ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


新選組!


ヨミ: シンセングミ
掲示板をミル!
78カキコ!

新選組!とは、2004年に放送した第43作NHK大河ドラマである。


概要


古畑任三郎」「王様レストラン」など多くのヒット作を手掛ける三谷幸喜の書き下ろし作品。音楽服部隆之
オープニングテーマは「信長 KING OF ZIPANGU」以来となる歌付きとなっており、テノー歌手ジョン・健・ヌッツオが独唱を務め(作詞三谷幸喜)、同年の紅白歌合戦でも白組歌手としてこの曲が歌われた。

主人公である近藤勇役にはSMAP香取慎吾、副主人公土方歳三役には山本耕史が演じた。それまで映画ドラマ新選組隊士を演じるキャストは年配の役者が多かったが、本作では登場人物の実年齢に近い若手役者が多数選出された。特に土方役の山本耕史山南敬助役の堺雅人は本作で大きく注を集め、山本は2年後の続編(詳細は後述)で今度は役として再び土方役となり、は11年後に三谷が再び脚本を手掛ける大河ドラマ真田丸」で主人公真田信繁を演じている。一方、原田左之助役の山本太郎にとっては、白歴史の代表作となってしまったが・・・

毎回のテーマとして“近藤勇人生にとって重要な49日”を取り上げ、(一部の回を除く大半が)その一日を一話に当てはめて物語が進められている。例えば、第一話は船や坂本龍馬らとの出会いが、最終話では近藤勇が処刑されるまさにその間までが描かれた。
歴代大河ドラマの中でも出演者数の多さは歴代1位であり、2015年現在もこの記録は塗り替えられていない。出演者の数を問わず、新選組隊士個人個人の性格や心情、人間関係を三谷氏が細かく書いていることも特徴のひとつであり、近藤土方の他にも、沖田総司斎藤一藤堂平助原田左之助山南敬助永倉新八井上源三郎の7人も役格として描写されている他、前半は近藤たちの前に大きく立ちはだかる存在としてが重要なキーマンとして描かれた。

作品全体としては、三谷幸喜が得意とする青春群像劇の色合いが強く、特に前半はコミカルな場面がも多数見られた。放送当時は、マスコミを中心に「演の香取が、それまでの近藤勇像とかけ離れ過ぎている」「コントシーンが多すぎる」などの批判を受け視聴率には恵まれなかった(視聴率の低下は前作「武蔵 MUSASHI」があまりにも酷い内容だったことにより、低視聴率を引きずったというのも大きい)。
しかし、新選組仲間が次々に命を落としていく後半は次第にシリアスな展開となり、一見本編には不要に思われた前半のコミカルタッチな展開が、実は物語伏線となって回収されるなど、後半を中心としたシリアスシーンとのメリハリや、本編を通してみると近年の大河ドラマの中でも完成度はかなり高い(最近の大河ドラマの中で、伏線を長い時間かけて回収する大河ドラマとしては「風林火山」「平清盛」などが挙げられる)。従来の大河らしくない大河ドラマであり、それまで若者が敬遠していた大河ドラマに新たなを吹き込んだという一面もあり、現在でも本作の評価は大きく賛否両論である。

最終回の翌日フジテレビの「SMAP×SMAP」では三谷幸喜が書き下ろしたミニコント局長!」が放送され、香取慎吾本編と同じ近藤勇を演じた(衣装もわざわざ大河ドラマで使ったものをNHKから借りて着用している)。最終回で号泣した視聴者の余韻をぶち壊したのは言うまでもい。
また、徳川慶喜を演じた今井はその強インパクト話題となり、放送終了後、本編の慶喜を彷彿させる殿様役で消臭プラグCMに長年出演した。


新選組!! 土方歳三 最期の一日


最終回愛しき友よ」は、主人公近藤勇の処刑で締め括られたが、流山出頭した近藤と別行動をとり新政府軍と戦った近藤の盟友・土方歳三の最期については描かれず、本編では宇都宮の戦いでの奮闘する場面で終了している。このことから本編放送終了後に視聴者から、「その後の土方を描いた続編を作ってほしい」との要望が多数寄せられた。

そして本編放送終了から13ヵ後の2006年1月1日正月時代劇として「新選組!! 土方歳三 最期の一日」が放送された。大河ドラマの続編というのは異例であり、現在まで一である。
物語は、土方回想を交えながら、五稜でともに戦う榎本武揚・大鳥介の3人の対話による密室劇、そしてタイトル通り箱根戦争土方が戦死するに至るまでが描かれた。

メンバーである試衛館の仲間を中心とした9人のほとんどは本編最終回の時点で既に死亡しているため(斎藤・永倉は別行動で健在)、回想シーンとして沖田助・左之助・山南・永倉・三郎斎藤が登場した。この回想シーンドラマ本編の使い回しではなく、今回のために新たに撮影されたものである。
近藤土方が死ぬ今際の間際に登場するが、香取フジテレビドラマ西遊記」のロケでスケジュールが取れなかったので、最終話の処刑間近に「トシ…」とりかけるシーンワンカットだけ使われた。

それからさらに9年後の2015年10月には、三谷幸喜の脚本ではないが、連続テレビ小説あさが来た」で山本耕史は3度となる土方歳三役を務めた主人公・あさのぎ先である両替屋「加野屋」に借を調達するため訪問し、あさと対面する)。過去にも複数の大河ドラマ特定俳優が同じ役柄を演じるケースは多数見られるが、大河と朝ドラで同じ役を演じるのはこれが初の試みとなった。


キャスト



新選組


水戸派

新選組隊士

御陵衛士

壬生浪士組

浪士組


多摩・試衛館の人々



京の人々



その他の人々



幕末の志士



幕府



関連動画



■sm5821677[ニコ動]

■sm3878839[ニコ動]
■sm21037670[ニコ動]
■sm6988348[ニコ動]
■sm25916467[ニコ動]
■sm1815654[ニコ動]


関連商品


DVD

■azB0001GGTG2
■azB0006OJ7TA
■azB0007727UM
■azB000E9WZPK

サウンドトラック

■azB00018WKLI
■azB000EPFS2Q


関連コミュニティ


■co6840
■co115177
■co3034


関連項目



最終更新日: 19/06/18 12:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ