ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


早乙女玄馬


ヨミ: サオトメゲンマ
掲示板をミル!
20カキコ!

早乙女玄馬とは、高橋留美子原作の格闘ラブコメらんま1/2』に登場する架武道早乙女乱馬父親でもある。(CV緒方賢一


概要


差別格闘早乙女流の創始者。

妻はのどか長男に乱がいる。

武道師匠八宝斎で、早雲とは兄弟子である。

差別格闘流を後世に伝えるため、乱早雲三女あかね結婚させようとしている(だが、もし結婚したら、早乙女流か流のどちらかが消えるのでは?)

性格は自堕落で息子以上にいい加減。また、が絡むと時折暴走する。


武道家としての玄馬


八宝斎から「差別格闘流」を学び、その後「差別格闘早乙女流」を創始した。(早乙女流の技については早乙女乱馬必殺技を参照してください)

息子早乙女流の二代にするため、母親情は必要ないということで、玄は幼い乱を連れて修行にでた。(その時に妻のどかに乱が男らしく育たなければ親子で切腹すると誓う)

当然乱母親の事を知らなかったが、彼が16歳の時に再会をする。(だがを被ると女になるため、しばらくは乱子と名乗って正体を隠していた)

中国に渡り、伝説修行場「呪泉郷」で修行の最中に熊猫に落ちてしまう。

このに落ちた者はを被るとパンダになり、お湯を被ると元に戻るである。一応、パンダヒグマなどのと同様に気性が荒いため、猛と捉えられてもおかしくない動物…なのだが、今作ではあくまで人間の言葉を口にせず、下記の方法で意思疎通を図るマスコットのような扱いになっている。そのためか、パンダの姿でも、然とした様子で人間と接している。

居候してからだらしない生活を送っているが、時々息子と共に修行に出ることもあり、武道としての向上心はあるようだ。
また、よく言えば実戦的、悪く言えば非常にえげつなく人的に問題ありな"千拳"・"山千拳"という高度な剛柔の技を開発するなど、武道としての素質の高さを見せる場面も稀に見られる。

早乙女乱馬を鍛え上げ、アニメ100話では響良牙師匠となっているため、導者としての実も高い。

また、八宝斎と同様に気で体を大きく見せることができる。

 


その他


初期の頃は東の接院で仕事をしていた(現在でも続けているかは不明だが、たまに妖怪退治を行っている。)

パンダのときはプラカードで言葉を伝える。

アニメの方では「アポ」という鳴きである。(初期の頃の玄の鳴きは玄役の緒方アドリブだが、言葉の不自由な人の真似になるといけないから「アポ」となった)


関連動画



■sm16890795[ニコ動]

■sm15111334[ニコ動]


関連商品


■azB001NXCW4K
■azB001D2AXXI
■azB001D27KC0
■dw4084100


関連静画


■im1513828(静画)
■im949314(静画)


関連項目



最終更新日: 17/04/23 10:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ