ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


旋盤


ヨミ: センバン
掲示板をミル!
20カキコ!

旋盤とは、最も多く使われている工作機械の一つである。簡単に言うと、「硬い物を削れるろくろ」である。その歴史は古く、紀元前まで遡る。

 


概要


材料チャックに取り付け旋回させバイトと呼ばれる物をあてて切削する機械であり、軸台、往復台、心押台、機械送り及びねじ切り機構、ベッド及び脚の五つの要部分からなっている


主軸台


工作物を支持し回転を与える軸とこれを支える軸受及びモータから動を使えるベルトやギヤボックス並びにこれらを格納するフレームからなる。


往復台


往復台はバイトに送りや位置決めを行う部分でサドル 横送り台 旋回台 上部送り台 物台 エプロンからなる。


心押台


心押台は長い工作物を削る時にセンターを取り付け工作物を支えたり、開けやリーマ仕上げするときにこれらを取り付けて案内したり、ベットの任意の位置に固定出来る。


機械送り及びねじ切り機構


軸を原動軸として往復台や横送り台に正確な運動を与える親ネジ 送り軸 によって伝えられる。


ベッド及び脚



旋盤の歴史


旋盤の由来は明らかいが、紀元前8世紀のエトルリア文明の遺跡から旋盤で加工されたと思われる木のボウルが発見されており、地中海周辺のどこかで誕生したとみられている。

旋盤そのものの記録は紀元前3世紀のエジプト画に残されており、それによれば回転軸は垂直で、軸に繋いだ紐を助手が交互に引いて回転させ、加工者は手でノミを当てていた。現代的な線で見れば、「物を削るために強く回せるようにしたろくろ」という所だろうか。(日本でもお椀の木地などを加工する木工旋盤(木挽き轆轤)として、近代まで似たような物が使われていた)

13世紀には回転軸がになり、弾のある竿に結びつけた紐をペダルで引いて回転させる竿旋盤(pole lathe)が作られ、一人でも作業が可になった。

ルネサンスの頃には時計産業の発達と共に良が進み、クランクによる回転機構や初歩的なネジ切り旋盤などが誕生した。その他にも様々な良案が生まれ、例えばかのレオナルドダ・ヴィンチスケッチには歯車の交換機構を備えたネジ切り旋盤が描かれている。とはいえ、前近代の発明の常で、これらのアイディアは実際は作られなかったり作られたり忘れられたりと一進一退のを歩んでいたようだ。

余談だが、近世ヨーロッパでは上流階級の男性趣味として、旋盤で様々な物を削るのが流行した事がある。特にローズエンジン旋盤(Rose engine lathe)と呼ばれる、複雑なカム仕掛けで幾何学紋様を彫ることのできる装飾用旋盤が重されていた。

かくして様々な人間が様々な良を行った末、19世紀初頭、イギリスヘンリー・モーズリー(Henry Maudslay)が作り上げ、普及させたものが近代的な旋盤の祖とされている。彼の作った旋盤は金属製のフレーム・高精度の親ネジ物送り台・歯車の交換機構などを備え、高精度かつ高速な加工を可にした。特に、これによってボルトとナットの規格化が可になったことは産業革命において多大な影を与えた。


関連動画



■sm1050556[ニコ動]

■sm1886849[ニコ動]
■sm6113474[ニコ動]
■sm7113503[ニコ動]


関連商品


■azB000M6XLU8
■azB000M6WNZW
■az4526059846
■az4526057452


関連項目



最終更新日: 16/03/13 03:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ