ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


曹彰


ヨミ: ソウショウ
掲示板をミル!
22カキコ!

曹彰とは、下記の事物をす。ここでは1について説明。

  1. 三国志に登場する人物(?~223
  2. プロレスラー彰人の、新北京プロレス内でのリングネーム

武勇に秀でた黄鬚


字は子文。曹操の四男で、卞夫人との二番男子にあたる。
素手で猛と格闘したといわれた程の武勇の持ち。また術やの扱いに優れていた。曹操が「いくらの腕を磨いても人の上に立つ者にとってどれだけ役に立とうか」と学問を推奨しても、「男子たるもの兵を引き連れ戦うことが本望であり、博士になる気はない」と聞くを持たず「自分の将軍になり兵を率い戦うこと」と言っていた。

曹操を建すると鄢陵侯となる。代(河北省)の桓征伐に赴き、桓の伏兵に襲撃されるも田豫の献策を得てこれを打ち破る。曹操は曹彰を「」(黄色い、というより虎を生やしたような勇者)と呼び大いに賞賛した。驍騎将軍に任ぜられた曹彰は、桓と手を結んだ鮮卑の軻を攻め、これを従させた。
曹彰は規定の倍の賞与を将兵に与え、多くの将兵に支持されていたという。

定軍山の戦いの後、曹操は曹彰を呼び寄せたが曹操中から々と撤退したため間に合わなかった。
曹操陽で死んだ時は長安に駐屯しており、の招きを受けて急行したが間に合わなかった。到着して「先王の璽綬(王であることを示す印と紐)はどこか」と訪ね、賈逵に「太子様(曹丕)は別におわします。璽綬のありかなど方が問い合わせることではありません」と叱責されている。

曹丕になると曹彰は任王に封ぜられたが223年(初4年)に陽で急死、威王と諡された。
その突然の死は、かつての賈逵との言動をに警されて憤死した(正史の注にある『』)、果ては曹丕殺された(『世説新』)などの疑念が生まれることになった。


曹彰の家族


』では、曹の二代皇帝曹叡が養子として育てた曹芳(のち三代皇帝)、曹詢の兄弟は曹楷の子達であるという説が書かれている。


各メディアにおける曹彰



三国志演義


桓の反乱を鎮圧し、中をめぐる攻防戦で劣勢に立たされていた曹操の救援に駆けつける。将の呉蘭を討ち取る活躍を見せる。
曹操の死の際は兵を率いて曹丕の元に押し寄せたが賈逵の説得を受けて曹丕に将兵を引き渡す。


反三国志演義


外の人物が尽く冷遇されている作品だが、曹彰は例外的に最後まで活躍し、北に逃れて遊牧民の王となる。


蒼天航路


孫権の飼う虎と戦ってその心臓を手で抉り出すなどもはや人外なところを見せる。


曹彰の関連動画



■sm11439553[ニコ動]

■sm12808218[ニコ動]
■sm14728330[ニコ動]
■1341880607[ニコ動]


関連商品


■azB0035JGMKU
■azB007Q2GFPY
■az4757534213


関連項目



最終更新日: 13/07/20 07:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ