ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


日本を元気にする会


ヨミ: ニッポンヲゲンキニスルカイ
掲示板をミル!
23カキコ!

日本を元気にする会(にっぽんげんきにするかい)とは、かつて存在した日本政党である。略称元気または元気会


概要


日本を元気にする会
にっぽんげんきにするかい - 
The Assembly to Energize Japan
基本情報
公用語名称 日本を元気にする会
・地域 日本
本部所在 東京都北区
成立年 2015年1月1日
解散年 2018年12月10日
機関 --
際組織 --
シンボル --
公式サイト nippongenkikai.jp[外部]
政党・政治団体テンプレートボックス

自民路線に転向した渡辺喜美初代代表と第三極・野党連携路線への回帰を図った浅尾慶一郎第2代代表の内部抗争から解党に追い込まれたみんなの党に、最後まで所属していた参議院議員12人のうち、松田太ら6人が立ち上げた院内会「日本を元気にする会」をベースとして、同会松田ほか4人と次世代の党を離党したアントニオ猪木の計5人によって結成された。会代表の松田が引き続きこちらでも代表を務めた。

なお結成届は2015年1月8日付で総務省に提出されたが、5人の宣誓書と承諾書を2014年中に得ていたとして結成日を2015年1月1日にしており、これにより2015年分の政党交付の受け取りが可になったとのこと。

新自由主義経済政策や行財政革のほか、「非自民・非民主」の第三極路線を掲げ、路線転向前のみんなの党にある程度近いスタンスを取っている。またインターネットを用いた会員(党員)投票での賛否率に応じて、国会での所属議員の賛成票・反対票の率を決めるという直接民主制的なシステムを掲げている。ただしこの手法は「論を二分するような重要な法案」に限って用いる予定で、年数回程度に留まる見込みだという。

なおメンバーの中には渡辺と共にみんなの党解党に反対した者や、結成を断念した渡辺新党の元参加予定者も含まれているが井上義行・山口和之の2人が解党決議に反対票を投じ、このうち井上渡辺新党への参加を希望した。党としてはあくまで渡辺とは関係であるとしている。

2016年6月松田太代表が辞任し、アントニオ猪木が代表となった。

7月参議院選挙には補者を出さなかった。

参議院選挙後、参院としては解散し、アントニオ猪木は「所属クラブ」に異動。実質的に活動を停止しているが、11月公式サイトの所属議員紹介欄からアントニオ猪木の名が消滅していた。

2017年4月までの間に渋谷区会議員の田中身が代表に就任している。

2017年5月公式サイトの所属議員紹介欄から山口和之の名も消滅したため党所属国会議員は存在しないと思われる。

2018年12月10日、正式に解散を届け出た。


所属議員


2017年5月14日時点での議員は以下の通りと思われる。

国会議員は1名のみ。代表は地方議員の田中身。

地方議員は3名。

なお参議院としての「日本を元気にする会」に所属していた田中茂・行田邦子は参加を見送った。

井上義行(現参議院議員)は2016年1月正式に離党。

山田太郎(前参議院議員)は2016年4月に離党。おおさか維新の会(現日本維新の会)に入党し、2016年参議院選挙には新党改革認として例代表で出するも落選。2019年参議院選挙にて自由民主党から出当選した。

前代表の松田太(前参議院議員)は、2016年参議院選挙に出せず引退した。

アントニオ猪木(現参議院議員)は、2016年中に離党したと思われる。その後日本維新の会に入党したが、2019年参議院選挙には出せず引退した。

山口和之(現参議院議員)は、2017年5月までに離党したと思われる。その後日本維新の会に入党し、2019年参議院選挙にて例代表で出するも落選。


関連動画



■sm25391005[ニコ動]


関連生放送


lv206864211


関連商品


■az4591115410
■az4344018524


関連チャンネル


■ch2605264


関連項目



外部リンク



最終更新日: 19/07/27 16:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ