ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


暗黒プロレス組織666


ヨミ: アンコクプロレスソシキトリプルシックス
掲示板をミル!
1カキコ!

暗黒プロレス組織666とは、サムライTVカメラ調子悪くなったり、ニコニコプロレスチャンネルタイムシフトが潰れることに定評のある日本インディープロレス団体である。通称は666ニコニコ動画では666(プロレス)のタグがつけられることが多い[動]


概要


2003年、レッスル夢ファクトリーやFMWで活躍していた怪奇プロレスラー霊の自行としてスタート
このとき、旧友でありハードコアインデイーズレーベル「殺化ビニール」の社長でもあるザ・クレイジSKB(通称:バカ社長)と手を組んで「暗黒プロレス組織666」として団体を旗揚げした。

過去バトルスフィア東京やディファ有明などで行を行っていたが、いずれもバカ社長の過パフォーマンスが原因で使用禁止となった。現在新木場1stRINGにて隔ペースで定期戦を行っている。

行以外では、アイスリボンの本拠地である蕨のレッスル武道館で行われる若手中心の行「YOUNGプロレスわっしょい!」や、新宿二丁ゲイバーイベントスペースで行われる「新宿二丁プロレス」、アイスリボンとの合同行の「YOUNGリボンわっしょい!」などがある。


団体の特色


行き当たりバッタリ・エンターテイメントプロレスフロムあの世」がキャッチフレーズで、毎回ハチャメチャな内容を送り届けている。全体的なノリとしては学生プロレスの明るい雰囲気に、深夜バラエティ番組の悪フザケ+新宿二丁ショーパブ的ないかがわしさを合わせた感じと言えば理解していただけるだろうか。客入りは基本的に大入り満員だが、入場者数はいかなるときも666人となっている(※新木場1stRINGはそこまで入りません)。

現在では同じようなことをする団体も増えたが、666(プロレス)は、行中に場内で試合実況を流すスタイルの先駆者でもある。実況は元大日本プロレスさんことMEN'Sテイオー、解説は「インディーのお仕事」の構成や大日本プロレス中継「大日大戦」の解説、女子プロレスムック本編集などでおなじみのプロレスライター、須山浩継が行っている。さんが悪ノリして須山さんが突っこむ雑談に近い実況スタイルは、「大日大戦」の登坂栄児・BJW社長&須山コンビを思わせるが、どちらかといえば学生プロレスの場内実況の方が近い。

また、バカ社長(もしくは殺化ビニール)の人脈を生かし、猫ひろし蛭子能収といった芸人がゲスト(またはカメオ)出演することが多いのもこの団体の大きな特色。かつてバカ社長のお世話になっていた氣志團オールナイト行に出演したことがあり、所属レスラーである宮本裕向の入場曲「ONE NIGHT CARNIVAL」の使用に綾小路が自ら認を与えていた。

所属のレスラーはそこそこいるが、DDTプロレスリング(含ユニオンプロレス)や大日本プロレスKAIENTAI-DOJOプロレスリングFREEDOMS、その他フリーの選手も多数参戦している。選手の中には、この団体専用のリングネームを名乗る者も多い。中でもマッスル坂井は一度引退するまで、マッスルやDDTは休業していても666(プロレス)の行にはほぼ休まず参加。マッスルと666(プロレス)とのコラボ行も何回か行われた。

団体の行以外では現在宮本裕向と大日本プロレスレギュラー参戦している。宮本デスマッチヘビー級王座やBJW認定タッグ王座もBJW認定タッグ王座を獲得するなど確かな地位を築いている(もちろん両者とも、大日本以外の団体へも多数参戦している)。宮本以外では山田太郎(またの名をTHE101→ザトウイチと読む)がガッツワールド神道リターンズなどといった各種インディー団体にレギュラー参戦をしている。また、男性DIVA(ゲイ)の遠藤マメも頑固プロレスユニオンプロレス(解散)でゲイ特有の妖しい魅を発揮している。ちなみにDDTアイアンマンヘビーメタル級王座がああも王者数のインフレを起こしたのは、ここにベルトが流失した際、第666代王者を誕生させるため、宮本の間で延々とたらし回しされたからである(そして、当然のごとく、第666代王者はバカ社長が獲得した)。

2014年からはニコニコプロレスチャンネルで、ニコニコ生放送による生中継も行われるようになった。タイムシフトが潰れたことが何度もあったが、中継終了後のアンケートは毎回良好。続行に問題はかったようで現在は定期的に中継されてニコプロ人気コンテンツの一つでなっている。これによって、666(プロレス)の実態を知ったファン層も少なくないだろう(ただし、クレイジSKBの試合は絶対に放送されない)。バカ社長以外でもタイムシフト潰しのが仕掛けられるので、ここのニコ生中継はなるべくリアルタイムで見た方がいいだろう(軽い宣伝)。

試合中継以外にも、666メンバーによるバラエティ番組もニコプロで定期的に放送されている。こちらも隙あらばタイムシフト殺しをしかけてくるので、できるだけリアルタイムで観よう。


絶対に守るべき注意点


行を観に来た観客は、ザ・クレイジSKBの試合について携帯電話スマートフォンを含む写真動画撮影の一切が禁止される。これはお笑いでいうところの前振りではなく、今後暗黒プロレス組織666が行を続けていくため、絶対に必要な約束です。サムライTVカメラも、なぜかバカ社長の試合になるとカメラ調子が悪なる(ていうか、2014年からそういうシーンは全く放送されなくなった)ことから「お察しください」。埼玉プロレスみたいにどこも会場を貸してもらえなくなるような事態だけは避けなくてはなりません。


団体タイトル



所属選手


所属選手 レギュラー参戦選手

過去の所属・レギュラー参戦選手


歴代のザ・クレイジーSKB


過去バカ社長ことザ・クレイジSKB宇宙となってしまい、その後継者として何人ものプロレスラー(中にはレスラーでない人もいる)が、ザ・クレイジSKBの名跡を受け継いだ。以下に歴代の面々を列記する。現在は、初代が復活。SKB社長華名社長が対立するストーリーが展開された(現在、そのストーリーラインは終わっている)。

  1. 初代:ザ・クレイジSKB
  2. 二代ウルトラマンロビン
  3. 三代目タイガースマスク
  4. 四代目先輩
  5. 五代くるみ(アイスリボン)
  6. 六代:ばってん多摩
  7. 七代:須山浩継
  8. 八代華名

関連動画



■sm474187[ニコ動]

■sm4563944[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 16/03/17 17:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ