ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


春琴抄


ヨミ: シュンキンショウ
掲示板をミル!
13カキコ!

春琴抄しゅんきんしょう)とは谷崎潤一郎による中編小説である。1933年、『中央論』に発表。


概要



ストーリー


大阪種問屋に勤める丁稚の佐助は店の二番である美少女琴の世話係を任される。この琴は裕福なの子女として甘やかされて育てられたうえ病気で盲いてしまい大変気難しい性質の少女だったしかし佐助は苛な扱いに反発する事く忠実に琴に仕える。琴は当時の盲者の常として三味線を習っていたがその稽古についていくうちに佐助もこっそりと三味線練習をするようになる。ある時この事が発覚し問題になるが結局佐助が琴の子になることで決着がつく。

琴の教え方は時に暴力を伴うほど厳しいものだったが佐助は涙を流しつつも耐え抜いて稽古を続けた。そんなある日琴が妊娠していることが発覚し様々な状況拠から佐助の子であることは明であったが「下男に体を許す事などありえない」と琴は頑として否定する。琴の両親はどうせまともなぎ先が用意できる訳でもないし佐助と結婚させて暖簾分けをすることまで考えたが琴は受け入れず結局生まれた佐助そっくりの赤子は里子に出されることになった。

数年後、三味線師として独立した琴について佐助もを出二人暮しをはじめたがあくまで師匠子、人と使用人の関係のままだった。

妙齢の美人三味線師として評判となった琴の元には三味線を習う事よりも琴と近づきになる事を的とした子が通うようになるそんな中の一人がある時琴に言い寄るが琴は手ひどく振ってしまう。その直後何者かが琴宅に押し入り琴の顔に熱湯を浴びせかけるという事件が起きる。火傷により元来の美貌が崩れ二と見られぬ顔になってしまったことに琴は絶望しやがて包帯が取れれば佐助にその醜く爛れた顔をさないといけない事を恐怖する。そんな状況にあって佐助は針を持って自らの両を潰し琴に自分は盲となったからお師匠様の顔を見ることはないと告げたのであった。

その後、また穏な暮らしが戻り佐助は三味線師として子を取るようになりもっぱら佐助の稼ぎによって琴との暮らしを賄うようになった。そのころになると琴も大分丸くなり佐助と夫婦になってもいいと思っていたようだが佐助の方がそれを望まなかった。佐助はあくまで琴に仕える立場である事を望んだのである。


解説


この物語における佐助の行動は一見封建的忠心の発露に見えるが作中においては彼の行動には彼の一種の被虐趣味が大きく関係していることが摘されている即ち琴からの苛な扱いを一種の快感として受け取っていたのだ。摘されているが実はこういった表現はどが地の文で行われており筆者=崎ならこう思うから佐助もきっとそうだったに違いない!というある意味はた迷惑な偏見から描かれているという事に注意すべきである。


文体


さて、ここまで記事を読んでくれた読者の方々の大半は「この記事編集者読点の使い方がなってねぇ」と思ったことであろう。じつは、この様な文体もまた、『春琴抄』の特徴の一つである。この作品では極読点、それに改行されているのである。論、適当に句読点を消しただけで読みにくいこの記事とは違い、(多分)緻密な計算の上で書かれた『春琴抄』の文章は独特のリズム感を生み出し作品の鑑賞点の一つとなっている。ちなみに筆者は、息継ぎの機会が与えない文章を読ます事によって読者に苦痛を与えそれを楽しんでもらおうという趣向なのではと考えている。


春琴について


ちなみにこの物語ヒロインである琴であるが、一言で言えば「(広義の)ツンデレ」である。最初のお嬢様っぷりから終盤の「ほんとうは好きだけれどプライドが邪魔して告白できない」という状態まで、まさにテンプレのような変化をたどる。おそらく、近代日本文学において最初にあらわれたツンデレキャラクターであろう。そちらの趣味がある同士諸彼女の類稀なるツンっぷりにえる事請け合いだから是非本書を手に取って貰いたい。なお、別な趣味覚めてしまっても当方は一切責任を持たないのであしからず。


関連動画



■sm13401999[ニコ動]

■sm13544988[ニコ動]


関連商品


■az4101005044
■azB001MSQ5TY


関連項目



最終更新日: 18/03/02 17:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ