ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


日産・マーチ


ヨミ: ニッサンマーチ
掲示板をミル!
32カキコ!

日産・マーチとは、日産自動車1982年から製造している小ハッチバック乗用車のことである。


概要


マーチ名の意味は、英語の「3月」や「行進曲」という意味。一般募で決定された。
なお、ヨーロッパ仕様だと名称は「マイクラ」となり、意味は英語の小さいの「ミクロン」の複数形である。
大人4人が快適に移動できるパッケージングと優れたコストパフォーマンスを特徴としている。
また、モデルパン(世代交代)が他の日本べると長く、10年間製造された式もある。

一般募から決定された『マーチ』の発表はTBS系列で放送していた『8時だョ!全員集合』の生放送中であった。
これは当時日産自動車が同番組のスポンサーであったため。

軽自動車を扱うまでは日産の中でも最小サイズ種でありエントリーカー(初心者向け入門)として、また初代モデルからワンメイクレースが行われるなど、手軽なモータースポーツへの登竜門という一面も持つ。


初代・K10型(1982~1991年)


1981年に第24回東京モーターショーに「NX・018」として参考出品される。
同時に翌年の1月まで、名の一般キャンペーンを開始。全からの応募数は、565万通に及ぶ。
エッジの利いたボディデザインは数々のを手がけたジョルジェット・ジウジアーロ氏の作。

1982年10月に発売。当初は3ドアハッチバックのみで、4グレードで展開。エンジン1000cc4気筒のキャブレター仕様のみであった。

1983年9月に5ドアハッチバックを追加。1984年からは現在でも続くワンメイクレースマーチカップ」が開始される。

1985年マイナーチェンジと同時にターボエンジンを載せた「マーチターボ」が登場。同時にパワーステアリングがOP設定がされるようになる。

1987年には屋根の一部を開放できる「キャンバストップ」が登場。同時にパワーステアリングを全グレードにオプション設定。

1988年マーチターボにスーパーチャージャーを追加した競技向けの「マーチR」が登場。ラリーで大活躍をする。

1989年マイナーチェンジ1991年に生産終了。

当初のイメージキャラクターには、タレント近藤真彦マッチ)を起用。キャッチコピーも「マッチマーチ」であった。
この頃にマーチカップに参加したことが、彼がレーサーとしてのを歩むようになったきっかけと言われている。

また、バブル期には「パイカー」と言う種が登場する。1987年には「Be-1」、1988年には「パオ」、1991年には「フィガロ」が登場するが、ベースはすべてK10マーチベースとなった。


二代目・K11型(1992年~2002年)


1992年1月に初のフルモデルチェンジ。すべてが新開発となった。
エンジン1000ccと上級版として1300ccも登場、すべて電子制御化がされる。
ミッションも先代にあった4速MTと3速AT止。MTは全て5速、オートマは4速AT日産初のCVTが設定された。
なお、先代で過な性を誇っていたターボモデル止となっている。

このモデル欧州市場を意識して開発され、当時のヨーロッパ製小に並ぶ商品性を持つことに成功。
値段第1で「安かろう悪かろう」な商品となっていたコンパクトカー革命をもたらした。
内外での評価も高く、1992年に第13回日本カーオブザイヤーと通産グッドデザイン賞を受賞。
さらには、1993年ヨーロッパカーオブザイヤーを日本で初めて受賞する。

1996年度には142,000台を販売、不況と大な借に喘いでいた日産を支えたの一つでもあった。
発売開始から10年近く経った2001年時点でも5000台をキープしていたほどである。

1994年に一部良により、運転席エアバックが標準装備となる。

1995年マイナーチェンジ。内外装を良。

1997年には大幅なマイナーチェンジを行い、インパネとフロント部分を大幅に変更。

1998年モデルキューブ」が登場

1999年にはオープン仕様の「マーチカブリオレ」やステーションゴン仕様の「マーチBOX」が登場する。

素直な走りと改造パーツが豊富な事から、K11レース世界でもされている。


三代目・K12型(2002年~2010年)


2002年2月モデルチェンジ。このモデルもすべて新開発となった。
排気量は1000cc2004年止)から1200cc1400ccラインナップ。
ミッションルノー製の5速MT日本製の4速AT(後にCVTが追加)を設定。

まず、K12の大きな特徴はそのスタイリングだろう。
カエルのようなクリクリとしたヘッドランプと丸っこいデザインは特徴的である。
ボディカラーにも豊富なカラーバリエーションを設定、内装にも個性的なカラーが用意されていた。

この頃になると他社の競合種が増えたものの、発売当初は標の倍に迫る大ヒット
発売から4年2006年でもK124000台を売り上げる程の人気を誇った。
この裏には、他社製コンパクトカーが新になるにつれてサイズを拡大していた事が大きい。
ならではの取り回しの良さを重視したユーザーにはK12の『コンパクト』さは大きな利点だったのだ。

2003年に高出化されたエンジンをはじめ、専用部品でチューニングされたスポーツモデル「12SR」が追加された。

2005年マイナーチェンジ。3ドアハッチバックヨーロッパ市場では健在)仕様止と最高峰グレードに1500ccエンジンCVTを採用する。

2007年マイナーチェンジと、オープン仕様の「マイクラC+C」を追加。これは英国日産で生産された輸入モデルである。

このモデルでもワンメイクレース仕様が発売、NISMOチューニングを受けたコンプリートカーも発売されている。


四代目・K13型(2010年~)


2010年7月モデルチェンジ。生産を神奈川県の追工場から、タイ日産の工場製となった。
K13はこれまでのアジア欧州市場から南を初めとした新での需要をも狙った際戦略として開発された。

エンジンは新規に開発された3気筒1200ccミッションCVTのみの設定となった。海外仕様では4気筒1500cc4AT、5MTも設定されている。

一部グレードに日産初のアイリングストップを装備。これにより、1200ccの場合燃費がリッター辺り26kmと優れた経済性を持つ。

現在このクラスの競合種は軒並み幅が5ナンバサイズの上限に近い1695mm前後となっている。
しかし、マーチ日産におけるエントリークラスの役割を果たしていること、狭いのすれ違いを気にするユーザーにも対応する的から、全幅は1665mmとやや狭めに設計されており、先代とべても幅の拡大は5mmに抑えられている。

先代のK12 較すると経済性の向上、新の荒れた路面も視野に入れた体剛性の強化が行われている。

2013年マイナーチェンジが行われ、フロントマスクなど大幅に変更された。そして、スポーツモデルnismo」と「nismo S」が追加。12SRと同じくオーテックが開発した。

nismo S」は海外仕様マーチチューニングしたものとなっており、4気筒1500ccエンジンの5MTが設定された。


関連動画



■sm4231042[ニコ動]

■sm3762017[ニコ動]
■sm3378031[ニコ動]
■sm1829969[ニコ動]


関連商品


■az4891070374
■az4891073373
■azB000A7T3QK


関連項目



関連リンク


マーチ公式ホームページ[外部]


最終更新日: 16/03/03 13:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ