ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


時空戦士スピルバン


ヨミ: ジクウセンシスピルバン
掲示板をミル!
115カキコ!

 の怒りは爆発寸前!

 時空戦士スピルバンとは、
1986年1987年テレビ朝日系で放映された特撮ヒーロー番組、および同作の主人公の名前である。

ニコニコ動画では、2016年12月7日より東映特撮ニコニコおふぃしゃるにて公式配信を開始。
毎週水曜午前8時に最新話配信、無料視聴期間は72時間(土曜午前8時まで)となる。


概要


メタルヒーローシリーズ5作にして、宇宙刑事シリーズから続くコンバットスーツヒーローの集大成を狙って製作された。役には宇宙刑事シャリバン渡洋史氏を起用した上で、変身プロセスの説明、巨大メカの編成などは宇宙刑事シリーズの流れを踏襲し、その一方ダブルヒロインの採用、二つの身を持ったツインブレードによる新なアクションなど、新しい要素も加えられた。(余談だが、3人チームヒーローもので「両手に」状態になるのはスピルバンくらいである。羨ましいめ!)

当初は行方不明のスピルバンのを巡ってのシリアスストーリーが展開されていたが、ヘレンが味方に回って以降はコメディタッチの作シフトしていった。その結果か、作品自体は迷走気味になってしまっており、うまくいったとは言い難い。夢オチ気味の最終回賛否両論具合も、本作の評価の微妙さに拍をかけてしまっているが、必殺技アークインパルスをはじめとする底的に追及されたカッコいいヒーローアクションと洗練されたデザインメカニック、初期ストーリーにおける親との戦いの要素などは、シリーズの進歩を確実に感じ取ることができ、宇宙刑事からの流れをる上では外すことができない作品であるといえるだろう。


主な登場人物



 スピルバンとその仲間たち


洋介/スピルバン

ワーラー帝国によって滅ぼされた、クリの生き残りの青年洋介とは、彼がとっさに名乗った地球での偽名である。ハイククリタルスーツい「時空戦士スピルバン」となってワーラー帝国と戦う。正義感あふれる熱血だが、幼いころから長期間にわたって生命維持装置に入っていたせいか時折言動に幼児性が見受けられる。さらに戦闘経験も浅いため、特に序盤は劣勢に陥りがちだった。

の怒りは爆発寸前!」がキメ台詞

ダイアナ/ダイアナレディ

スピルバンの幼馴染で、やはりクリの出身。地球でもダイアナのまま。同じくハイククリタルスーツを身にまとい「ダイアナレディ」となってスピルバンの戦いをサポートする。活動的な性格で、スピルバンに献身的。変身前の彼女の得意技は、お尻から相手にのしかかる「ダイアナヒップレス」。当時受けてみたいと思った人、いるんじゃない?w

ヘレン/ヘルバイラ/ヘレンレディ

スピルバンの生き別れの。当初は父親ドクターベンとともにワーラー帝国にさらわれており、改造されたドクターバイオの手で少女仮面ヘルバイとなって、スピルバンと戦っていた。ヘルバイラへの変身彼女の意志とは関係なくワーラー帝国サイドから自由に行われてしまうため、ワーラーから逃亡しても彼女はスピルバンと会う事はできなかった。後にその呪縛から解放されスピルバンとの再会を果たした後は、特訓のすえにヘレンレディとなってスピルバンと共に戦った。


ワーラー帝国


スピルバンの故郷クリをはじめ、多数の々を滅ぼしてきた帝国

守護ワーラー

ワーラー帝国の最高権者である液状生命体。を汚染しワーラープランクトンを生み出す性質があり、その生命維持には必要不可欠である。

女王パンドラ

ワーラー帝国女王にしてワーラーの意思を伝える巫女としての役割を持つ。「スピルバン坊やをペンペンしておやりなさい!」などコミカルな言動が立つが、その性格は冷酷非情で部下を切り捨てることにいがい。最終決戦では戦闘機械人パンドラパンドラ生命体に分離し、コンビネーション攻撃を披露。さらにの姿であるパンドラ生命機械となり、スピルバンたちを大いに苦しめた。最後に意外な正体を告げるが、その内容には矛盾した点もある。

演じたのは数々の悪役でお染みの曽我町子。 

ドクターバイオ

ワーラー帝国バイオ軍団のリーダー。スピルバンの父親ドクターベン改造された姿で、戦闘生物を製造する。洗脳によって本来の性格は消されているが、への情だけは残っており、ヘルバイラの改造の際も洗脳を行わなかった。しかしながらその甘さがワーラー帝国内で彼を孤立させてしまい、女王によって捨て駒扱いされることとなる。

デスゼロ将軍

ワーラー帝国機械軍団のリーダーった頭と漆黒のボディが特徴的なロボットで、戦闘機械人を製造する。頭はあまり良くないが好戦的な性格で、甘さのあるドクターバイオに対しては厳しく接することが多い。ギローチン皇帝が参入してからは女王皇帝然とバカにされるようになり、終盤には全にギャグキャラと化してしまった。専用の戦車スカドンを操る他、戦闘空母スカジョーズや多数の戦闘機戦車揮する。

リッキー

ワーラー帝国スパイ軍団のリーダー。他の軍団とは違い怪人を製造しない。

ギローチン皇帝

ワーラー帝国敗北した未来からやってきた男。元々は社会の除け者にされていた浮浪者だったが、ワーラーの血を引くものとしての覚醒し、ハムスターポスによって現代へと連れてこられた。飄々とした性格だが狡猾で、戦闘機械人を上回るニュー戦闘機械人を製造する。

 ヨウキ

終盤にワーラー帝国に加入した幹部で、念から創りだされた存在。ワーラー帝国とは別に人間たちを集め「秘密結社・(ムムム)」を結成した。路線変更の煽りを受けてか登場話数は非常に少ない。


時空戦士スピルバンの戦力


スピルバン達が「結晶」のコードを発すると、母艦グランナスカをキャッチ、結晶システムを作動させてクリメタル微粒子に分解・電送する。電送されたクリメタルはスピルバン達の体で「結晶」し、完成するのが強化ハイククリタルスーツである。スピルバン、ダイアナにはそれぞれレーザースナイパーレディスナイパーという光線銃が装備されているが、ヘレンにはその代わりにヘレンカッターと呼ばれる武器がある。(ダイアナとヘレンスーツは同形、同色のため、光線銃の有くらいでしか見分けられない・・・)スピルバンのスーツには、「バイパススリップ」と呼ばれるがあり、これは自分を含む周辺の敵を巻き込んで別の間にワープする事ができるである。地に被害を与えないようにする的で使用される。

さらにスピルバンにはインブレードという必殺武器がある。普段は片方ののみを出して使用するが、彼の怒りのでもう片方の身が引き出され、さらにエネルギーを注入する事で伸縮自在のレーザーと化す。最大の必殺技はこの状態で敵を切り裂くアークインパルスである。アークインパルスにはいくつかのバリエーションがあり、何度もりつけるものや、ホバリアンに乗ったまま繰り出す場合もある。

また、カノンフォーメーション、コンバットフォーメーションを使い分けて戦う事の出来る戦闘母艦グランナスカマシンバリアンドリルガイオス、ジェットガイオスに分離合体可戦車ガイオスも、スピルバン達の大きな戦である。


関連動画



■sm237115[ニコ動]

■sm232036[ニコ動]


公式配信


■ch498
■1479703735[ニコ動]


関連コミュニティ


 

■co7510

 


関連項目


メタルヒーローシリーズ
前作 今作 次作
巨獣特捜ジャスピオン 時空戦士スピルバン 超人機メタルダー

最終更新日: 16/12/07 21:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ