ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


明和町


ヨミ: メイワチョウ

明和町(めいわちょう/めいわまち)とは、

  1. 三重県多気に属する町
  2. 群馬県に属する町

である。前者の読みは「めいわちょう」、後者は「めいわまち」。意外にも両町は相互関係を持っていて、友好交流提携等が結ばれている。


1の概要


ロマンのまち明和町

三重県の中南部伊勢平野南部に位置する人口約2万人の田舎町。風化が進んだ崗岩を地質としており、ため池が多く形成されている。玉城、多気町との界に近い南部に斎宮池、シンゲ池、惣田池、上村池がある。降量はに多く、に少なくなる傾向にある。日本中部に位置する事から気は温暖で、伊勢湾に面した北側には防として植えられたクロマツが群生。中央の平野部は農耕地帯となっているが、スギやヒノキが植されており自然が顔を覗かせる。南側は豊かな平野小高い丘陵地帯(大仏山丘陵と玉城丘陵)が広がり、アカマツコナラを中心とした雑木が広がる。町内には祓(はらいがわ)と(ささぶえかわ)という河川が南から北へ流れており、河畔ヨシを中心とした湿原植物が軒を連ねる。町中部東方には天然記念物に定されたハナショウブの群生地がある。温暖な気植物の生育に適し、1998年時点で548種の種子植物が確認されている。全体的に見ると自然の方が優勢である。

町章は三日月太陽ったもので、町イヌマキ。総面積40.38方kmに及ぶ。な産業は農業で、とりわけ野菜などの出荷量が多い。北東部は伊勢湾に面しているため、漁業産物も取り扱う。また大淀アカウミガメ産卵地にもなっているとか。松阪市伊勢市小俣町、玉城町、多気多気町と隣接。

上下を松阪市伊勢市に挟まれているが、いずれにも属していない。ただ行政的には松阪市に属している扱いで、ハローワーク警察の所管は阪となっている。天皇の名代として伊勢神宮に仕えた斎王が居住していた都・斎宮(さいくう)があり、観光地として整備されている。斎宮周辺は長らく伊勢神宮の領地だったので、歴史的に伊勢神宮との繋がりが強い。斎宮のハナショウブ群落は天然記念物に、斎宮跡はの史跡に、斎宮地区内にある旧陸軍第7通信隊第128部隊の防壕は県内初の定文化財になっている。三重県立斎宮歴史博物館も建てられており、歴史を追体験できる。しかし観光名所としてはイマイチなのか観光収入に乏しく、阪と伊勢を結ぶ通り扱いを受けている。このため町ではに匹敵するようなブランドの開発にを入れている。

合併吸収をしていないにも関わらず駄に町が広いため、小学校が6つもあり校区も明星、修正、斎宮、上御糸(かみみいと)、下御糸(しもみいと)、大淀(おいず)に分かれている。そのくせ中学校が1つしかないので、6つの小学校卒業生が1つの中学校に集まる形となり、1学年6クラスくらいに膨れ上がる。町内に高校以上はいので、進学を希望する場合は町外へと出て行く必要がある。

的なド田舎で、長らく町内のコンビニは僅かミニストップ1店舗のみだった。最近になってファミリーマートサークルKが進出したが、広い町内をカバーし切れているとは言いがたい。スーパーの類は南部鳥羽阪線沿いにしかなく、離れた所に住んでいると自が必須となる。娯楽施設に乏しいこの町は、若者にとって退屈極まりない町と言える。一応、町内の娯楽施設はイオンモール(後述)に一点集中しているのでい訳ではないが…。

戦時中は陸軍の第7通信隊が、現在の明和町役場前に拠点を置いていた。付近に戦闘機メッカたる明野飛行場があったため、陸軍の影が強かったものと思われる。


めい姫


明和町のゆるキャラ2010年募され、600をえる応募総数から選ばれたマスコットキャラクター。斎宮と斎王をずっとそばで見続け、憧れていたハナショウブが君に変身した姿である。和風黒髪ロングの容姿をしており、みんなからチヤホヤされるのが大好きらしい。のじゃロリ

自分の事を「わらわ」、相手を「そち」「そなた」と呼ぶ。ダンスが得意な永遠の女の子で、のんびりしているが好奇心旺盛なやんちゃ坊主な一面も持つ。


歴史


明和町のある場所で人が生活し始めたのは、今から約1万数千年前の旧石器時代後期と言われている。町内各所からナイフ形石器が出土しており、また11ヶ所ある遺跡からは投に使われた木葉形頭器が発掘されている。古くから人が住んでいたため、歴史のある神社寺院古墳が確認できる。673年に斎王制度が始まり、伊勢神宮に仕える斎王が住む御殿や役所が作られた。明星地区にある池遺跡や宮土器調製所で祭事に必要な土器が製造されていたという。後者現在でも伊勢神宮事で使用する土器を作っている。

1588年、建築してとなった戦国武将・蒲生氏郷伊勢神宮に繋がる伊勢街道を整備。この時、明和町内のも整備しており、これがのちの県道伊勢小俣阪線となっている。伊勢に向かって多くの参拝客が通ったため、籠屋、屋、土産屋などが増。江戸時代全盛期を迎え、紀州や諸大名の休憩所にもなった。江戸時代中期以降になると、堂氏、紀州の田丸氏、鳥羽稲垣氏、伊勢神宮八田加納氏、西条有馬氏によって分割統治され、混沌としていた。このように複雑に入り組んだ場所は県下でもしく、隣村同士なのにが違うという事態になった。が違うと何をするにも許可が必要になり、これにより生じる不便が領民を苦しめた。上御糸地区と下御糸地区では日本一の質を誇った阪木綿の生産を行っており、糸染めから織る作業まで一貫して同地でやるという全的に見てもしい体制が採られた。1893年に参宮急行の参宮鉄道が開通し、交通の便が善された。しかし当時は伊勢街道を通って伊勢神宮へ参詣するのが流であり、開通には多くの地域住民が反対したという。開通後、伊勢街道は次第にれていき、現在は見る影もない。

大東亜戦争中の1942年、兵器材料を確保するため金属品の供出が決定。1943年以降から軍の命が下り、寺院鐘が供出された。また1942年12月25日陸軍第7通信連隊128部隊が編成され、町役場の南側に基地を設営している。1944年4月教育中隊となり、終戦直前の1945年6月25日に解隊された。付近に明野飛行場があった事、立った軍需工場がかった事からB-29爆撃を受けなかった。しかし住人が戦地に出し、718名が戦没している。

1958年9月3日に三村と斎町が合併し、明和町が誕生。町名は元となった村を組み合わせたもの。1970年より斎宮跡地の発掘調が行われ、1979年には斎王の宮殿や役所などがの史跡に認定された。2015年には物語「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」が日本遺産として文化庁認定歴史ある町として着々とをつけている。


交通網


町の北部には国道23号線が、中部には伊勢街道が、南部には鳥羽阪線が東西に伸びており、伊勢方面及び阪方面への移動が容易。少し足を伸ばせば、伊勢自動車道(高速道路)も利用できる。このため津市松阪市伊勢市ベッドタウンという側面も持っている。自を持っていれば移動に不自由する事はそうそういのだが…。

逆に、公共交通機関が悲惨。無料町民バスが走っているが、1日に数本しかない田舎丸出しの貧弱っぷりである。移動の足として使うにはほぼ不可能。町内には近鉄山田線が走り、明星駅斎宮駅が存在する。しかし各駅停車以外は停まらず、本数も少なめ、さらに運賃割高と三重苦が待っている。近隣のに娯楽施設が全くい点も乗価値を下げており、イオンモールなどがある最寄りの松ヶ崎駅ですら5も離れている。ゆえに自無双する大きな要因となっている。利点らしい利点を挙げれば、明星駅には車両基地があるので駅員が常駐し、特急券が購入可な点くらいである(以南の無人駅が多い)。


地獄に降り立った天使、明和イオンモール


明和イオンモールとは、国道23号線沿いに位置するショッピングモールで、町を徴する商業施設。2001年に開設されるまで町内にまともな商業施設がスーパー南部鳥羽阪線沿いにしかい有様だった。このため北部の大淀・上御糸・下御糸方面の町民は大変な不便を強いられ、それ以外の地区も隣町にある玉城町のジャスコ(当時)に頼らざるを得なかった。町内には商店の「し」の一文字かったため、明和町だけで生活するにはあまりにも厳しい環境だった。

このような状況で行われたジャスコの進出は、まさに守護女神の降臨だった。サイゼリヤマクドナルドといったファミリーレストラン上新電機ゲームセンター、本屋、衣服店、109シネマズホームセンターなど明和町に足りなかった部分を見事に補し、く間に町民の生活を支える柱となった。特に109シネマズの町進出は、明和町が初である(他は区やにしかない)。当時の名称は明和ジャスコだったため、「明ジャ」の略称で親しまれた。現在イオンモール名しているが、名残で明ジャと呼ぶ人は多い。

国道23号線沿いにあるので伊勢市松阪市のお客さんも来店しやすく、不動の地位を獲得している。その圧倒的なは、今まで町民の生活を献身的に支えてきた玉城ジャスコから全におを奪い、2005年閉店へと追いやった。ゆえに明和町と言えばイオンモールと呼ばれるほど内外に有名。近隣地域にはおこぼれを狙った出店が相次ぎ、飲食店、スギ薬局ドコモショップ、ケーズ電機、理店などがイオンモール周辺に進出している。若者にとっては一の憩いの場であり、よく中学生が遊びに来ている。

しかし最寄りのである斎宮駅から5kmも離れているため、を持たない交通弱者には優しくない。一応、イオンモールから無料送迎バス(1時間に2本)が出ている。


主な地区



関連項目



最終更新日: 20/08/28 07:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ