ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


日本住血吸虫


ヨミ: ニホンジュウケツキュウチュウ
掲示板をミル!
24カキコ!

日本住血吸虫とは、寄生虫の一種である。


概要


学名は「Schistosoma japonicum」。
動物門吸綱二生吸亜綱有虫目住血吸科住血吸属に属する寄生虫で、哺乳類全般に寄生する。
中間宿は、淡に生息する巻貝の一種であるミヤイリガイ(カタヤマガイ)。
住血吸は成熟するとミヤイリガイの中から水中に出てくるが、その水中哺乳類が入ると、住血吸によって皮膚を突き破られ体内に侵入されてしまう。

日本」とついているが日本特有の寄生虫というわけではない。
現在の分布地域は中国や、フィリピンなどの東南アジアで、日本では絶滅した。

1904年に病理学者の富士郎が日本でこの寄生虫の存在を発見し、日本住血吸虫と命名した。
1913年には寄生虫学者の宮入慶之助が、ミヤイリガイが中間宿であることを特定し、感染ルートを解明した。


日本住血吸虫症


人に寄生することで起こる疾患を「日本住血吸虫症」という。
症状としては、まずかゆみのある皮膚炎が出る。
その後、発熱や咳などの風邪に似た症状があらわれる。(肝臓や脾臓が腫れることも)
慢性期に入ると、下痢腹痛、血便などの消化器官異常をはじめ、肝硬変肝臓がん、疸、疾患などが起きる。
それらが悪化して命を落とすことも……。

この日本住血吸虫症は古くから、山梨県福岡県佐賀県広島県の一部地域で土病として知られており、によって部が大きく膨らむことから、「満」「はらっぱり」などと呼ばれていた。(特に感染者が多かった山梨県では「地方病」と呼ばれていた。)

その後この病気の原因が日本住血吸虫という寄生虫であることが判明、感染ルートも解明され、感染予防導の底やミヤイリガイが生息できない環境を造る取り組みなどにより患者数は減、1978年を最後に新規の患者の報告はなくなった。
日本世界一日本住血吸虫症を撲滅したといわれている。

余談だが、Wikipedia地方病 (日本住血吸虫症)の記事[外部]は内容の充実ぷりが半端ないことで知られ、SNSなどで度々話題になっている(他の記事と併せてWikipedia三大文学と呼ぶようなインターネットミームも発生している)。必見である。


関連動画



■sm32491803[ニコ動]

■sm19093931[ニコ動]


関連商品


■az4873788870
■az4620314226


関連項目



最終更新日: 20/12/27 11:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ