ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


最上義光


ヨミ: モガミヨシアキ
掲示板をミル!
176カキコ!

「最上義光」(もがみ よしあき 1546 ~ 1614)は、山形県戦国大名


概要


羽州探題の名門ながらも衰退していた最上を、戦国乱世の中で57万石まで押し上げた名将。

も起きない善政を敷き山形の繁栄の基礎を築いた仁君。戦場ではの2倍の重さの鉄棒を振るう勇将であり、同時に謀略・調略・説得と言った戦わずして勝つ知略を駆使した。「羽州の」「虎将」の異名を取る。また山形下に山文化のを咲かせ、細川幽斎に次ぐ戦国第二位の248句の連歌を残した文化人でもあった。

大河ドラマ独眼竜政宗」で伊達政宗の敵役として描かれた為に、一般的にはダークな謀略というあまり良くないイメージが強い。実際には、臣や家族を思う心と敵にも寛大さを示す器量を併せ持つ情に篤い人物であり、ドラマ内でも家族の強い描写などはちゃんとあったが、やはり役の政宗を苦しめる役回りだったので視聴者への悪印は避けられなかった。

ネットでの称は「様」「陰陽師」「もがみん」「シスコン」「FOX」等。


生涯



斜陽の最上家を継ぐ


最上はもともと州探題・斯波氏の一族で、羽州探題を務めて「御所」の敬称を使われる名門だった。しかし9代当最上義定伊達稙宗に大敗を喫して、伊達氏に臣従する事となった。そして義定は後継者きまま没し、後を2~3歳だった最上義光の最上義守が継ぎ、伊達氏の督争い「天文の乱」に乗じて伊達氏から独立するまでに回復した。しかしこのときはまだ、勢を拡大する為の侵攻が行える自い状況だった。

はそういった斜陽最上10代当最上義守の嫡男に生まれた。5~6歳児の頃にすでに12~13歳に見られる恵まれた体と、16歳200キロ近い大石を持ち上げたと言われる怪力の持ちだったと言われ、15歳で元した際には、足利義輝から「義」の字を拝領して最上義光を名のった。

しかしその馬鹿ぶりを「こんな息子大丈夫なんだろうか」と心配してしまった親父最上義守督を継ぐ際に一着があったらしい。ここでは重臣・氏家定直により、督を継承した。


四面楚歌からの脱却


最上義光が督を相続した直後の最上は、同じ最上一族である童氏ら多くの支族が従わず、支族が最上本家を支える的で周辺に配置されて事もあって、周辺を敵に囲まれた四面楚歌な状況だった。
特に童頼貞は、

今更義に従う謂われはない

と言って従わず、伊達に敗れて落ちた威信を取り戻す必要があった。

しかし遠征する兵を集めるもなかった為、まず最上義光は出羽統一の第一歩として内政を重視してを蓄える事にした。具体的には

といった、その後も含めて活発に行われた最上義光の内政事業により、最上を蓄えた。「東の田、西の」とまで言われた交易港・田の基礎は最上義光によってつくられたものである。特に領民に対する寛容な善政を敷いた為、最上義光が山形を治めていた間には一が発生した記録がいと言われている。

同時に、中央で絶大な権を有していた織田信長に謁見して「最上出羽守」に任命されるように働きかける等、名上の威信を取り戻す事にも尽した。

論、相手も内政事業による結果が出るまでまってくれるわけもなく、軍事的な対応も迫られた。これに対し最上義光は、

と、謀略・調略・説得・降伏勧告・敵営分裂といった戦わずして勝つを選んだ。

直接的な兵の衝突を防ぐことにより

といった内政の充実を促進する効果があると考えたと思われる。

戦わずして勝つを選べたということは、逆に言えば義がそれを可にするほどの人物だったということでもある。つまり調略に応じて内通したり、逆襲され滅ぼされるリスクを承知で反乱を起こし旧を倒そうとしてまで義につこうと思わせたということだ。他にも敗走させた敵は追わず、

大将と士卒は扇のようなものであり、要は大将は物頭、総勢はだ。
どれが欠けていても用は為さないのだから、士卒とはが子のようなものだ

と言う程の寛大な性格もその一因だった。

謀略ではどうにもならない相手に対しては、

といった実行使に出ることもあった。側室に娶ったが死んで同盟関係が解消され、童頼貞の後を継いだ童頼久を攻めた際は、東北の剛王・延沢満延によって敗れた。しかし力こそパワー大好きっ子だった最上義光が、延沢満延の嫡男にがせる事と、童頼久を殺さない事を条件に味方に引き入れる事に成功し、延沢満延を引き抜かれて「童八楯」が崩壊した童頼久は、伊達氏の元へと頼って落ちのびた論この際も追手を差し向けたりはしていない(延沢満延との約束もあったが普段からそうしている)。

引き抜かれた延沢満延は、最上義光が剛ぶりを試そうとしたらつかまっていた木ごと引き抜くイベントを発生させる等しながら重用された。


独眼竜との戦い


伊達政宗が、最上義光の正妻実家である大崎氏の大崎義隆を攻撃した際は、大崎氏の援軍としてはせ参じて伊達政宗を破った。

逆に伊達政宗山形に攻め込んでくると、伯父と甥の決戦に心を痛めた伊達政宗義姫が、輿にのって両軍の間に割って入り、両軍の進撃を止め、再三の立ち退き要にも動じず、和議を結ばさせて両軍を撤退させた。

対峙中で最上義光が動けなかった際に、背後から上杉景勝配下で追放した大宝寺義勝の本庄繁長の攻撃をうけて、せっかく手に入れた庄内地方を奪われた。

直江兼続石田三成を通じて豊臣秀吉と交渉し、最上義光も徳川家康を通じて領地返還の交渉を豊臣秀吉おこなったが、結局、庄内は取り戻せなかった。

庄内地方を手に入れた上杉景勝だったが、最上義光が統治していた時代よりも重税をかけた為、最上義光時代にはかった一が頻発した。


秀吉政権下でのサバイバル


時の権者となった豊臣秀吉小田原征伐の為に関東に進軍した際に、最上義守を亡くした最上義光は、徳川家康らを通じて事前交渉し、

遅参を御朱印状で認められている

許可を得たうえで、の葬儀を盛大におこなった後、伊達政宗よりも後に小田原に参した。

事前交渉は事実だったようで、伊達政宗の遅参は易されかねない危機に直面したが、最上義光にはそういった話は出ず、逆に名門意識から参せずに易された正妻実家大崎氏の旧臣達の多くを自らの配下に加えた。

州仕置においては豊臣秀吉の軍として参加した。一軍を倒した他、九戸政実討伐に赴いた徳川家康に、次男の最上親を小姓に差し出したり、山形に立ち寄った際に駒姫を見染めた豊臣秀次に対して、顔も合わせていない間柄のを渋々差し出したり、三男の最上義親を豊臣秀吉臣にしてもらう等して、24万石とも言われた領地を安堵され、州仕置の後に発生した易のの中を生き残った。

しかし、次男を徳川家康の小姓にした事と、豊臣秀次がせた事は、最上義光の人生に大きな暗い影を落とす事件に発展する。

朝鮮出兵時には名護屋に待機する等、豊臣秀吉に従っていた。しかし駒姫豊臣秀次に差し出していた事から、秀次事件の際に伊達政宗と共に疑われて謹慎させられる等、豊臣秀吉に対して絶望しはじめ、旧知の仲であった徳川家康に近づき、慶長大地震の際には、秀吉より先に家康の元へと行き、秀吉が開いた会では個人的に家康を警護する等した。


山形藩初代藩主となる


豊臣秀吉が没すると、義徳川家康による上杉景勝討伐に参加した。そして徳川家康石田三成に対抗する為に関ヶ原をす中、メインの相手を失ってやる気が失せながらも猛攻をしかけててきた上杉景勝により、窮地に追い込まれる。しかし長谷の戦いで、志村光安鮭延秀綱や楯満茂らが奮戦して上泰綱を討ち取る等活躍し、慶長出羽合戦と呼ばれた戦いで上杉軍の侵攻から山形を守り抜いた。

このとき最上義康を使者に伊達政宗に援軍を要請した。しかし伊達は最上義光の援軍に出したようとしていた南部利直に対して、和賀忠親を使って一を扇動するといった妨工作をしていたりする。政宗マジDQN

関ヶ原の戦いで西軍が敗れた知らせを受け、上杉景勝は撤兵しようとする。いつもなら追わないはずの最上義光が、まるでこれまでの恨みはらさんとばかりに

大将が退却してどうやって敵を防ぐのか

として撤退する上杉軍に背後から攻撃を仕掛け、殿軍を務めた直江兼続を後一歩まで追い込んだ。大ふへん者前田利益らの活躍によって敗れ、直江兼続を取り逃がしたものの、本庄繁長に奪われたままだった庄内地方事取り返し、最上義光は、現在山形全土を含む57万石の山形初代となった。

1611年には、朝廷より従四位下・左近衛少将と、念願の出羽守に叙位・任官された。


北天の巨星、堕つ


かしこの後も最上は安泰ではいられなかった。徳川家康が小姓にしていた次男・最上親をお気に入りにしていた事や、江戸幕府との今後も考慮して嫡男の最上義康を嫡した。その後、最上義康は高野山に入る旅の途中で何者かに暗殺される悲劇に見舞われた(資料によっては、最上義光の手によるものであるとの説と、次男の最上親を担ぐ臣によるものとの説があるが詳細は不明)。

駿を居とすることにした徳川家康への築祝いに駿府を訪れた最上義光は、すでに病を抱えた身で、江戸に昇って徳川秀忠に謁見し、再度駿府の徳川家康の元へと訪れて、最上の今後を頼み、山形にて享年69歳で没した。

 

残念ながら最上は、最上義光の後を継いだ次男・最上親が世し、孫の最上義俊が後を継ぐと、臣の統制がうまくいかなくなり、最上義光の四男・山野辺義忠を担ぎ出そうとする臣が幕府に対して讒訴する等した為、中不届きを理由に易され、同時に最上義光の五男・上野山義直と六男・大山も、預け先で切腹した。
しかし、斯波の流れを持つ最後のであったことで断絶は免れ、近江大森(現:滋賀県近江)に1万石を与えられるが、のちに5千石に減封され、交代寄合格を持つ旗本として残されることとなった。 

山野辺義忠を担いだ代表格である鮭延秀綱は、を滅ぼしてしまった事を後悔した為か、土井利勝に召抱えられた際のはすべて旧最上臣に渡し、さらには意図的に鮭延を断絶させた。

最上義光の男子一生き残った山野辺義忠は、最上易後に水戸家老となった。

TVドラマ水戸黄門」の登場人物・山野兵庫モデル山野辺義堅は、山野辺義忠の子で、最上義光からすれば孫になる。

大正13年。正四位を追贈された。


逸話



鮭大好き「鮭様」


最上義光が、大宝寺義氏臣を裏切らせて自させ、後を継いだ・大宝寺義を攻撃して自させ、養子の大宝寺義勝を追放。につながる庄内を手に入れ

 念願の庄内を手に入れたぞ!大好物の自由に食べられる!

と喜んだ。臣への手紙にもそこの事を喜んだ記録が残っているらしい。

後に大宝寺義勝の実本庄繁長庄内を奪われた際は、豊臣秀吉と交渉してまで取り替えそうとしたほどである。豊臣秀吉の時代には、上杉景勝秀吉のお気に入りだった為に取り返す事が出来なかったが、秀吉が没すると、関ヶ原の戦いで旧知の徳川家康について戦った功績により取り戻せたのだった。

 べ、別に、が食べたかったからじゃないからね!

そこから現在、最上義光は「様」の称で親しまれている。

小野寺氏の臣・鮭延秀綱を引き抜いて、重臣として重用したのは姓に「」が入っていたからというわけではない。決してない。多分。

なお最上義光は、以外にもも好物だったらしい。


軍記物での評価



次へ»
最終更新日: 14/04/12 17:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ