ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


曹洪


ヨミ: ソウコウ
掲示板をミル!
73カキコ!

曹洪とは、

  1. 中国・三時代のの武将である。
  2. インターネット上でWEB漫画三国志漫画劉備くん』を連載している人物である。
の二つがあるが、ここではに1.について記述する。

人物


字は子廉州沛譙県の人。生年は不明。後漢の衛将軍・曹、尚書・曹、さらに宦官曹騰の甥。曹騰曹操の養祖である為、曹操とは血の繋がりの従兄弟同士。

元は蘄の県長であるが、巾族討伐に曹操が旗揚げした際、曹仁と共に配下に加わる。立った活躍はいものの、曹操軍の戦の多くに出した、歴戦の猛者である。

没年は232年、恭侯と諡された。死因は不明。


武勇伝


董卓討伐戦の際、徐栄に敗れ、敗走中の曹操に対し「下に洪なかるべきも、なかるべからず(例えこの世に私・曹洪が居ないとしても、あなたは居なくてはならない)」と言い、自分の(後述)を譲ったエピソードはあまりにも有名。演義ではこの台詞の後、曹操を背負って汴を渡った。

演義ではやや血気盛んな武将として描かれている。関の戦いにおいては、敵の罵を聞いて怒り、失策馬超関を奪われている。曹操激怒するも、しばらくした後に曹操馬超の追撃から守り、罪を免れた。曹操はこの際「子廉が居なければ、私は二度死んでいた」と彼の事を高く評価した。

実は演義において、一騎打ちで負けがい。巾族の何曼や袁譚等を討ち取った他、更には甘寧韓当馬超といった面々とも互に戦っている(甘寧韓当戦では、数十合打ち合った後に逃亡しているが、あくまで策略上のものである)。


女色と財貨を愛した武将


女色と財貨を好んだ、つまりエロくてケチな性格で有名。前者の有名なエピソードとして、宴会で歌姫に薄着を着させて踊らせ、阜に『人前で女性体を剥き出しにするのは不道徳』として怒られた、というものがある。後者で有名なものに、曹操が配下の資産を調した際、曹操よりも財産を持っていた、というものがある。

曹操は彼の性格を高祖・劉邦に例え、憂慮していた。その不安は、曹操の死後に現実のものになる。

時の皇帝曹丕は、以前曹洪にを借りようとして断られ、恨みを抱いていた。その為、曹洪の食客が罪を犯した際、連座で曹洪を逮捕・死罪にしようとした。人々は曹洪の罪をらそうとしたが、曹丕は聞き入れなかった。その為、曹丕の生・卞太后は曹丕の妻・郭皇后に「曹洪を殺したら、あなたを追放する」と脅した上、更に曹丕に対し、曹操が曹洪に救われた話をして「子廉が居なければ、あなたはこの世に生まれていなかった」と叱責した。ようやく罪を免れるも、領地と官爵を没収されてしまう。

その後、曹叡が即位すると、後将軍に任命され、めて楽侯に封じられ、千戸の領を与えられた。その後、特進を加えられ、再び驃騎将軍に昇進した。


名馬『白鵠』


彼の実家産業で繁盛しており、所有する牧場には、多くの駿が放たれていた。その中でも有名なのが、『鵠』という名のである。この三国志には登場せず、『拾遺記』、『太御覧』等に記述があり、文献によっては『』とも書かれている。曹洪は戦場でこのに騎乗しており、「走るとの音が聞こえるだけで、足は地面から浮いている」と言われた。

董卓討伐戦の際、曹操に譲ったのはこのである。鵠は最終的に曹操と曹洪、大人二人を乗せた状態で約数里を走り、あっという間に自に到着した。その際、汴を通ったにも関わらず、の足は湿っていなかった。そこで当時の人々は「に乗って行ったのだ。一代の駿である」と言い、後に「空気に乗って躍る曹鵠」というが作られた。


後世の評価


その性格とエピソードから、低い評価を受けがちな武将である。正史立った記述のある曹仁夏侯淵正史では地味ながら、演義で活躍した夏侯惇べると、手なエピソードいという点も要因の一つである。また、最後がパッとしない武将は(于禁しかり魏延しかり)高い評価が得にくいというのも事実である。

因みに董卓討伐戦で敗退し、兵の多くを失った際、すぐに募兵をかけられたのも、曹洪がを溜めていてくれた(業で稼いでくれていた)お陰である。先述のとおり、この戦で死ぬだった曹操を救ったのは曹洪である。言い過ぎかもしれないが、曹操の覇業達成の基礎を築いたのは、曹洪と言ってもいいだろう。その後の武功も立たないながら、曹仁に引けを取らない。性格に問題があるとは言え、死罪を受けそうになった際、卞太后や臣下の者達が曹洪をったのは事実である。如何に彼が慕われていたかというのは、このエピソードにおいて明らかである。

このような事実を鑑みれば、ある程度の高い評価を下すべきであろう。この場を借りて言わせてもらうが、記事作成者の私は『決して有能とは言えないが、生涯の大部分を曹操げた。一方で女やを好む、人間味溢れる、親しみやすい人物』というにとらえている。どうだろうか?


フィクションにおける曹洪


横山光輝の作品においては、曹仁と共に、曹操という設定にされた。戦の総大将として、活躍の機会も多い。作品のベースが演義である為、血気盛んな人物で、基本的に劉備営に負け続ける『敗軍の将』として描かれる。決して有能ではいが、自分の失敗を自分で取り返す事で、曹操の信頼を得る。

蒼天航路では曹仁と共に、曹操幼馴染とされている。主人公曹操である事から、要登場人物の一人として、序盤から終盤まで活躍した。張飛との戦いで片腕を失い、隻腕となる。前半はあまり立たないながらも、後半は『教官』という役柄を与えられた。作品内で曹仁夏侯淵夏侯惇と『曹操四天王』と称された。その為、この作品をる場以外でも、この四人をめて『曹操四天王』と呼ばれる事がある。

ゲーム無双シリーズでは、未だにモブ武将である。曹操の配下武将として登場する為、名前の出演頻度は非常に高い。真・三国無双3にて、兄弟分の曹仁が先に顔あり武将になってしまったが、彼は未だに出演を果たせていない。は武将・軍師の層が厚い為、彼に顔がつくのは、まだ先になりそうだ。

シミュレーションゲームの『三史』では、下手をすればそこら辺のマイナー武将よりが低いという事もしばしば。蒼天航路の影からか見なおされ、最近はまあまあのが設定される事も多い。それでも四天王の他の三人とべると、まだ低い状態である。


曹洪の子孫 


曹洪の子孫については、正史三国志で曹馥(そうふく)と曹震(そうしん)いう息子がいることが確認できる。曹震は曹操によって列侯に封じられ、曹馥は曹洪の死後に後を継いだ。 


2.『三国志漫画劉備くん』の作者・曹洪


曹洪の三国志[外部]』というHPで、WEB漫画三国志漫画劉備くん』を連載している人物。

HNの由来は、1.の武将の曹洪であると思われる。

詳しくはHP等を参照すべし。


関連動画



■sm20351835[ニコ動]


関連商品


 

■azB002SE6P1E

 


関連コミュニティ


曹洪に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 20/06/23 00:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ