ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


星の子ポロン


ヨミ: ホシノコポロン
掲示板をミル!
298カキコ!

星の子ポロンとは、1974年頃に制作され、北海道文化放送他で放送していた電子紙芝居アニメ作品である。全260話(諸説あり)。


概要


ポロンチャンダヨーそのあまりにも短い放映時間とぶつ切りなストーリーで知られている怪作。

製作自動車教習所教育映画などを手がけていた実写映画制作会社時報映画社アニメーション制作は同社がアニメ部門として設立した子会社日本動画が手がけている。

チャージマン研!」のMADに出演していることが多いので本作も同じナック制作だと誤解されることが多いが、実はナック作品ではない。……ただ、本作にはナック作品の下請けを手掛けたスタッフが参加していることが判明している。


内容


内容はいわば子供向け教育アニメであるが、たった2分半で2話分を放映する狂気の番組であるため、超展開が常用されている。

内容を起承転結で簡潔に表すと、

といったもの。

これを1話につき約1分でやるので、最後まで意味不明理解不能超展開が続く。そして都合15で「ひどい」「制裁」を描写しなければならないため、「ブレーキをいたずらしてはいけないよの巻」[動]スーパーカー撲殺解体ショー「アトリエの乱入者の巻」[動]の人体バラバラなど、説教どころか到底子供向けとは思えない直接的な描写が入ることもある。

おまけに低予算がたたって2コマセル作画なんとかアニメにしているため、まるで紙芝居のようなチープな作画が狂気を誘う。タイトルの、これから情け容赦ない々とした時代劇が始まるのだと言わんばかりの筆文字ポイントが高い。

主人公であるポロンちゃんも超展開をまともに食らっているため、当然のごとく問題解決は超展開であり、加える説教超展開のためにもはや肉体言語としか思えない手段を加えることもある。ナレーターももはや意味不明なまでに投げやりになっている。
昔のセルアニメに特有のノイズも入っており、あらゆる面でチャー研電波アニメと言っていいだろう。

OPやEDには電子音楽ともいわれるジャン=ジャック・ペリーJean-Jacques Perrey)の曲が使用されており、本編でも意外と有名どころの曲が使用されている。なおこれらの曲はライブラリー音であり、もちろん星の子ポロンの為に作られたものではない。

また、ポロンちゃんとその他いくらかの役には駄に大御所声優野沢雅子が起用されている。


放送実績のあるテレビ局


「星の子ポロン」は番組販売(番組制作会社が個別にテレビ局に番組を販売する形式)らしく、いわゆる民放テレビネットワーク縛りから外れた形で各局で放送されている。

放送されたのが確認された放送局は以下の通り。

放送期間など詳細は星の子ポロンまとめWiki[外部]を参照。


近年の動向


星の子ポロンまとめWikiも参照。[外部]

「その1」~「その7」から5年ぶりと言う久しぶりの「その8」「その9」「その10」の発掘を経て大量発掘へ至った星の子ポロン。
しかし、製作会社であるナックが現役の「チャージマン研!」等と異なり、「ポロン」は時報映画社の消息が不明、権利関係も不明という有様で、メディア等で大きく取り上げられる事はかった。

そんな中、2016年12月ガジェット通信『アニメ流行語大賞2016』[外部]の上位25個のワードに「バイバイバナナ」がノミネートすると言う異様な事態に至った。ポロニストによる組織票熱心な投票の結果、得票数1位を獲得。この結果を受けて、アニメ流行語大賞としては異例の特別賞組織の力賞」を受賞した。

さらに2017年5月に発表されたNHK『ベスト・アニメ100』[外部]ではなんと総合38位ランクイン男性票では13位、70年代では3位)。ネット投票による結果、BSプレミアムでの特番放送で名前が紹介され、総合99位の「ガンとゴン」と共に数ある名作の中で一際異を放つこととなった。なお、この2作はNHKを以てしても権利者を見つけることができなかったらしく、画像も映像もなしで紹介されるという異例の事態となった。

2018年10月にはNHK-FMアニソンアカデミー』の企画アニソンランキング部」で、本作のOP曲『Boys and Girls』が1970年1974年アニソンランキング1位いた。

また、2015年3月にはネットタレントドグマ風見氏がポロン役の声優野沢雅子氏に接触野沢氏の記憶の底からポロンを引き出すことに成功した。(リンク先[外部])

2018年3月にはニコニコ生放送内で、遂にポロン作画スタッフの一人と接触できた事が報告された。声優を除く作品に直接携わった関係者とファンが交流できたのはこれが初とされる。(リンク先[外部])


ナック製TVアニメ『チャージマン研!』との関係性


本作と『チャージマン研!』は本来は直接的な繋がりは全くいのだが、なぜかネット上では一緒くたに扱われたり、双方のMADゲスト出演させられたりすることが多い。

その元は、星の子ポロン本編投稿からわずか一ヶ投稿されたチャー研×ポロン手描き動画『星の子ジュラルん』[動](再うp[外部])である。この動画の影で、チャー研の作品ファン(チャーケニスト)にその存在と内容が大きく知られる事となった。


■sm30272917[ニコ動]

これをきっかけとして、様々なチャー研MADでも『星の子ポロン』の映像キャラクターが(ネタ的な意味で)度々使われる事態となり、チャー研MADにおいて他のナックアニメ(『透明少年探偵アキラ』など)と近い扱いを受けることとなった。この名残で本作のファン層にはチャーケニストが多く、今でも関連動画チャー研語録が使われることがある。

■sm13190649[ニコ動]
■sm17417978[ニコ動]

■sm25921325[ニコ動]
■sm26759230[ニコ動]


関連動画


二次創作動画などは「ポロンMAD」「星の子ポロンアニメ化計画」の記事なども参照。

また、ポロンMAD素材等は「ポロンMAD」の記事にリンクがあるため参考にしよう。


本編


■sm5759234[ニコ動]
■sm5984912[ニコ動]

■sm28895300[ニコ動]
■sm28993378[ニコ動]

■sm31651055[ニコ動]
■mylist/55962021

後述する通り本作の映像は有志が録画した物しか現段階では見つかっておらず、さらに言えば製作会社がとっくの昔に閉鎖してしまったため権利不明の作品となってしまっている。

さらに資料による全話数の半分もしくはそれに満たない話数しか発掘されていないため、現段階で全話を視聴するのはほぼ不可能となっている。それでも、2016年の中頃に始まった映像の大量発掘によって現在では昔とはべ物にならない程の量が視聴可となっている。

■sm31125093[ニコ動]
■sm31719174[ニコ動]

初心者は、人気傑作エピソードを集めた「傑作選」[動]の視聴を推奨する。発掘済の回を全て見たい場合は、「その1」[動]から順番に見ても楽しめるし、ニコニコミュニティで有志によって行われた上記の一挙放送(順番はランダム)の動画を見ても良いかもしれない。全話同時に見れば2分半で終わるけどね。[動]


その他


■sm30311110[ニコ動]
■sm31147731[ニコ動]
■sm31703180[ニコ動]
■sm33899980[ニコ動]
■sm34049269[ニコ動]


関連コミュニティ


■co2991052

遂に大量の録画が発見され、2016年6月から2017年8月まで毎週土曜に新作が約1本ずつ、ニコ生ニコ動にて同時開されていた。
現在は不定期の本編MAD放送や、その他関連する放送が行われている。放送の数日前にはコミュニティにお知らせが載るため、興味があれば確認するといいだろう。


関連商品


今のところ発売中のメディアはなく、それどころかフィルム自体が現存するのかもまったく不明である。ナック以下?)
現在ニコニコ動画アップロードされている映像は、テレビ放送時に録画されたものがソース元となっている。いまだに全話発掘されていないので作品や映像に関する情報提供む!


関連立体



関連項目



関連リンク



最終更新日: 19/07/10 16:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ