ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


有村次左衛門


ヨミ: アリムラジザエモン
掲示板をミル!
2カキコ!

有村次左衛門とは幕末薩摩士。桜田門外の変に関与した桜田十八士の一人である。


概要


保9年(1839年)12月28日薩摩士・有村兼善の四男として生まれる。諱は兼清。明治時代の官吏である有村俊斎(海江田信義)や、大老襲撃の同志となった有村雄助がいる。薬丸自顕流を学び、江戸では北流を修めた。

安政の大に反発し、水戸士・金子孫二郎高橋多一郎井伊直弼暗殺計画に加わる。

薩摩内では精忠組と後に呼ばれる組織に属しており、大久保一蔵(利通)ら多数は脱を思い留まったが、次左衛門との雄助が脱を強行。雄助は連絡役を務め、次左衛門は3月3日の襲撃に参加した。襲撃時、闘で負傷しながら井の駕籠にを突き立て、駕籠から引きずり下ろして斬首。そのまま首を持ち去ったが、追ってきた士・小河原秀之に後ろからりつけられ致命傷を負い、若年寄・遠藤胤統の屋敷近くで尽き自享年23。贈正5位。


関連動画



■sm4285195[ニコ動]

■sm13149994[ニコ動]
■sm12666157[ニコ動]


関連商品


■az419568837X
■az4054044638
■az4101117330
■azB004H4YJXE


関連項目



最終更新日: 14/10/14 10:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ