリーがすごい!傑作選 「覆面座談会全収録&最恐のブックガイド』にまとめられている。ただ、これは今読むと新本格そのものについてはそこまで強いバッシングはしておらず、むしろ島田荘司批判という側面が強い。実態としては、この覆面座談会とよくやりあっていた産経新聞コラム「遮断機」や、SRの会・怪の会(幻影城ファンクラブ)といった古参ファンダムが発行する同人誌な新本格バッシング舞台だったようだ(そのため、リアルタイムの新本格読者でもバッシングがあったことを知らず、『十角館の殺人』の鮎川哲也の解説で初めてバッシングされていたことを知った、というもある)。

新本格がかれた理由は、英で既に古典的な本格がほぼ絶滅犯罪小説冒険小説流であることから、ミステリーはそういう方向へ進化するものであり、古臭い本格ものへ先祖返りするのは退化である、とする考え方が中心にあったようだが、他にも「単純に小説としてヘタだったから」説や「若い世代の書く同世代向け青春小説っぽさがオッサン世代にはついていけなかったから」説などがある。実際、新本格の中でも北村薫飛ぶ』や山口也『生ける屍の死』なんかは総じて好評を集めていたので、新本格全てがかれていたというわけではない。ただ少なくとも、新本格と呼ばれた作品群に拒否反応を示したベテラン評論家古参ミステリマニアが見過ごせないほどには存在した、というのは事実である。

しかしそんな上の世代の拒否反応とは関係に若い世代は新本格を支持し、評論界にも新本格を肯定する若い世代が登場していった。

新本格初期の代表的な作品に、明らかに褒めてなかったり、なんかピントのずれた文庫解説がついているのが散見されるのは(例:法月綸太郎頼子のために』講談社文庫旧版の池上の解説)、だいたいこの世代間ギャップのせいである。

なお、新本格が若い読者に受けたのは、単純に謎解き重視の本格ミステリの新作をめる読者がいたというだけでなく、読者と同世代の作家たちによる青春小説としての需要や、キャラクター小説としての需要もかなり大きかったと思われる。また新本格というミステリ史のひとつの大きな区切りが出来たことで、若い読者にとっては「膨大な数の古典を読まなくても、とりあえず綾辻行人以降の作品を読めば今のミステリに追いつける」という認識が生まれ、ミステリファンを名乗るためのハードルがそれまでよりぐっと低くなった。古典名作を読んで育ったミステリマニアが、同種のマニアに向けて書いたはずの新本格の作品群は、古典を知らない若い層に新鮮なエンターテインメントとして大受けしてしまったわけである。

そういった新本格で育ち、新本格に本格ミステリ以外の要素をめて読む読者の存在に、あくまで古典ミステリマニアとしてミステリマニアのためのミステリを書いているという認識だった第一世代の作家たちが戸惑っていた様子は、当時の対談やインタビューなどからえる。

結果、そういった「新本格育ちの世代による新本格のキャラ読み」路線の極致ともいえる清涼院流水が登場した際、に強い拒否反応を示したのは、新本格バッシング被害を受けた新本格第一世代の作家や、同様に古典を読んで育ち初期新本格を支持した若い世代の評論家たちだった。これに関して、かつてバッシング被害者だった側が、自分より下の理解しがたい世代に対してバッシングの加者側に回るという歴史の繰り返しだった、という皮な見方をする者もいる。


特徴


前述の通り新本格はもともと「新世代作家による本格」ぐらいの意味なので、旧来の(以前の)本格ミステリ本質的に違うもの、というわけではない。ただ、「新本格っぽい」という形容があるように、新本格によく見られる特徴的な作というものはいくつかある。大雑把に挙げれば、

といったところだろうか。もちろん全ての作品がこれに当てはまるわけではないが、有栖川・法我孫子といった第一世代から現代に至るまで、「本格ミステリというジャンルの様式やお約束に自覚的であること」が新本格の新本格らしさ、であるとは言えるだろう[要出典]


「『本格冬の時代』はあったのか」論争


前述した新本格前史を大雑把に要約すると「松本清張以降、社会ミステリー界を席巻し、『本格ミステリの時代』が到来した。それに対する若い世代の反発から生まれたのが新本格」ということになる。

新本格のトップバッターである綾辻行人の『十角館の殺人』の中に、ミステリマニアの登場人物が社会を揶揄し古典的な本格の魅を称揚する台詞があり、これが「新本格」の決意表明として受け取られたこともあり、このわかりやすい構図はミステリ史におけるある種の通説となっている。

ただ、大雑把な要約なので実態とは少々ズレが生じるのは否めない。たとえば、新本格が勃した80年代後半にミステリー流だったのは、清社会ではなく、西村京太郎を筆頭とするトラルミテリーと、赤川次郎ユーモアミステリーだった。また、「の時代」とされた60年代~80年代前半にかけても、現代のから見ても名作として名前が残る本格ミステリは多数書かれているし、社会ミステリトラルミステリにも、本格ミステリ的な密室トリックアリバイトリックは多々用いられていた。

というわけで後世の読者から、「70年代80年代にも色んな名作が書かれてるのに『本格の時代』っておかしくない? 『の時代』なんて本当にあったの?」という疑義が呈されることがある。


次へ»
最終更新日: 21/03/08 04:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ