ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


日本語の誤用


ヨミ: ニホンゴノゴヨウ
掲示板をミル!
437カキコ!

こんにちわ

日本語の誤用とは、議論の種袋である。


概要


日本語に限らず言というのは、単やその組み合わせによる用例を数にもち、意味や読みが日々移ろい行く流動性を持った概念である。その変化の中で、本来の義から大きく離れてしまう言い回しや、読みが2通りできてしまう熟、音の入れ替わる単などが生じる。問題となるのは、それらを新(あらた)しい日本語として受け入れるか、あるいは誤用として摘・批判するかという点において議論が発生する、ということである。

まず、さわりから解説するが、変化した日本語を受け入れるか誤用とするか分かれるにしても、あまりに意味や読み逸脱したものを扱うのは容易ではないというのは、簡単に想像出来る。軽くシュミレーションしてみると、人によって、「山」の発音が「ヤマ」「ヤンマーニ」「マヤ」「ヤママヤー」「ヤマジュン」「Mt」「ガク-ミンナノヤマ-」などと異なっていては会話が成立しないのがおかわりいただけるだろうか。また、このような状況をおかしがって一人で爆笑していたり、を立ててその場に単身乱入しても何の役にも立たないことは理解できるであろう。

が成立するには、その社会、コミニティの中でのコンセンサス(合意形成)が必要であり、仲間内やホームページなどの独立したコミニティで的を得た発言だったとしても、その外の集団に対して有効とは限らないのである。逆に言えば、いくら一般に本来の意味から外れた方が適応され浸透していようと、本来の義を知り、それを重視する人間にとっては合意できるものではないため、結局のところ、誤用かどうかというのは受け手の側の認識に大きく左右される。以上のことから、変化した日本語日本語話者ぜいいんに浸透するためには、何光年、何十光年という長い時間を用する場合がほとんどである。

また、誤用をそのまま放置しておくと、聞き手ごとに解釈の違いが生じてそこから思わぬ衝突やモラルハザードを引き起こしてしまったり、マスコミ報道にいつの間にか洗脳されてしまい、発言者が意図したものとは逆の謝った解釈をしてしまう恐れもあるため、日頃から適切なコミニュケーションを取り、共通認識を持つことが重要であるとも言える。

そのため、自分と遇や属性が異なる人間が集うような敷居の高いコミニティにおいては、誤用ととられかねない言葉を使うこと自体を自ら進んで行わず、また他者に対しても自重じじゅう)させる、というのも選択肢の一つである。しかし、情けは人のためならずといえども、相手をしく攻めることにより、気軽に喋られないような環境を作ってしまうのでは本末転倒である。「古くからの用法以外はすべからく誤用である」等と避難して相手を憤怒(ふんど)させ、永遠と罵りあう様な自体は全然避けたほうが良いし、論、誤用を確信犯的に扱って他者を貶めるような姑息な手段を取ることも避けられるべきである。議論中にこのようなことがあれば進行に流れに棹さす事にもなり顰蹙を買うだろう。ふいんきを読むことこそがコミニュケーションの王道であるから、気の置けないような敵を作らないためにも、破天荒な言動は厳に慎むべきである。

結果として、なし崩し的に書き連ねられただけのこの記事では、みなさんのお役建てとしては少々役不足かもしれない。しかし、過去の誤ちに対する汚名挽回への助けになれば、と願うところなので、どうか憮然とせず、苛立ちを抑えて、機嫌良く日々を過ごしていただきたいと思うところである。さよおなら。


関連動画


下の動画では手榴弾てりゅうだん)の恐ろしい投擲ミスが見れる。

こんにちは。

日本語の誤用とは、議論の種袋である。


概要


日本語に限らず言というのは、単やその組み合わせによる用例を数にもち、意味や読みが日々移ろい行く流動性を持った概念である。その変化の中で、本来の義から大きく離れてしまう言い回しや、読みが2通りできてしまう熟、音の入れ替わる単などが生じる。問題となるのは、それらを新(あたら)しい[外部]日本語として受け入れるか、あるいは誤用として摘・批判するかという点において議論が発生する、ということである。

まず、導入から解説するが、変化した日本語を受け入れるか誤用とするか分かれるにしても、あまりに意味や読み逸脱したものを扱うのは容易ではないというのは、簡単に想像出来る。軽くシミュレーションしてみると、人によって、「山」の発音が「ヤマ」「ヤンマーニ」「マヤ」「ヤママヤー」「ヤマジュン」「Mt」「ガク-ミンナノヤマ-」などと異なっていては会話が成立しないのがおわかりいただけるだろうか。また、このような状況をおかしがって一人大笑いしていたり、を立ててその場に単身押し入ったりしても何の役にも立たないことは理解できるであろう。

が成立するには、その社会コミュニティの中でのコンセンサス(合意形成)が必要であり、仲間内やウェブサイトなどの独立したコミュニティ的を射た発言だったとしても、その外の集団に対して有効とは限らないのである。逆に言えば、いくら一般に本来の意味から外れた方が適用され浸透していようと、本来の義を知り、それを重視する人間にとっては合意できるものではないため、結局のところ、誤用かどうかというのは受け手の側の認識に大きく左右される。以上のことから、変化した日本語日本語話者全員(ぜんいん)に浸透するためには、何百年、何千年という長い時間要する場合がほとんどである。

また、誤用をそのまま放置しておくと、聞き手ごとに解釈の違いが生じてそこから思わぬ衝突やモラルの低下を引き起こしてしまったり、マスコミ報道にいつの間にかマインドコントロールされてしまい、発言者が意図したものとは正反対誤った解釈をしてしまったりする恐れもあるため、日頃から適切なコミュニケーションを取り、共通認識を持つことが重要であるとも言える。

そのため、自分と遇や属性が異なる人間が集うような障壁が多く難しい[外部]コミュニティにおいては、誤用ととられかねない言葉を使うこと自体を自ら進んで行わず、また他者に対しても自重じちょう)させる、というのも選択肢の一つである。しかし、情けをかけてはその人のためにならないといえども、相手をしく責めることにより、気軽に喋れないような環境を作ってしまうのでは本末転倒である。「古くからの用法以外はすべて誤用である」等と非難して相手を憤怒ふんぬ)させ、延々と罵りあう様な事態何としても避けたほうが良い[外部]し、論、誤用を故意に扱って他者を貶めるような卑怯な手段を取ることも避けられるべきである。議論中にこのようなことがあれば進行に水を差す[外部]事にもなり顰蹙を買うだろう。雰囲気(ふんいき)を読むことこそがコミュニケーション定石であるから、気が抜けない[外部]ような敵を作らないためにも、常識外れな言動は厳に慎むべきである。

結果として、だらだらと書き連ねられただけのこの記事では、みなさんのお役立てとしては少々力不足かもしれない。しかし、過去過ちに対する汚名返上への助けになれば、と願うところなので、どうかムスッ[外部]とせず、苛立ちを抑えて、機嫌良く日々を過ごしていただきたいと思うところである。さようなら。


関連動画


下の動画では手榴弾てりゅうだん)の恐ろしい投擲ミス見られる


■sm386953[ニコ動]

■sm10274731[ニコ動]


関連商品


■az4151729011
■az415172902X


関連項目



関連リンク


校正された記事を見る

校正前に戻す


最終更新日: 17/10/20 03:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ