ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


日本刀


ヨミ: ニホントウ
掲示板をミル!
986カキコ!
この記事では日本類について記述しています。
その他の類に関しては、「」を参照してください。

日本刀(にほんとう)とは、長のうち日本原産の物をす言葉。カタナ。

広義には、日本類を総称する。「」とは身の片側にのみがある形態のし、身の両側にのある「剣」と呼称される。

単に「」とも呼ばれるが、平安時代末期~戦国時代までは「」といった場合、もっぱら短を示しており、当時はといえば太刀である。そのため例えば、で武功をあげた場合は一番「」・「」の功名とは言わず一番「太刀」・「太刀」打ちの功名と呼称した。

」が日本刀の通称になったのは安土桃山時代以降である。

概要

日本刀はが生み出した芸術であり、強兵器である。原は既に古墳時代から存在していたが、一般的にイメージされる日本刀の形となったのは平安時代後期からといわれている。

日本刀は武器の他、古くから武士だけでなくあらゆる身分階層の「成人男子徴」として機しており、14世紀前半に起きた鎌倉幕府滅亡以後は武士及びその従者、僧侶、そして農村の地以外のの所持・帯者が急増したという。
これは社会情勢の不安定化が進んだためであり、慢性的な食糧難に陥っていた。また、当時の人々は現代人どころか、江戸時代中期の人々とべても、道徳観念が低く、何かしらの揉め事が発生した場合、拳や武器をもちいた暴力的な解決手段を取ることが多かった。そのため、日常的に殺し合いが頻発し治安が悪化していく。

この血生臭い習が横行した時代における日本刀は、戦場武器というよりも、携帯性の高さから強盗や喧器、いはそれらから身を守る為の護身用の武器であるという面も強かった。

(この問題を解決するために、豊臣政権や江戸幕府が様々な法案を出し、意識革も行っていくのはまた別の話。)

特に戦国時代には民衆の間で成人に達した男性脇差打刀を帯する文化が生まれ、戦国時代の後半に来日したカトリック教師達に「身分・貧富問わずあらゆる階層の者が携帯している」と表されるほどとなる。

一方で織豊時代以降からは権者を中心に美術作品としても高い評価を得ている。

平安時代後期~鎌倉時代完成形とも言われており、その用いた材料や正確な製造方法はロストテクノロジーとして未だよくわかっていない。 江戸時代~現代にかけて数多くの刀匠再現に挑戦しているものの、なかなかうまくはいかないらしい。

刀は武士の魂」というイメージが強いが、これは明治時代から昭和にかけて日本が軍義ヘのを歩んでいく過程で一般化されたもので、戦国時代中期までは矢が武士徴であり、戦国時代末期狩りという身分統制を経て初めて「武士徴」に変化した。(戦国時代末期にこのような言葉があったわけではなく、後世の学者が便宜的にそう呼称しているだけである。あくまで「徴」であり「魂」としていないことに注意。)

大東亜戦争後は、GHQにより「日本国内に存在する全ての日本刀」を処分するよう通達がなされ、武器として没収されたのち破棄・破壊されていったが、日本側の努により、"登録制の美術品"という形にすることで、全て失われるという最悪の事態は避けられた。しかし、このドサクサに紛れて、連合軍兵士神社閣などから日本刀を勝手に没収して本へ「戦利品」として持ち帰ってしまったため、数多くの名行方不明になっている。

現在インターネットで購入することも出来るが、高額な買い物になるので実物を見たほうがいいかもしれない。出来のよい無銘や、綺麗な銘入の古・業物のなどは数十万~数千万の価格で取引されているという。「なまくら」や「束」「数打ち物」と呼ばれる室町時代以降に大量生産されたなどは、10万円台~で購入することも可。なお所持については各都道府県教育委員会への登録が必須となっており、登録の日本刀を所持するのは銃刀法違反である。

現在宝・重要文化財級の日本刀は、博物館にて保管・展示されている事が多いため、興味がある人は行ってみてはどうか。(関連リンクを参照)

・・・と上で書いてあるものの、通常、宝や重要文化財は納まるところに納まっている(神社寺院博物館など)のが常だが、日本刀の場合は他の分類と較しても圧倒的に個人蔵が多い。理由は色々あるが、①報償として君から配下の武将に拝領する習があったこと、②GHQや進駐軍の狩りもどきがあったこと、③族(元大名)の没落によりが多数売りに出されたこと(紀州徳とか徳とかとか)などが考えられる。日本刀は他の文化財と違って研いだり油を差したり定期的に手入れをする必要があるから、たとえ手元に置きたくとも、大事にできない人の手から逃げていく。昔から「名は人を選ぶ」と言われる所以はそこにあると筆者は思っている。

日本刀の変遷

この項では、日本刀の種別を時代ごとの変遷に合わせて大雑把に述べる。

大昔に製鉄技術が伝わって以来、長く日本では反りの製作されていた。これをと言う。詳細については多くは述べないが、発想としては直(刺突体)を切断用にしたものと思えばいい。
蕨手
日本古代より使われた直の一種。柄の部分に反りがある特徴的な形態をしている。この反りが、日本における彎の誕生の原点となったと考えられている。
反りのあるの総称。平安時代中期に誕生し、以来日本スタンダードとなった。毛抜形太刀(けぬきがたたち)、鋒両造(きっさきもろはづくり)などを経て、現在一般的に日本刀と呼ばれる形態、太刀完成する。
太刀[画像]
反りの三要素を持ち、なおかつを下にして佩用するのこと。現代まで続く日本刀の基本形はここで完成される。平安時代後期に誕生し、飛び道具や長柄武器の欠点を埋める二次的な武器であった(しかし、巷で言われるような儀礼用ではなく、例えるならば右利きの人にとっての左手の役割に近い。)が時代に合わせてマイナーチェンジを繰り返しつつ日本戦場を駆け回ったことや17世紀以前の文献から「太刀打」や「一番太刀打ち」など太刀の使用を示俊する言葉が散見されることからそれなりの立場にある武器だった事がうかがえる。ただし、江戸時代以降、打刀一色になってからは本当に純な儀礼用になった。
五月人形の横に飾ってあるアレである。由来は「断ち」から。
打刀[画像]
[画像を見る]
形状は太刀と大差ないが、を上にして帯するものをしやや短めのものが多い。室町時代以降はこの打刀流となっていく。
時代によって形状が変遷し、元々は刺とよばれる短だったが南北朝時代における武器の長大化に乗っかって大化したのが始まり。後に戦乱期に大量生産されたり今では信じられない値段で安売りされたり幕末の頃には切っ先が長く反りが薄いものが多くなったりした。
由来は「打つ(=る)」から
一般的にイメージされる「おさんがに差す日本刀」はこれである。
脇差[画像]
武士武器(本差)の予備として持ち歩いた小振りので、するものをす。いわゆる「小太刀術」とは、この脇差のなかでも大きな物(55~59cm)を用いた剣術のことである。
短い方のアレである。また前述の打刀の予備・補助であり、特に小さいものは取っ組み合いや、合戦場で敵の首をり落とすために使われた。
大太刀[画像]
あるいは野太刀ともよばれる。定義はやや曖昧だが渡り85cm以上の大の日本刀をし、背負うように携帯することも多かったため背負い太刀とも呼ばれる。性質としてはというより長柄武器に近い。重量の割に柄が短いため扱いづらく、高価であったため、使い手には技術と財が要された。
少なくとも鎌倉時代初頭からその存在が確認され、南北朝時代にもっともよく使わたといわれている。
その後戦術の変化により下火になりつつも、江戸期に入るまで戦場で使われたほか、
威圧感があるため味方の戦意高揚や寺社への奉納的で作られることが少なくく、時代の要により
短く刷り上げられることも多かった。
長巻の太刀[画像]
大太刀で柄の長い太刀であり、長巻と略される。南北朝時代の後半に出現し、大太刀をより扱いやすくするため身の根元から中間にかけて革や布を巻きつけ持ちやすくしたことが起と言われている。薙刀と混同されがちでは明確ではない。
(なお、漫画アニメなどか、サブカルチャー上において大太刀などの大とともに斬馬刀と通称されることがある。)
分類上は長柄武器であるが、日本刀に含まれることがある。断面菱形または三角形の両っ直ぐな身を持ち、柄に差し込まれる茎(なかご)は身の数倍あり、かなり長い。南北朝の乱の後半に現れたが、古代に用いられた矛とは異なる武器であるとされている。
出現当初は2mほどの柄に短を付けた、いわば薙刀の代用と言えるものであり、あまり立たなかった。しかし応仁の乱以降は、戦闘動員数が増し、これまでの散兵戦術から密集戦術体に変化していったため、柄の長さも3mをえるようになり、戦国時代の後半から江戸初期にかけて重視されるようになった。特に長いは長柄とも呼ばれ、これを扱う兵士に数列の横隊を組ませそのを突き出すよう構えたモノをと呼んだ。
このような形は古今東西洋を問わず、正面突撃には非常に強かったが、山岳等起伏のある土地では使えず騎兵兵の補助が必要であった。なお、太刀打刀とは製法が異なる。

五箇伝

における五大流のこと。江戸時代鑑定の規準とするために分類された。日本刀には古来要な五つの生産地があり、その土地の名前を取って○○伝と称する。

大和
大和地方刀工集団による鍛法。古来日本の中心地であった大和地方日本刀工発祥の地とされており、奈良時代無銘は彼らの手によるものと考えられる。
千手院、手搔、保大和を擁す。
地方刀工集団による鍛法。発祥について当時の史料は残っていないが、山平安京遷都によって日本の中心地となった際、刀工集団も移住、発生したはずとされている。
刀工としては、宝「三日月宗近」の三条鍛冶宗近、「鬼丸」の綱などがいる。来行、来俊ら来一も山伝の刀工である。
備前伝
備前地方刀工集団による鍛法。中国山地は古代より良質の砂の産地であり、現代の刀工が使う玉鋼も、島根県のタタラ製鉄所で製造されているほどである。また、その他製作に必要な条件にも恵まれており、備前地方は長く類の巨大生産地であり続けた。特に中心地であった長船は名高く、「備前長船」は現代でもビッグネームである。また、鍛冶の為に木を切りすぎて洪水で壊滅したことでも有名である。
定、則などが有名。佐々木小次郎の「物干竿」は備前長船長の作とも伝わっている。
相州伝
五箇伝の中では最も新しい、相模地方刀工集団による鍛法。相模鎌倉鎌倉幕府の中心地であり、鎌倉中期に各地の刀工たちが移住してきた記録が残っている。鎌倉末期には正宗五郎正宗とも)を輩出し、彼の作は、後の相州伝の基本となった。ゆえに正宗が相州伝の完成者とされている。
正宗と、その子と伝えられる正宗十哲が有名。
美濃
美濃地方刀工集団による鍛法。鎌倉中期(長年間)に良質の焼土をめて九州から移住した元重に始まるとされている。特に美濃国関には多数の刀工り、現在でも関市物の産地として世界的に有名である。
「関の孫六」こと兼元、「之定」こと兼定が特に有名である。

製造方法

日本刀の定義および製造は、幕末刀工である心子正秀の残す書物によって定義され、玉鋼(たまはがね・和鋼とも)を材料として古式に則った作法でもって作られることが現行の法律によって決まっている。よって、新しく日本刀を製作しても、玉鋼(和鋼)を用いた伝統的な製法によるもの以外はすべて、日本刀としては扱われない

まずは玉鋼の精錬。
を原料として伝統的な製鉄方法「たたら吹き」で精錬される(現在の玉鋼の精錬は日立金属が取り扱っている)。

炭素量の少ない「柔らかい鋼」を背に「硬い鋼」をとして組み合わせる。だから切れ味は鋭いのに、折れにくい。

次に鍛造。
槌で打って鋼を圧着し、形を整え、鍛造効果で硬度は増す。でも背側の鋼は柔らかいから、砕けにくく、しなやか。
しかも脱効果もあって鋼の純度は上がる。

そして熱処理。
焼入れをするのだが、焼き入れ速度(鋼を冷ます速度)が速ければ速いほど、鋼は硬く・もろくなる。
だから身に泥を塗り、だけを露出させて焼き入れをする。(紋はこれで出来る)
当然先は硬くなるが、身は冷却速度が遅いのでしなやかさを保つ。

これらの製造過程を経て鍛え上げられた日本刀を切断した後に電子顕微で観察したところ、鋼に匹敵する,極めて小さな針状の結晶が絡み合い強度を高める微細な組織が観察された。

工学とか知らない人にとっては意味不明だろうが、この技術は成立年代的に考えて、オーバーテクノロジーもいいとこである(ただし一部を除けば日本独自の物ではない)。全な経験の積み重ねのみで到達したというのだからなお恐ろしい。

日本刀の威力

その威は様々な諸説があるのだが、最低拳銃で発射したガバメントの弾丸、ウォータージェット程度ではびくともしない事はトリビアの泉で判明している。最適な度であれば兜も割れる。

基本的に、漫画にあるような「人体を一両断」というのはなかなか難しい。プロの介錯人でさえ、人の首をはね損ねる場合もある。それだけ人間というのは硬いのだ。が・・・

日本刀の中にはとんでもなく恐ろしいれ味を持つ名が多数存在する。 有名な物の一つに「童子切」と呼ばれる日本刀がある。源頼光であり、天下五剣の一振りで現在宝に定されている。
江戸時代に試し切りの達人が、罪人6人の死体を重ねて童子切を振り下ろしたところ、死体6体がバッサリと切断され、なおも勢いが止まらずに土台までが食い込んでしまったという。 
源頼光酒呑童子の首を切り落としたと言われているこの名は、東京国立博物館に保存されている。
 


次へ»
最終更新日: 20/10/18 08:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ