ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


施川ユウキ


ヨミ: シカワユウキ
掲示板をミル!
17カキコ!

施川ユウキとは、日本漫画家漫画原作者である。


概要


週刊少年チャンピオンで連載された4コマ漫画「がんばれ飯疑!!」がデビュー作となる。
作者独特の視点と感性から繰り広げられるシュールともホラーとも似つかない異質なギャグコアファンが付くものの、作者の意向で連載終了。
サナギさん」の連載開始を皮切りに「もずく、ウォーキング」「ツモっ子どうぶつ」「12月まれの少年」など活躍の場を広げる。

2013年には「オンノジ」「バーナード嬢曰く。」「鬱ごはん」が単行本化される。
この三作はどれも作者独特の視点から描かれた施節ではあるものの

と、どの漫画も方向性が違っており作者視点の広さがえる。
施川ユウキはこの三作が高く評価され手塚治虫文化賞を受賞した。
連載作品はすべてマイナー誌、メディアミックス化された作品もないため露出が少なく、それまで知る人ぞ知るというマイナーメジャーともいうべき漫画家だった作者の知名度と評価を一気に押し上げた。さらに2016年6月18日にはバーナード嬢曰く。アニメ化が発表され作者世界観が広く知られることが期待される。同時にそれまで表舞台に出てこなかった作者サイン会やラジオに引きずり出されることになった。

2017年2月13日からは、ウェブ漫画銀河の死なない子供たちへ」を「@vitamin」で連載開始した。これはニコニコ静画 (マンガ)ComicWalker、pixivコミックでも並行連載されている。

■mg214088(静画)


画力とネタ


自他ともに認める低い画力漫画家である。
週刊少年チャンピオン新人漫画賞で佳作となった投稿作では審員から「構図やオチがある種のパターンで構成されてる」「絵が今一つ」「絵がまだまだ。下手すると漫画馬鹿にしている感じさえ…」と散々な評価を受けた。
作者も「え?絵が下手なのに漫画家に?」というタイトルの作品を出している。

ただし、自身の乏しい画力でも通用するネタを生み出すに長けており、漫画作家として劣っているわけではない。上記の絵に関してぼろくそに言われた投稿作の評価でも「面い」「プロとして十分通用するセンスがある」等の評価を受け、週刊少年チャンピオンでの連載権を獲得している。
漫画家として絵以上に重要なネタの秀逸さで生き残っている漫画家と言える。

近頃は自身の限られた画力から解放され「ハナコラバトリー」「少年Y」(ハジメ名義)などで漫画原作者としても活躍してる。絵の表現に幅が出来たためかこの二作は施漫画としても路線が違い、特に「少年Y」はジャンルギャグコメディではなくパニックサスペンスホラーである。


コラム、エッセイ


一話ごとに日常や時事などをネタとした作者コラムが掲載されており、これも作者独特の感性と知性が伺え見どころの一つである。漫画とは別に映画コラムも連載している。この影映画評論家町山智浩への献本、のTBSラジオタマフル映画批評コーナーがある)のリスナーでもあるなど映画評論にも手を伸ばしている。

自身の体験を描いた漫画「あたかもコイバナの如く」「え!?絵が下手なのに漫画家に?」などエッセイでも才覚を発揮している。


ニコニコ動画との関連


ファンが「サナギさん」「アイドルマスター」をパロディにした動画ニコニコアップしたところ施の知るところとなった。
動画製作者が施メールでやり取りした結果、動画認するという寛大な措置を取っている。


■sm1520270[ニコ動]


その他



関連商品


■az425314294X
■az4253255574
■azB00JIFLWM8
■az4758065292
■az4253058957
■az4861768756


関連項目



関連リンク



最終更新日: 17/02/18 11:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ