ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


有馬記念


ヨミ: アリマキネン
掲示板をミル!
91カキコ!

2009年有馬記念 ドリームジャーニー号 口取り式

有馬記念とは、中央競馬1年を締めくくる大レース。格付けはGIで、中山競馬場の芝2500mコースで行われる。


概要


日本競馬安田伊左衛門から中央競馬2代目理事長の座を譲り受けた有馬頼寧はファンサービス競馬イメージアップに尽した。有馬中山競馬場でも東京優駿に匹敵する大レースの開催を考え、年末にプロ野球オールスターゲームを基にしたファン投票で出走を選ぶ形式を発案。

年末の中山開催は中山大障害ほどしか玉がい上、当時の天皇賞は勝ち抜け制度があり、天皇賞が出られるレースが少ないという問題も抱えていた。その年に活躍した3歳(旧4歳)と古の直接対決の機会もかったため、この計画はとんとん拍子で受け入れられる。折しも1956年中山競馬場の新スタンドが落成。新スタンド落成記念競走とし、1956年12月23日に芝2600mで「第1回 中山グランプリ」を開催。優勝は200万円で東京優駿と同額(天皇賞150万円)となった事からこのレースにかける期待の高さが伺い知れる。中山グランプリは8000万円以上の売上を誇り大成功に終わったが、翌年1月有馬は急逝。1957年の第2回から有馬の功績を称え、「有馬記念」と名称変更され、「グランプリ」の副題がつくことになった。

2016年からは賞が3億円に増額され、ジャパンカップと並び内最高賞レースとなる。

中山競馬場の外回りコースの終端部に近い位置にスタートがあり、約200mの直線の後に第3コーナーに入る。最初の直線が非常に短く、直ぐにコーナーに入っていくために外は外外を回らされる不利なコースである。特に大外15,16番は超絶不利と言っても良いコースで、有馬記念史上16番以降の馬券圏内に入ったことは一度もない(ただし70年代以前は10頭前後の少頭数で行われることが多かったので、この問題が顕在化していなかった)。

第1回から第4回までは芝2600m(内回り)、第5回から第10回までは芝2600m(外回り)、その後第11回から芝2500m(内回り)になって現在に至る。

現在すぎやまこういち作曲東京中山G1ファンファーレが初めて流れたのは、1986年の第31回の時にダイナガリバー優勝した有馬記念である。

日本競馬の1年を締めくくるレースのため、キリの良いこのレースラストランとする競走馬も数多い。またジャパンカップと並び、3歳三冠戦線を戦った3歳と歴戦の古が一堂に会するレースとして注を集め、後述の通り創設以来数多くの名レースドラマが生まれた。そのためレーティングは高い準でキープしており、ジャパンカップレースレーティングトップの座を争っている。だが近年は距離適性を考慮して香港国際競走を選択するもいる。また2017年ホープフルステークスG1に昇格し、開催年によっては有馬記念後の開催となることもあり、年内最後のG1にはならないことも(2020年は有馬記念の前日に開催)。

年末は地方競馬東京大賞典競輪KEIRINグランプリ、競艇賞金王決定戦オートレーススーパースター王座決定戦と公営競技ビッグタイトルが相次いで開催されるが、その中でも特に人気を集めるのが有馬記念であり、競馬をあまり知らない人にもダービーと並んで知名度が高い。そのためか馬券の売り上げはJRAどころか世界一を記録し、1996年の売り上げ約875億円はギネスにも認定されている。創設間もないアメリカブリーダーズカップの全レースを合計しても有馬記念1レースの売り上げに及ばなかったという逸話もある。


伝説のレース


年末の大一番として行われる有馬記念は伝説レースも多数生み出した。


主な前走・前哨戦


競走名 格付 施行競馬場 施行距離 間隔
菊花賞 GI 京都競馬場 3000m 9週
天皇賞(秋) GI 東京競馬場 2000m 8週
エリザベス女王杯 GI 京都競馬場 2200m 6週
ジャパンカップ GI 東京競馬場 2400m 4週
ステイヤーズステークス GII 中山競馬場 3600m 3週

歴代優勝馬



次へ»
最終更新日: 20/12/27 15:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ