ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


朝日奈みらい


ヨミ: アサヒナミライ
掲示板をミル!
111カキコ!

朝日奈みらいとはアニメ魔法つかいプリキュア!』の主人公である。 CV高橋李依


概要


6月12日まれのもうすぐ中学2年生になる13歳の少女髪型金髪ショートロングで、瞳の色は。口癖は「○○っていいました!?」「ワクワクもんだぁ!」。また変わった口癖の子がやってきましたよ。

爛漫で好奇心が強く、不思議なことや、おもしろいことを異様に好む。その反面、数学にはあまり興味が持てないようである(それ以外の科は出来る出来ないは別として割と積極的) 自身が生誕した時に祖母から貰ったモフルンというクマのぬいぐるみを大切にしており、兄弟のように長年共に過ごしてきた。

そんな彼女がある日一人の少女と出会うことになる。リコという魔法を使うその子と話している時に胡散臭いコウモリ男が現れ、逃げようにも逃げ切れず、ピンチとなった時に胸元のペンダントり出し、みらいリコと共に伝説魔法つかいプリキュアへと変身することとなる。さらにそのモフルンどっかのテディベアのようにしゃべり出すようになり、「モフルンとお話してみたい」ということまでうことに。こうしてリコと共に魔法界に行き、校長先生のすすめで春休みの間魔法学校で学ぶことになった事になったみらいワクワクもんな物語が始まる―。

家族は、父親メーカー勤務の大吉(CV青木強)、母親パワーストーンショップを営んでいる今日子(CV加藤有生子、「加藤優子」名義で花咲つぼみみずきを演じて以来2度プリキュアの母親役)、祖母の結希かの子(CV:太地琴恵)。


キュアミラクル


‐ふたりの奇跡!キュアミラクル!‐

朝日奈みらいが変身するプリキュアオールスターズ方式で42人オールスターズ映画キュアエコーを含むと43人)のプリキュアになる。

今回のプリキュアは「魔法界に伝わる伝説魔法つかい」と位置づけられており、また、変身ブラックホワイトブルーム/ブライト&イーグレット/ウィンディメロディリズム以来となる2人うことで変身が可になる形式となっている。ただこれまでとは異なり、ぬいぐるみモフルン妖精兼そのままの形で変身アイテムとなっており、リコと共に「キュアップ・ラパパ」と唱え魔法宝石リンクルストーンをモフルンの首にあるリボンにはめ、みらいリコモフルンが手を繋ぎ2人で「ミラクル・マジカル・ジュエリーレ!」と唱えることで変身する。よくよく見ると2人とも変身すると頭身や顔つきが少し大人っぽくなる。魔法少女物によくある変身して成長するパターンであると共に、プリキュアとしてはキュアエース以来2、3人変身パターンとなる。

ただ、「プリキュア魔法?」と思った人も多いはず。しかし安心してください、そこはプリキュアですから。変身直後にバッティが作り出したヨクバールをいきなり鉄拳制裁。やっぱり「魔法(物理)」だった。まあ話の展開で普通魔法も使うのですが。

また、今回は「カラフルスタイル」と呼ばれるフォームチェンジが最初の発表時点で4種類用意されており、用いるリンクルストーンに応じて様々なコスチュームに替えることができる。


ダイヤスタイル


リンクルストーン・ダイヤを使うことで変身出来るメインとなるフォーム。ピンクを基調にブラウスや手袋ブーツなどを着用、サイドテールにしたの根元にはリボンピンク帽子があしらわれたカチューシャがつけられている。

プリキュアダイヤモンドエターナル
ダイヤスタイル魔法合体技)。リンクルステッキにリンクルストーン・ダイヤをはめ、「永遠のきよ私たちの手に!フルフルリンクル」と唱えながらステッキを振って、ダイヤモンド状の物体にヨクバールを閉じ込め、宇宙空間に射出して浄化する。

ルビースタイル


リンクルストーン・ルビーを使うことで変身出来るフォーム。を基調にサブカラーとしてを用いており、ツインテールワンポイントハートをあしらっている。一件かわいらしいが、情熱の炎をベースにしたパワーとなっており、演出も炎を中心とした物となっている。

プリキュアルビー・パッショナーレ
ルビースタイル魔法リンクルステッキにリンクルストーン・ルビーをはめ、「の情熱よ私たちの手に!フルフルリンクル」と唱えながらステッキを振って魔方陣を描き、炎と共にヨクバールに突撃、リボンで包み込んで浄化する。

サファイアスタイル


リンクルストーン・サファイアを使うことで変身出来るフォーム。を基調にサブカラーとしてを用いており、ストールを身に着け、編み上げた感じのポニーテールで、おへそを出している。知性と穏やかさ、徴したスピードであり、さらにこのリンクルストーンがかつてを飛んでいた人魚達の里から現れたことから、ストールを羽衣に見立ててを飛ぶことが可となっている。一方でキュアマーメイドのように水中戦が可かは不明、というか結局水中戦はなかったので理だと見てもいいかもしれない。

プリキュアサファイア・スマーティッシュ
サファイアスタイル魔法リンクルステッキにリンクルストーン・サファイアをはめ、「き知性よ私たちの手に!フルフルリンクル」と唱えながらステッキを振って地表と中に魔方陣を描き、地表の魔法陣ヨクバールをとどめると共に、中の魔法陣からの大流を放射、そのまま球体状に包み込んで浄化する。

トパーズスタイル


リンクルストーン・サファイアを使うことで変身出来るフォーム。黄色を基調としたパフスリーブバルーンスカートになったコスチュームを身に着け、太股にはガーターが見えている。髪型三つ編みを輪っか状にしており、根元にはキャンディアクセサリーがつけられている。ワクワク感を表したトリッキー戦闘が可で、ファンネルのように浮いているの玉を変化させることで踏み台ハンマー取り網やテニスラケット、巨大なパックマンというかワンワンというか大口怪物、果ては巨大モフルン映画では自らの分身まで、様々な形態にすることが可

プリキュア・トパーズ・エスペランサ
トパーズスタイル魔法リンクルステッキにリンクルストーン・トパーズをはめ、「色の希望よ私たちの手に!フルフルリンクル」と唱えながらステッキを振ると、黄色竜巻と稲妻と共に巨大なリンクルステッキを登場させ、ストーンの位置にヨクバールを魔法陣で固定、最終的にレールガンのように射出し、大地にぶつけ割れを起こして浄化する。また黄色はとんでもない技を!

アレキサンドライトスタイル


今回のスーパープリキュア魔法つかいプリキュアオーバーレインボー」時のスタイルダイヤスタイルを元にしているが、ミニハットがそのまま大きくなって帽子としてかぶる(しかもミニハットや魔法学校制服帽子ではとんがり部分がっ直ぐなのだが、こちらでは折れまがっている)ようになり、状のマントを装着、フリルの装飾が増されている。
映画では生形態としてハートフルリンクルストーンを用いることで変化しハートがあしらわれた「ハートフルスタイル」が登場している。

プリキュアエクストリームレインボー
アレキサンドライトスタイル魔法レインボーキャリッジを召喚し、マジカルフェリーチェと共にプレシャスブレスを装着し盤面を操作して魔法陣を発生させ、そこから流を放出し浄化する。
映画ではハートフルスタイルバージョンとして、キュアモフルンも加わった「プリキュアハートフルレインボー」を使っている。
プリキュアエクストリームレインボー・サンサンジュエリー
レインボーキャリッジの魔法陣完成したことで使うことが可になった太陽魔法。これによってデウスマストを圧倒することになるが、ミラクルとマジカルは全てのカラフルスタイル変身しながら戦い、フェリーチェに至ってはシルエットか何かと思う状態に巨大化して同じ大きさであるデウスマストと戦うことになる。最後は人々の生命のを得て流を放ち、デウスマストを々の彼方へを追いやった。

銀魔法


上記の各種カラフルスタイルによる固有の戦闘パターン以外にも、ダイヤスタイル時にリンクルストーンをリンクルステッキにはめ、「リンクル・(宝石名)!」と唱えることで、個人技となる魔法を放つことができる。設定上魔法を使えるのはダイヤスタイルのみ(映画監督田中裕太氏のツイート[外部]より。内藤Pく「例えるならFF5のすっぴん[外部]」)
21話時点でミラクルとマジカルがそれぞれ別の魔法を使っているが、概念的にはいずれも全ての魔法を使えるようで、さらに追加戦士キュアフェリーチェピンクルマリン限定でフラワーエコーワンドで使うことが可になっている。ということで便宜上ここのページ魔法を集約して記述する。


関連静画


■im5639819(静画)
■im5775873(静画)
■im5610329(静画)
■im5730764(静画)
■im5695008(静画)
■im6104048(静画)


関連立体



関連商品


■azB019XH7IWI
■azB019VUK6GM
■azB019VUK76Q
■azB019XH75EO
■azB019XH6Z18
■azB019XH6XOW
■azB019XH6XX8
■azB019XH6Y14


関連コミュニティ


■community


次へ»
最終更新日: 20/05/07 13:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ