ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


月刊漫画ガロ


ヨミ: ゲッカンマンガガロ
掲示板をミル!
6カキコ!

月刊漫画ガロとは、1964年1997年青林堂から刊行されていた漫画雑誌である。
1998年以降より断続的に復刊と休刊を繰り返しつつ別体制で刊行が続いたものの、2002年を最後に媒体では廃刊状態となった。 


概要


1964年、貸本漫画編集者・出版者として知られていた長井勝一が新たに起こした出版社「青林堂」より創刊。
創刊当初は土三の代表作「カムイ伝」の連載の場として用意された雑誌であり、他に水木しげるつげ義春ら貸本漫画で活躍していた漫画家に作品の発表の場を与えていた。

しかし、「カムイ伝」の連載終了後以降は急速に発行部数が落ち込み、青林堂は経営難に陥る。
同誌に掲載される漫画には編集者の作品の干渉を極行わない代わりに、掲載されても原稿料は支払われないという、一般の商業誌ではありえない条件がつきつけられた。
それでもなお、他誌の編集者から「うちでは載せられないけどガロにでも持込すれば?」と言われるのが常套句となるほどの個性的な漫画家を数多く発掘。
池上一、静一、蛭子能収みうらじゅん久住昌之内田春菊しりあがり寿ねこぢる古屋丸、福満しげゆきらがガロより輩出された。

1990年コンピューターソフト開発会社のツァイトが青林堂を買収し、同社の下に入る。それまで編集者が倉庫業務や営業業務を兼務していたが、編集と営業が分離されるようになった。

買収後長井代表取締役社長兼編集長からツァイトの社長山中潤に社長を譲って会長に就任し、その後しばらくして編集長を山中潤に委譲する。
ガロに連載された「南くんの人」がテレビドラマ化されヒットし単行本も売れるなど、1990年代前半に経営が盛り返し、原稿料が支払われるようになり余裕が出来るようになった、親会社のツァイトがWindowsへのプラットフォーム移行に乗り遅れ徐々に経営が悪化していく。
1996年には創刊以来関わっていた長井勝一が逝去。さらにCD-ROMで発行した新事業「デジタルガロ」が商業的に大失敗し、大赤字を抱えることとなった。(たたし、デジタルガロはツァイトの資で賄われており青林堂の経営には影がないようにしていたと当時の社長編集長である山中は述べている。)

この頃社内には路線対立があり、デジタルや効率化、メディルミックスを推進する山中編集長&取副編集長側と、それ以外の編集部員という閥に分かれており、取は自著でイジメられていた状況に陥っていた。利益を出し続けていたもののデジタルガロや新事業に非協な態度をとられていたという。

1997年、ツァイトの経営危機による心身の健康悪化に伴い当時の社長兼編集長だった山中はツァイトの経営悪化に備えたのか自信の資産管理会社にツァイトと青林堂式を保有しており、ツァイトと親子会社にはなっておらず、資本的には分離していた青林堂を譲ることを考え始める。

しかし、心身に不安を抱えていた山中友人で経営者だった人物に、山中はツァイトの経営を委任していたが、同じビルにあった青林堂の経営にも関与し始めてしまう。山中はこの動きを察知して青林堂やツァイトに近づかないようにしていたが、騙し討ちにあり、ツァイトと青林堂式を持っていた資産管理会社の代表印を渡してしまった。その席にガロの編集部員も同席していたという。(一部を除く)

乗っ取られることに危機感を持ったガロ編集部の編集者漫画原稿を持ちだして一斉に退社するという事件が発生。この際に元編集部側が「ガロは乗っ取られた」等と各メディアに発表したことから、青林堂とツァイトは風評被害に見舞われた。結局、ガロは休刊せざるをえなくなり、ツァイトはこの事件をきっかけに手形の不渡りを出し倒産に追い込まれた。

ガロ原稿持ち去り騒動に関しては、クーデター側、山中社長側、社長代行側、ツァイトに移籍していた取副編側など様々な立場からの視点や見解が存在するが、この際に漫画家の原稿はクーデター側より返却されたものの、雑誌原稿が行方不明になるなどの損が発生しているという。

1997年突然の休刊後、青林堂側は社長代行の責任のもと、ツァイトに在籍しつつ編集部に残留していたため、クーデターは関わりがなかった取副編集長が外部の編集長を招聘し編集者を募集して「ガロ」を復刊させ漫画体の面への回帰を行ったものの、連載作家の流失や休刊による卸との取引条件の悪化により上手く行かず休刊してしまう。 

その後は保持していた山中は自身の財政状況の悪化から青林堂大和堂を経営する江に式を売却し再度復刊したが(その際山中は編集長として再復刊1号の台割をして特集のため取材旅行から行って帰ったら編集長の任を解かれた)、その後隔刊や季刊と刊行ペースが落ち2002年媒体での発行を止め実質的に廃刊となる。

 クーデターを起こした元編集部は新会社「青林工藝舎」を設立し、1998年に新雑誌「アックス」を創刊して現在も隔刊で刊行している。その雑誌の気ガロ時代のものを引き継いでいるとされる。
アックス」でも青林工藝舎の経営難のため雑誌掲載時の原稿料は支払われておらず、その引き替えとして編集者側からの漫画への干渉は極行われないという往年の「ガロ」のスタイルを貫いている。

世の中の漫画は「ガロ系」と「それ以外」の2つに大きく分けられます。みうらじゅん:談)


歴代編集長



関連商品


■az4480021590
■az4063775097
■az4063775100
■az4883790517
■az4063649075
■az4063649083
■az4063775550
■az4792605008


関連項目



最終更新日: 21/04/10 08:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ